画像1: 「娘の彼のSNSを探ったところセフレ募集の文字を読んで動揺」にお答え!

「子育ては完璧じゃなくていい。毎日ご飯を作る余裕なんてないから、お惣菜や出前の日もある。でも、それでいいと思うんです。子どもたちが思っているほど親は立派じゃないということを見せることも大事。私はいつも “そのままの私” で体当たりしてきました」と語る小川菜摘さん。

2人の息子さんもそれぞれ成人し、ようやく子育て一段落。改めて、駆け抜けた日々を振り返り子育てのお悩みに答えます。

 

【読者からのお悩み】
娘の彼のSNSを探ったところセフレ募集の文字を読んで動揺

高校3年の娘の彼についてです。彼は元々同じ高校の部活の先輩で、現在は遠距離恋愛をしています。彼がどんな人なのか気になり、こっそり彼のSNSを探っていたら……裏アカウントを見つけてしまいました。さかのぼって見たところ高校時代にSEXフレンドを募集していたみたいです。現在は、そのアカウントは放置されていて、どうやら使われてなさそうです。

娘曰く、嫌がることは全くしない凄く良い人だとのことですが、私はそのアカウントを見つけてからなんだか悩みすぎて精神が不安定になってしまいました。娘と彼のお付き合いを見守るべきか、裏アカウントのことを話し別れさせるべきか悩んでます。勝手に過去を探ったことはいけなかったとわかってます。菜摘さん、私はどうしたら良いのでしょうか?

 

【小川さんからのアドバイス】
親として大事なことは、娘のことを信頼すること

画像2: 「娘の彼のSNSを探ったところセフレ募集の文字を読んで動揺」にお答え!

私自身、やはり高校生くらいのときだったかな、当時お付き合いしていた人について両親から根掘り葉掘り聞かれた経験があります。親にとっての “理想の彼” とは違ったんでしょうね。頭ごなしに「その人とは付き合わないほうがいい」とまで言われて、「私、信用されていないのかな?」と傷つきましたし、当時の自分にとっては大切な彼だったわけですから「勝手なことを言われたくない!」という反発心も芽生えました。

 自分が母親になった今なら、当時の両親の気持ちはわかります。我が子にはなるべく傷つかない、幸せな道を歩いてほしい。だから先回りして安全な道を用意してあげたくなってしまう。

でも、犯罪に手を染めているということでもない限り、彼の人となりをどう判断するかは娘さん次第ではないでしょうか? 特に、過去にどういう言動をしたから「ダメな人」と決めつけるのはやめたほうがいいんじゃないかな。だって、誰でもいろいろな過去があって成長していくもの。それに、過去を掘り起こし始めたら歯止めがきかなくなり、今の彼と別れても、次に付き合う人が現れたらまた気になって調べずにはいられなくなるでしょう。そのことを娘さんが知ったら、親に対する信頼を失ってしまうかもしれません。

 もちろん知ってしまった以上、心配だから見守るという姿勢は親として当然だと思いますが、別れさせるなど直接介入するのはちょっと違うと私は思います。何も知らないふりして彼を家に招待して、そのあとで「お母さんはこういうふうに感じたよ。あとはあなたが見極めて判断しないとね」とアドバイスしてあげるのはどうでしょう? あるいは、「お母さんも自分の親に言われてイヤな思いをしたことがあるけど、あなたのことが心配。幸せになってほしい」と思いだけを伝えてみる。そのうえで、娘さんの判断力を信じてあげてほしいなと思います。

 

最近の小川さん

家の4ワンズです!

 

PROFILE

26歳で結婚、28歳で第1子、31歳で第2子を出産。

小川菜摘 Natsumi Ogawa
東京都出身。1978年『ゆうひが丘の総理大臣』でデビュー後、文学座演劇研究所入団。数々のテレビドラマや映画に出演。

 

Photo:Reiko Tohyama Text:Yukiko Anraku Composition:Shiho Kodama

 

あなたのお悩み募集中!

2人の男の子を育て、家事に、仕事にと奮闘した経験を持つ大先輩である小川菜摘さんに「親にも話せない悩みをこっそり相談したい」「自分では解決できない悶々とした感情を諌めることができない」などなど、心に引っかかっていることについて小川さんと一緒に考えてみませんか?

※子どもの性別、年齢は問いません。
※子どもが生まれてからの夫婦間のお悩みや、親との関係性など。
※お母さんだけでなくお父さんからのお悩みも募集中です。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.