0歳から活躍
ツルツル滑るうどんに
もう悪戦苦闘しない
『EDISONmamaのフォーク&スプーンBaby』

画像: 0歳から活躍 ツルツル滑るうどんに もう悪戦苦闘しない 『EDISONmamaのフォーク&スプーンBaby』

離乳食の定番といえば、ひとくちおにぎりとうどん! おにぎりに関しては、『リッチェルのひとくちおにぎりメーカー』がおすすめと紹介しましたが、では、うどんは? ツルツル滑ってしまううどんに、悪戦苦闘しているママも多いのでは?

今回は、ツルツル滑っちゃうもどかしさからサヨナラできる『EDISONmamaのフォーク&スプーンBaby』を紹介。すくいやすいので、自分で食べたい! という赤ちゃんにもおすすめです。

 

《 紹介者 》
主婦
とあママ
小学5年生と1歳の男の子のママ。「楽に楽しく♪」をモットーに子育てをしている、とあママさんのインスタ(@toa_baby_mama)は、真似したくなるような離乳食のアイデアがいっぱい。ぜひ、チェックしてみてください。

 

うどんが滑っちゃう!
あのもどかしさから解放

ひとくちおにぎりと同じくらい、息子の離乳食のマストメニューがうどん。息子も大好きで、1日1回は食べるほど! 

でも、うどんって食べさせる方は、案外、大変じゃないですか? 赤ちゃん用の小さなスプーンに、ツルツルとしたうどんを載せるのって地味に難しくて。私は、密かに苦戦していました(笑)。
たまたま行ったお店で、この『EDISONmamaのフォーク&スプーンBaby』を見つけて、いいかもと思い購入してみました。

 

ギザギザで麺を見事にキャッチ

画像: ギザギザで麺を見事にキャッチ

▼購入はこちら
EDISONmamaのフォーク&スプーンBaby

実際に、このフォークでうどんを食べさせてみると……見事にキャッチ! 心の中でガッツポーズでしたね(笑)。

滑って床とかに落とさないようにと、いままではスプーンの先に気持ちがいってしまっていて……。でも、これにしてからは、滑る心配がないぶん、食事中の会話を楽しむ余裕ができました。

うどんのほか、パスタの細い麺もしっかりキャッチしてくれます。それに、ケース付きなので、外食するときには必ず持って行っています。

 

自分で食べたい! を叶えてくれる

画像: 自分で食べたい! を叶えてくれる

最近は、自分でも食べたいという意欲が芽生えてきました。おにぎりは、ひとくちサイズにして手づかみ食べを。麺やおかずは、このフォークを使って食べています。

まだ難しいようですが、ひとりで食べられたときの満足げな表情を見ると、私まで嬉しくなります。成功体験って大事ですよね! とは言っても、ひとり食べは時間がかかるので、たまには急かしたくなるときもありますが(苦笑)。

なので、時間的にゆとりのあるときは、麺などフォークを使う献立に、時間がないときは手づかみしやすい献立にするといった工夫をしています。

 

Text:Kyoko Isobe

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.