モントレーでの朝ごはんが絶品だった件

画像: モントレーでの朝ごはんが絶品だった件

朝ごはんをホテルで簡単に済ませるのはもったいない。せっかくなら想い出に残るものを食べたい……ということで、近くのダイナー「Loulou’s Griddle in the Middle」へ行ったのですが、これが大正解。ザ・アメリカといった雰囲気もいいし、スタッフはみんな気さく。

ボリュームたっぷりで、しかも本当に美味しかった。きっちり記念撮影などもして、想い出に残る朝ごはんにできました。いろんな意味で満足! 感謝♡

 

雨のビッグサーもまた、美しく

南下するにつれて、雨が激しくなってきた。でも絶景であることには変わりません。写真は「Bixby Bridge(ビクスビー橋)」。「車のCMで観たことある気がする」とは娘談。

画像1: 雨のビッグサーもまた、美しく

とはいえ、本当に激しい雨になってきたので、外を散策することは断念。慎重にドライブを続けながら、ときどき車を降りては大自然の空気を満喫。それにしてもアメリカは大きいです。怖いくらい。

画像2: 雨のビッグサーもまた、美しく

車を走らせている途中で偶然見つけたのが「ヘンリー・ミラーメモリアル図書館」。立ち寄る予定はなかったけれど、雨を避けられるスポットということで車を停めました。

ヘンリー・ミラーはアメリカ文学界における重要な作家の1人で、この地を愛し、この地に暮らした人。このライブラリーはその友人が1981年に記念に創設たものだそうで、クリエイティブな空気が漂う場所でした。友人も「あ、ここ来てみたかったとこや!」とのことで、なんだかとても嬉しい。以前に本で読んだことがある場所だそうで。そういうラッキーも旅の醍醐味。

画像3: 雨のビッグサーもまた、美しく

子どもたちは看板猫に夢中(笑)。好きな絵本やポストカードをゲットし、なんだか満たされた気分でこの地を後にしました。

 

また公園へ(笑)

モントレーを出る時に見えた大きな公園が忘れられない様子の娘たち。ビッグサーからサンフランシスコに戻る際、もう一度モントレーを通ることになるし、運よく雨もやんできた。彼女たちの願いを叶えてあげることに(笑)。

確かになかなか素敵な公園。見たことのないワイルドな遊具をたっぷり楽しみました。子どもたちは、車に乗ってるだけじゃどうしたってつまらない。目的地に向かうばかりじゃなく、途中寄り道をしながらもみんながゴキゲンに旅を進めることが、こありっぷの必須条件だなあと実感する瞬間でした。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.