0歳から活躍
ミルク作りからティータイムまで
ヘリオスの魔法瓶

画像: 0歳から活躍 ミルク作りからティータイムまで ヘリオスの魔法瓶

赤ちゃんって、笑っていたかと思うと次の瞬間、大泣きしたり。慌ただしいですよね(笑)。一瞬一瞬で状況が変化する子育て。フレキシブルな対応ができるようちょっとした準備をするだけで、慌てることが少なくなるはず!

そこでおすすめしたいのが、ヘリオスの魔法瓶。これを準備しておけば、手間がかかる赤ちゃんのミルクやほんの一瞬のブレイクタイムの一杯を、瞬時に作れます。

 

《 紹介者 》
フードスタイリスト
つがね ゆきこさん
書籍・広告・雑誌のフードスタイリストとして幅広く活躍中。また、自身のフォトグッズブランド「&MERCI」をプロデュース。スタイリング代表作に、バーミキュラ「ライスポット/ライスポットミニ」商品付属レシピブックや、『はじめての台湾料理』(PARCO出版)、『ストウブで無水調理』(誠文堂新光社)など多数。

 

お腹空いたのギャン泣き問題も解消

画像: お腹空いたのギャン泣き問題も解消

ミルクを作るのって大変ですよね。ミルク商品の説明には「簡単3ステップ」などと書いてありますが(笑)。実際は、お湯を沸かしたり、冷ましたりと時間も手間もかかるし。

さらには、お腹が空いたと全身全霊のギャン泣きをして訴えてくる我が子を抱いてあやしながらという負荷も加わって。

そんなときに、魔法瓶でお湯を用意しておくとスマートに対応できて、精神的にもすごくラクですよ!我が家が選んだのは、《ヘリオスの魔法瓶》。

 

ドイツ生まれのおしゃれな魔法瓶

画像: ドイツ生まれのおしゃれな魔法瓶

▼購入はこちら
ヘリオスの魔法瓶

いまや魔法瓶といっても星の数ほど種類がありますが、我が家ではドイツ生まれのヘリオスの卓上魔法瓶Standardを使っています。我が家のインテリアにマッチするのが一番の決め手でしたね。もちろん、高品質な点も。海外の一流と呼ばれるホテルや航空会社でも多く使われているそうです。

我が家はお気に入りすぎて2台併用。朝沸かしたお湯を入れれば夕方まで熱々なので、ミルクを作るたびに何度も沸かさずに済みます。

 

子どもも使えるユニバーサルデザイン

画像: 子どもも使えるユニバーサルデザイン

保冷もできるので、ミルクを卒業したいまは、夏は毎朝冷たいお茶を入れて卓上に置いています。子どもって、すぐ「のど渇いたー!」といいませんか。それも、よりによって手が離せないタイミングで(笑)。

ヘリオスの魔法瓶は注ぎ口が大きく4歳の息子にも注ぎやすいので、卓上に置いておくと自分で飲みたいときに飲むことができます。

もう一台は私用に。ちょっと熱めのお湯を入れたものも用意しています。ほんの数分というわずかな時間でも、さっとブレイクタイムを楽しめるように。

オーガニックのルイボスをはじめ、朝はしょうが紅茶に豆乳、ハチミツ、シナモンでオリジナルティーを作ったり。ココアにシナモンも、身体を温めるうえに美肌効果もあるということで、習慣的に飲んでいます。ちょっとした準備が心に大きなゆとりを生んでくれると、子育てをしながら日々感じます。

 

Text:Kyoko Isobe

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.