0歳から活躍
東大発! 泣き止むと噂の
絵本「もいもい」

画像: 0歳から活躍 東大発! 泣き止むと噂の 絵本「もいもい」

しゃべることがまだできない0歳児。なんで泣いているのか分からず、あれやこれやご機嫌を取ろうとしてみるも火がついたように泣く一方。お手上げ!なんてことは日常茶飯事ですよね。

そんなママにぜひ試してもらいたいのが、赤ちゃんが泣き止むと巷で噂になっている「もいもい」という絵本。東京大学の研究室が科学的な研究を通して、赤ちゃんのために作った絵本です。

《 紹介者 》
ベビモニスタ
LIO&LUKAくんママ
ベビモフの連載「着せ替えSNAP☆SNAP」で大人気だった双子のLIO&LUKAくんのママ。2018年、第3子となる男の子を出産。背伸びすることなく、子どもらしさを大事にした育児スタイルが共感を得ています。

 

TVでみた泣き止むと噂の絵本

東京大学あかちゃんラボとの共同研究によって生まれた「もいもい」という絵本。あかちゃんが好きなものを科学的に研究し、それを本にしたというニュースをテレビで見て、すぐさまネットでポチッ!

泣き止む絵本として紹介されていたので、絵本が届くなり半信半疑で、5カ月になる末っ子がグズっているときに読み聞かせてみると……。見事、泣き止みました! さすがに、ギャン泣きのときはダメでしたが、ちょっとのグズりなら効果大です。

 

繰り返される「もい」の響きと
カラフルな絵にクギ付け

画像: 繰り返される「もい」の響きと カラフルな絵にクギ付け

▼購入はこちら
絵本「もいもい」

カラフルなイラストに、ひたすら「もい」という言葉が繰り返されるだけでストーリーはないのですが、惹きつけられるようです。

上の子たちが、私に代わって読み聞かせをしてくれるのですが、「もい」の言い方を伸ばしたり声色を変えてみたり。毎回違った感じで読んでくれるので、下の子はもちろんみんなで笑って楽しんでいます。

こういう単純だけど無限に遊べるところが、子どもにとっては何よりも面白いんでしょうね。

 

まだまだある!
読み聞かせにおすすめな絵本

画像: まだまだある! 読み聞かせにおすすめな絵本

他にも最近ハマっているおすすめの本がいくつかあります。ひとつは、上の子たちが小さいときから愛読している「だるまさんシリーズ」。コミカルなストーリーとイラストで、何度読んでも大爆笑しています!

寝る前の読み聞かせには、「おつきさま こんばんは」を。優しいタッチのイラストとストーリーで、変に興奮させることなく睡眠導入にはぴったりです。

ツペラ ツペラの「やさいさん」や「ぼうし とったら」などのしかけ絵本は、お出掛けの際に持っていくと、ひとりでも静かに読んでくれるので助かっています。

 

Text:Kyoko Isobe

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.