2歳〜活躍
手を切る心配がない! 
Casta(カスタ)のはさみ

画像: 2歳〜活躍 手を切る心配がない! Casta(カスタ)のはさみ

一歩間違えるとケガに繋がる可能性の高いはさみ。子どもの工作意欲を育てたいと思っても、リスクが高いために、渡すのをためらいがちになりませんか? そんなママへ、安全で切る楽しさを思う存分味わえる、《Casta(カスタ)》のはさみを紹介します。

《 紹介者 》
フォトグラファー&ライター
きなこさん
5歳になる息子さんとの日々の暮らしや工作アイデアを記録したインスタ(@kinako_710)&ブログ(tuduru.jp)が大人気のきなこさん。どんなときも「楽しみ」を探しながらお子さんと向き合うというきなこさんの愛用品は、育児の楽しさを再発見させてくれるものばかりです。

 

はじめてのはさみはこれに決まり

クラフトが趣味の私の姿を見ていたせいか、2歳になる頃にははさみに興味を示すようになった我が子。そこで、はじめてにぴったりの安全なはさみはないかと探しました。

最初に気になったのは、紙しか切れない木製のものです。でも実際お店で試してみると、切れ味がいまいち。「切れない! できない!」とイライラしてしまう息子の姿が想像できたのでやめました。

安全だけど、切れ味がいいもの。この矛盾するような条件にはまったのが《Casta》でした。

 

可愛い見た目と心地いい切れ味で楽しさUP

画像: 可愛い見た目と心地いい切れ味で楽しさUP

よくある指を入れるはさみだと、動かす指と刃先の両方に意識が分散してしまって、うっかり手を切ってしまいそうですよね。でもカスタは握るだけで簡単に刃が動く上、刃全体をカバーが覆っているので、指を切る心配はありません。

しかも、見た目の可愛さに反して、刃物会社が作っているだけあって切れ味は抜群。かたん♪かたん♪と切るたびに音も鳴ります。切れるって楽しい! この喜びを存分に感じることができます。

 

チョキチョキが止まらない!

画像: チョキチョキが止まらない!

▼購入はこちら
Casta(カスタ)のはさみ

握力の弱い子どもや高齢の方、手の不自由な方でも使えるユニバーサルデザインで、力いらずで切れます。なので、長時間使っていても疲れないようで、うちの子は黙々とチョキチョキを楽しんでいます(笑)。

オリジナルで作ったお野菜のイラスト(こちらから無料でダウンロードできます)を切っておままごとをしたり、自分で絵の具を塗った紙を好きな形に切り抜いたり。親子で工作あそびを楽しんでいます。

Text:Kyoko Isobe

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.