画像1: ストライダーに乗ると『かけっこ』が速くなる!?

ストライダーに乗るようになってから子どもたちが変わった!という声をよく聞きます。
「外遊びが好きになった」「積極的になった」と並んで耳にするのが「かけっこが速くなった」「走る姿がさまになってきた」というもの。

そこで今回は、ストライダーで「かけっこ」が速くなるのか、ストライダージャパンが調査しました。
以下 ストライダージャパンホームページ 引用

 

かけっこが速くなる一番のヒケツは前傾姿勢と蹴りだした足の引き付け。

画像1: かけっこが速くなる一番のヒケツは前傾姿勢と蹴りだした足の引き付け。

かけっこが速くなるために必要な3つのヒミツ
[1]前傾かつ頭から足までが一直線の姿勢を保つ。
[2]上半身がぶれないフォームを身につける。
[3]足を引き付けて、前に出す力をつける。

画像2: かけっこが速くなる一番のヒケツは前傾姿勢と蹴りだした足の引き付け。

かけっこが役立つ!ストライダー3つのヒミツ
[1]自然と理想的な前傾フォームが身につきやすい。
[2]上半身の動きが制限されるので体がブレにくい。
[3]前に進む車体に足がひっぱられるので、後ろ足を引き付け大きく前に出しやすい。

まず、短距離選手の理想的 フォームと、ストライダーで速く 走った場合のフォームを比較して みましょう。似ているとは思いませんか? 驚くべきは、このストライダーの走行フォームは誰かに教えられたものではなく、子どもがストライダーに乗るうちに自然と身に付けたフォームだということです。

なぜストライダーに乗るとこのようなフォームが身に着くのでしょうか? 子どもたちを対象としたかけっこ教室を運営するスタートラインの永野先生にお話を伺いました。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.