エッセイストのしまおまほさんが、今を生きるバラエティに富んだ子どもたちに出会い、話を聞き、限られた時間で彼らの本音を引っ張り出す。コドモ連載の第26回、最終回が始まります~。

 

最終回
のどかくん(11歳)

画像1: 最終回 のどかくん(11歳)

のどかくんは小学6年生。インタビューの1週間後に12歳の誕生日を迎えます。あと半年とちょっとで小学校を卒業する予定ですが、実はのどかくん、いわゆる不登校児。学校には行っていません。平日のほとんどを家で過ごしているという彼の日常と今後について聞きました。

 

まほ:アップルウォッチ、してるんだね。

のどか:うん、お父さんのお下がり。

まほ:何使ってるの?

のどか:歩数計とか……。

:運動不足だからな。

まほ:うるさいなあ! いいだろ、別に。

インタビューが行われたのは、下北沢にあるフィリピン料理の食堂。のどかくんのお母さんが経営していて、キッチンではお母さんがランチの下準備中。経営コンサルタントであるお父さんも遊びにきて、隣のテーブルでiPad Proで仕事したり、アウトドア雑誌を眺めたりしています。

画像2: 最終回 のどかくん(11歳)

 

アニソン、特にSAO系は名曲揃い!

まほ:歩数計以外では使ってないの?

のどか:音楽聴いてる。

まほ:どんな音楽が好き?

のどか:色々。

まほ:色々って、例えば? おすすめとかあれば。

のどか:うーんSAO系は全部おすすめかな。

まほ:……? もう一回言って。

のどか:SAO。ソードアートオンライン系は全部名曲だと思う。

まほ:そーだ?

のどか:ソード、アート、オンライン。

まほ:??? ゲーム?

のどか:アニメ。2012年頃かな? に、めっちゃくちゃ大ヒットした。

まほ:まったく知らない……。

のどか:ガンゲイルオンラインもおすすめだけどね。

まほ:? ガンゲールオンライン……? とは?

のどか:ソードアート・オンライン
オルタナティブ ガンゲイル・オンライン。

まほ:??????? なにそれ? 日本の話??

のどか:日本。ソードアート・オンラインIIもあるよ。

まほ:なにそれ~なにそれ~。全然わかんない~。

あまりに意味不明なため、急いで検索。「ソードアート・オンライン」は2009年に刊行されたライトノベルで、シリーズ累計3000万部というラノベ史上最高を誇る発行部数の作品だそう。2012年にアニメ化されて以降も、ハリウッドでの実写ドラマ化が発表されるなど、全世界に熱狂的なファンがいる作品だそう。それをまったく知らないなんて……。もしかしたら広告やテレビでも目にしているのかもしれませんが、脳細胞に届いていないのかも。なんだか世界から取り残されているような気持ちになりました。

まほ:その……ソードアート・オンラインはどこで知ったの?

のどか:Amazonプライム・ビデオの作品リスト見てて、面白そうだなって思って。

まほ:アニメが先なのね。で、音楽聴いてるんだ。

のどか:ま、完全なるアニソンですね。

まほ:完全なる(笑)。

:あいみょんとかラッドウィンプスとかも聴いてるでしょ。

のどか:ああ、まあ。

:『天気の子』観てハマってたよね。

まほ:面白かった?

のどか:うん! 『君の名は。』の人がたくさん出てた。

まほ:あ、そうなんだ。どっちも観てないなあ。

のどか:ただ、宮水四葉がどこ出てるかわからなかったなあ。

まほ:みやみず……?

のどか:『君の名は。』の登場人物。『天気の子』のエンドロールに名前があったんだけど、気づかなかった。

『君の名は。』や『天気の子』の話題にもついていけないのですから、「ソードアート・オンライン」がわかるわけないのでした…。

まほ:のどかくんにとって、ベストアニメは?

のどか:え? うーん……何かな……。

まほ:一番好きなヤツ。わたしにわかるか不安だけど……。

のどか:「ドラえもん」かな。

まほ:えっ! 意外! あ、でもまだ油断はならない……。どっちが好きなの? 昔の、声が違うドラえもんと、今のドラえもん。

のどか:昔の。

まほ:わー! やっとわかるー!

のどか:この間アニメ40周年で、第1回目の「ドラえもん」やってた。ボクは声はアッチのほうが好きだな。あとはね、「ドラゴンボール」……。あ、「ドラゴンボール」は原作が好き。全巻持ってる。

まほ:ああ~助かる~。話がようやく……。

のどか:あとは「七つの大罪」。

まほ:あ……またわかんないヤツだ。

のどか:面白いよ。異世界系アクションバトル……そんな感じ。

まほ:うーむ……なるほど(携帯で検索しながら)。

「七つの大罪」も累計発行部数3000万部だそうです……。

画像: アニソン、特にSAO系は名曲揃い!

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.