作品紹介
『toi et moi(トワ エ モア)』著者:大林桃子
ちょっと面倒なフランス人男と結婚した日本人妻が、コミュニケーションに戸惑う日々をユーモラスに描いた。

推薦コメント
「ライス派の自分も、うっかりパンが食べたくなりました。絵もオシャンティーで、内容次第では今すぐにでも売れっ子になりそうな予感」
 
と清野とおる審査員が語ったように、フランス人夫によるおいしいフランスパンへのこだわりに感化される作品。パンとともにテーマになっている国際結婚の大変さとその幸せも端正な絵によって瑞々しく綴られていています。

 

▼横スワイプしてね▼

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.