画像1: 対局中にカロリー大量摂取!?伝説のリップクリーム投了!? 将棋界の爆笑伝説まとめ[Vol.2]

史上最年少でプロ棋士となった藤井聡太の話題も新しい、将棋の世界。ここ最近、将棋をテーマとした映画や漫画が公開されたり、子どもたちの習い事として始める子が続出するなど、まだまだ将棋ブームは熱い様子。

とは言えどこから将棋に触れていいのか分からない方必見! 個性的でユーモラスな棋士のみなさんを動画で追いかけるだけでも実はとても楽しいんです! 語り継がれるレジェンドエピソードから、将棋ツウたちにイチオシを挙げてもらいました。

 

教えてくれたのは……  
将棋ライター
直江雨続さん
日本将棋連盟のWEBサイトコラムを手がけている。Twitterもファンの間で人気(@ametsugu_naoe)。

 

画像2: 対局中にカロリー大量摂取!?伝説のリップクリーム投了!? 将棋界の爆笑伝説まとめ[Vol.2]

佐藤天彦 名人
リップクリーム投了

18歳でプロデビューすると、いきなり9連勝を飾った佐藤名人。28歳という若さで名人の位を獲得。しかし彼の魅力はその強さだけでなく、愛してやまないヨーロッパの貴族文化の影響を受けたファッションセンスと、優雅な振る舞い。

直江さん:「それゆえ、愛称は “貴族”。そんな佐藤名人が初めてのタイトル戦に出場したのが、2015年の王座戦。最強の羽生善治三冠との第1局は、その厚い壁の前に敗北。このとき、投了直前に取り出したのがリップクリーム! くちびるにリップを塗ってから、『負けました』と華麗に投了。

前代未聞のこの終局は、ファンの間で “リップクリーム投了” と呼ばれ、貴族・佐藤天彦伝説の1ページとなったのです。」

 

画像4: 対局中にカロリー大量摂取!?伝説のリップクリーム投了!? 将棋界の爆笑伝説まとめ[Vol.2]

永瀬拓矢 六段
ノーカロリー・ノー将棋

17歳でプロ入り。好調に勝利を重ね、2012年度には勝率1位、棋戦優勝2回。「将棋に才能は必要ない、努力だけだ」と言い切る彼は将来が楽しみな棋士。

直江さん:「2016年、ついに初のタイトル戦へ登場した若手棋士の永瀬六段は、『ノーカロリーノー将棋!』とばかりに、とにかくたくさんのおやつと食事を注文しまくります。

午前中はバナナ2本、まんじゅう、どら焼き、スポーツ飲料2本、アイスコーヒー2杯(氷なし)。お昼はお寿司(多め・さび抜き)。午後のおやつは再びバナナ2本、まんじゅう、どら焼き、スポーツ飲料2本、アイスコーヒー2杯(氷なし)……。この大量のカロリーにファンが驚愕したことは言うまでもありません」

©niconico Text:Naoko Yamamoto

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.