画像1: 「息子がやんちゃな友達と付き合うように……。親としてどこまで首を突っ込んでいいの?」にお答え![第11回小川菜摘の子育て相談]

「子育ては完璧じゃなくていい。毎日ご飯を作る余裕なんてないから、お惣菜や出前の日もある。でも、それでいいと思うんです。子どもたちが思っているほど親は立派じゃないということを見せることも大事。私はいつも “そのままの私” で体当たりしてきました」と語る小川菜摘さん。

2人の息子さんもそれぞれ成人し、ようやく子育て一段落。改めて、駆け抜けた日々を振り返り子育てのお悩みに答えます。

 

【読者からのお悩み】
息子がやんちゃな友達と付き合うように……。親としてどこまで首を突っ込んでいいの?

中学1年の息子、小学生の娘がいます。息子が最近、近所のやんちゃな子たちと付き合っているようで心配です。必要以上におこづかいをせびることも多く、言葉遣いも一気に荒くなりました。

子どもの交友関係に首を突っ込んでいいのか? 小川さんは息子さんたちの交友関係で悩んだことはありましたか?
(※投稿内容を一部、読みやすいように編集させていただきました。)

 

【小川さんからのアドバイス】
お金や派手な遊びでつながる友達とは真の友情を育むことはできない、と伝えて。

画像2: 「息子がやんちゃな友達と付き合うように……。親としてどこまで首を突っ込んでいいの?」にお答え![第11回小川菜摘の子育て相談]

息子の交友関係を不安に思った時期、あります。そのときは息子に直接「お母さんは不安に思っているよ。自分でもおかしいと思ってるんじゃない? 解決できないなら私が間に入るよ」と伝えました。本人もわかったようで、その後、自分で解決してきたようです。

相談者の息子さんはまだ中1。親が交友関係に口を出してもまったくおかしくないと思いますよ。もしかしたら「お金を持ってこい」とせびられて本人も困っている可能性があるかも。とはいえ頭ごなしに「ろくでもない連中と付き合ってるんじゃないの!?」と決めつけてしまうと、「うるせー、関係ねーだろ!」となっちゃうから、「言葉遣いが変わったね。楽しいの? どんな遊びしてるの? お金の使いみちがちょっと気になるな」とやんわりと聞き出してみたほうがいいと思います。お母さんだけでなくお父さんからも「実はお父さんもそういう時期あったけどな……」と話してみるとか。

「どんな子と仲がいいの? 一度連れてきてよ」と家に呼んでみるのもひとつの手。夫婦で作戦を練って、話しやすいタイミング、話題から探ってみては? 親としてはハラハラするけれども、もしかしたら自分にないものを持っている人に憧れてるだけかもしれないですよ。そういう時期ってありますよね。

ひとつ、私が気をつけていたのは、外見だけでは判断しないということです。息子たちが通っていた学校は制服も校則もなく、中高生になると髪を真っピンクに染める子やモヒカンにする子、鼻ピアスをする子もいたんです。でも、そういう子が礼儀正しくしっかりしていたり、いかにもいい子そうな子が実は陰では……ということも。見た目が不良っぽいからダメなのではなく、大切なのは人間性ということ、そして、お金や派手な遊びでつながることは真の友情ではないということ、それを親として教えてあげたいなと思っていましたね。

 

最近の小川さん

クリスマスの我が家の玄関です!

 

PROFILE

26歳で結婚、28歳で第1子、31歳で第2子を出産。

小川菜摘 Natsumi Ogawa
東京都出身。1978年『ゆうひが丘の総理大臣』でデビュー後、文学座演劇研究所入団。数々のテレビドラマや映画に出演。

Photo:Reiko Tohyama Text:Yukiko Anraku Composition:Shiho Kodama

 

あなたのお悩み募集中!

2人の男の子を育て、家事に、仕事にと奮闘した経験を持つ大先輩である小川菜摘さんに「親にも話せない悩みをこっそり相談したい」「自分では解決できない悶々とした感情を諌めることができない」などなど、心に引っかかっていることについて小川さんと一緒に考えてみませんか?

※子どもの性別、年齢は問いません。
※子どもが生まれてからの夫婦間のお悩みや、親との関係性など。
※お母さんだけでなくお父さんからのお悩みも募集中です。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.