画像1: こありっぷフォトコンテスト受賞者レポート【石垣島編】

昨夏ベビモフでは、親子で旅することで得られることやそのノウハウが詰まった「TRIP with KIDS -こありっぷ-(著・クリス-ウェブ佳子)」の発売を記念し、日本の空の旅に革命を起こした LCCのリーディングカンパニー・Peachと組んだ “こありっぷ” Instagramフォトコンテストを開催。約900にも及ぶ素敵な #こありっぷ 写真を投稿して下さった皆様、本当にありがとうございました! 

その中から著者のクリス-ウェブ佳子さんが選んだ大賞受賞の3名様に「Peachで行く『台北』『沖縄』『石垣島』行きの家族全員分の航空券」が贈られました。その中から今回は『石垣島#こありっぷ』を楽しまれた仲丸利津子さんご一家から、#こありっぷレポートが届きました!

 

大賞受賞作品はこちら!

画像2: こありっぷフォトコンテスト受賞者レポート【石垣島編】

「仲丸利津子さん」から受賞にあたって――

この度は私の写真をこありっぷフォトコンテストの大賞に選んで頂きありがとうございました。 私たち家族は「旅する様に生活し、生活をする様に旅をする。」をモットーに毎日を過ごしています。

私の写真の中の旅は決して「インスタ映え」とは言えませんが、その時の空気や生活感や雰囲気や匂いや、そういうの全部残せたらいいな。と思って撮っています。

もしこの写真からこの後この暑い雑踏の中で家族で食べた1個のココナッツアイスクリームの香りが皆さんに少しでも伝われば幸せこの上ないです。

 

アイランドホッピングも楽しめる! 地球と一体化できる「石垣島」への “こありっぷ”

画像1: アイランドホッピングも楽しめる! 地球と一体化できる「石垣島」への “こありっぷ”

関空から3時間で石垣空港へ。バスでそのまま離島フェリーターミナルへ向かい竹富島行きの切符を買う。フェリーまでの時間があったのでもちろん大人はオリオンビールで乾杯。

画像2: アイランドホッピングも楽しめる! 地球と一体化できる「石垣島」への “こありっぷ”

何日も前から雨予報の天気を気にしていた私だったけどまんまと外れて快晴。しかもこの時期には珍しく気温も27℃くらいまで上がり、テンションが上がったちび二人は港ですでに上半身裸。暑いし、フェリーに乗ってどこか行くってだけで旅気分アップ。

 

画像3: アイランドホッピングも楽しめる! 地球と一体化できる「石垣島」への “こありっぷ”

オフシーズンだし食べ物屋さんがあまりない竹富島。行ったそば屋さんは人気で少し待たなくてはだったけど、お外のブランコでゆーらゆら。もうすでに島時間の私たち。

石垣島からフェリーで10分なので日帰りの観光客が多いらしい竹富島。いい感じの宿を見つけるも未就学児はお断りなど、竹富泊は諦めようとしていたときに見つけたブーゲンビリアでいっぱいのお宿。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.