画像1: 『みらいめがね それでは息がつまるので』刊行記念
荻上チキさん×ヨシタケシンスケさんインタビュー

世の中がものすごいスピードで変わっていき、未来が見えなくなっている今。仕事、家庭、子育て、人間関係……。無意識のうちに古い価値観にしばられてしんどい思いをしている人や、生きづらさを抱えている人はたくさんいます。特に子育てをしているパパ、ママたちは、仕事、育児、家事と生活に追われ、時間だけではなく精神的にも毎日がギリギリ。さらに親世代や世間から浴びせられる「親だから~すべきだ」、「親らしく」といったプレッシャーに、つぶされそうな気分になるこも……。そんな私たちを優しく励まし、勇気を与えてくれる一冊として、今、大きな話題を集めている本が『みらいめがね それでは息がつまるので』です。

多様な生き方を提示する気鋭の評論家・荻上チキさんによるエッセイを、気鋭の絵本作家・ヨシタケシンスケさんがユニークな解釈をまじえた楽しいイラストとともに展開。ひとつのテーマを2人が異なる視点から読み解いていくことで、読者である私たちの世の中の見方も自然に広がっていきます。

6月には紀伊國屋書店新宿本店にて『みらいめがね それでは息がつまるので』刊行記念サイン会が開催され、親子連れも含め、幅広い層のファンが大勢集まりました。荻上さん、ヨシタケさんの人柄と本のテーマを反映してか、会場は書店の担当者の方も感動していたほど、終始、温かくなごやかな雰囲気。イベント終了後のお二人に、本書にこめた想いと、子育てに奮闘する親たちに向けたメッセージをうかがいました。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.