画像1: [ Vol.2]あの子と私が違う理由。“ドーシャ”を知れば納得!

さて前回はアーユルヴェーダについてざっくりとお話ししましたが、今日は大切な次のステップ。「自分の体質を知ろう」ということ。

同じものを、同じ空間で食べているのに、なぜかひとりだけ太ったり、肌荒れを起こしたり……。忘れてしまいがちですが、人はみんな、体質が違うからなのです。

 

風・火・水。どのドーシャが強いかで、体質は決まる。

アーユルヴェーダでは、風、火、水の3つの生命エネルギーのバランスでその人の体質が決まる、と考えます。このそれぞれの生命エネルギーのことをドーシャと呼びます。

このドーシャバランスはそれぞれ皆違い、状況や季節などで大きく変わるのもよくあること。あなたのいまのドーシャバランスはどうですか?身体の見た目だけでなく、性格もあわせてチェックするのがドーシャなんです。自分のドーシャを調べてみましょう。

さあ、चलो जाओ !!
(ヒンドゥー語でレッツゴー的な意味らしいです)

 

ドーシャバランス表

画像: ドーシャバランス表

数が多いところが、その方のドーシャ、ということになります。それではそれぞれの特徴をさらに詳しく説明しますね。

 

ヴァータ(風のエネルギー)が強いあなたの特徴

画像: ヴァータ(風のエネルギー)が強いあなたの特徴

風のように機敏で快活
移り気で中性的なナチュラルタイプ

《 特徴 》
好奇心に満ち、頭の回転が早く話題も豊富な社交家です。流行にも敏感、じっとしているのが苦手でそわそわした動作がクセの人も。歯並びが悪く肌や髪が乾燥しがち。突発的に不安になり緊張しやすいタイプ。

〈 外見 〉
高/低身長、痩せ型、乾燥肌/髪、鷲鼻、歯並びが悪い 目は細めか小さめ、よく動く。爪ひび割れしやすい。

〈 性格 〉
想像力豊か、束縛嫌い、衝動買いが多い、トレンド好き、おしゃべり、行動力あり、そそっかしく忘れっぽい。

〈 体質 〉
寒さに弱く冷え性。食が細く不安定。精神状態によって食事を抜いたり、どか食いしたりする。
睡眠は浅く、寝付きが悪い。音に敏感。怪我をしても治りが早い。

《 トラブル傾向 》
冷え性、頭痛、髪の傷み、抜け毛、耳鳴り、貧血、首・肩こり、便秘、不眠、関節痛、ネガティブ、疲れが取れない、神経疾患(脳卒中、パーキンソン病など)、循環器疾患(狭心症、高血圧、心筋梗塞)頑張りすぎてストレスを受けやすい。物忘れが多くあちこちにカラダをぶつけることも。

《 対策 》
凧の糸を手繰り寄せるように、安定を目指し、落ち着いて、ゆっくり温めることを意識しましょう。

〈 おすすめの食べ物 〉
甘いもの、酸っぱいもの、塩味のあるもの。ヴァータの特徴である軽く冷たいものは避けましょう。スープやシチューなど暖かく栄養たっぷりな料理がおすすめです。

ナッツやオイルは良質なものをたっぷり食べて、消化力が弱いので生野菜は控えめに。スパイスもたっぷり使って、消化力アップや基礎体温上昇を目指しましょう。

〈 おすすめの行動 〉
規則正しい生活:生活リズムが狂うとヴァータは乱れやすくなります。いつもと同じ時間に起きて、食べるようにしましょう。

〈 オイルマッサージ 〉
特に温性の効果が高いごま油でのマッサージがおすすめです。リラックスし、体をいたわり、温めましょう。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.