画像: 大募集!!《清野とおるエッセイ漫画大賞》

モーニングでも『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』でおなじみの清野とおる氏は、実は今年でデビュー20周年(デビュー誌はヤングマガジンですが)。

これを記念して、デビュー20周年記念とくべつ企画《清野とおるエッセイ漫画大賞》を開催いたします!

20周年の清野氏をお祝いするというよりは、清野氏からみなさまに20年間の感謝をこめて始動したこの企画。本気で面白いエッセイ漫画を募集いたしますので、たくさんのご応募お待ちしております!!!!!

 

各賞規定

[ 大賞 ]
賞金33万円
+「モーニング」および「週刊Dモーニング」に掲載

[ 入選 ]
賞金22万円
+「モーニング」「週刊Dモーニング」「モーニング・ツー」「コミックDAYS」「ベビモフ」のいずれかの媒体に掲載

[ 佳作 ]
賞金11万円
+「モーニング」「週刊Dモーニング」「モーニング・ツー」「コミックDAYS」「ベビモフ」のいずれかの媒体に掲載

[ 奨励賞 ]
賞金3万円

[ 期待賞 ]
賞金1万円

[ この出会いに感謝で賞 ]
賞金5千円

[ この出会いに感謝で賞 ]
賞金5円 (清野氏が自ら銭洗い弁天でお清めした縁起の良い5円玉)

※諸般の事情により媒体に掲載できない場合もありますのでお含みおきください。

 

作品内容

エッセイ漫画

・未発表のものに限ります。
・ページ数は何ページでもOKです。

 

応募締め切り

・2019年3月31日(日)当日消印有効

・ウェブ応募は同日23時59分まで受付け

 

選考の流れ

① 1次選考
モーニング編集部内での1次選考を通過された方には担当編集者が付きます。

② 一般投票
ウェブ上で一般の方による投票がおこなわれます。

③ 最終選考
一般投票の結果を加味しつつ、清野とおる氏とモーニング編集部で選考させていただきます。

 

結果発表

2019年6月発売の「モーニング」および「週刊Dモーニング」誌上にて発表予定

 

授賞式

2019年7月開催予定。清野とおる氏より賞金が手渡されます。

 

応募方法

〒112-8001 東京都文京区音羽2-12-21
講談社 モーニング編集部
「清野とおるエッセイ漫画大賞応募係」

までお送りください。ウェブ応募も可能です!

▼web応募はこちら!
清野とおるエッセイ漫画大賞ウェブ応募フォーム

 

●モーニング編集部への直接持参も承りますが、事前に電話予約(編集部直通 ☎ 03-3945-9155)をお願いします。

●封筒に「清野とおるエッセイ漫画大賞応募原稿在中」と赤字で明記してください。

●郵便事故等の恐れもありますので、原稿のコピーをお手元に保存いただけますと幸いです。

●原稿の最終ページ裏面または別紙に、以下の項目を必ずお書きください。

 

1. 住所

2. 氏名(本名を公表したくない方は、必ずペンネームを明記してください)

3. 年齢

4. 電話番号

5. メールアドレス

6. 略歴(漫画歴や仕事歴など人生の来し方)

7. 何を思って応募作を描いたか(作品執筆の動機など)

●原稿の返却を希望される場合は、返却先までの郵送に必要な額の切手を貼った返却用封筒を、必ず同封ください。

●宛先不明などで返却ができない場合は、原稿を処分させていただくこともあります。

●応募いただく作品は未発表のものでお願いします。

●入賞作品の雑誌掲載権、単行本出版権、ならびにデジタルメディアでの掲載権は、すべて講談社に帰属いたします。

 

PROFILE

清野とおる
漫画家。98年、紅顔の男子高校生時代に短編『アニキの季節』でデビュー(講談社「ヤングマガジン増刊青BUTA」)。「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に活躍の舞台を移し、『青春ヒヒヒ』『ハラハラドキドキ』を連載。その後、「オリジン弁当」のアルバイト勤務などで生計をたて、出世作『東京都北区赤羽』(双葉社「漫画アクション」)で才能を開花させる。「モーニング」(講談社)では、『その「おこだわり」、俺にもくれよ‼』、「週刊SPA!」(扶桑社)で『ゴハンスキー』、「マンガPARK」(白泉社)で『Love&Peace ~清野とおるのフツウの日々~』を連載(すべて完結)。現在は、『東京都北区赤羽』の最後の仕上げ(最終章)と、リニューアルした「Tokyo Walker」(KADOKAWA)で『東京怪奇酒』を連載中。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.