画像1: 「きょうだいの仲が悪いとき、親ができることって?」にお答え!
[小川菜摘の子育て相談]

「子育ては完璧じゃなくていい。毎日ご飯を作る余裕なんてないから、お惣菜や出前の日もある。でも、それでいいと思うんです。子どもたちが思っているほど親は立派じゃないということを見せることも大事。私はいつも “そのままの私” で体当たりしてきました」と語る小川菜摘さん。

2人の息子さんもそれぞれ成人し、ようやく子育て一段落。改めて、駆け抜けた日々を振り返り子育てのお悩みに答えます。

 

【読者からのお悩み】
きょうだいの仲が悪いとき、親ができることって?

《 お悩みその1》
我が家には6歳の双子の女の子と1歳の女の子がいます。最近、双子が毎日のように喧嘩をしているのですが、どこまでエスカレートしたら親が止めるべきなのか悩んでいます。

初めは口喧嘩から始まり次第に手が出るようになり、どちらかが泣くというパターンがお決まりで、話を聞くと「あっちが先に叩いた」だの「いや違う」だのとまたそこから喧嘩になり収拾がつきません……。私自身姉がいるのですが、12歳離れているので小さい頃に喧嘩をするということがなく、余計にどうしたらいいのかわからないのです。男の子2人育ててこられた小川さんは、どのように子供の喧嘩に接してきたのか、また何かアドバイスがあればお願いします!

《 お悩みその2》
三兄弟の母です。子どもはもう大きいのですが、長男27歳と次男25歳は中学生位の時から、お互いほとんど口をきかないんです。

2人共三男とはよく喋るんですけど。中学生の頃は思春期だからしょうがないのかと思ってましたが、大人になっても口をきかないので、これから先ずっとこのままだと大丈夫かなと心配になってきました。仲が悪いわけではないのですが、一緒に住んでるのに、お互い他人みたいな感じなんです。菜摘さんの息子さん達は仲良いですか?

※今回は近い内容のお悩みを2つ紹介しています。
※投稿内容を一部、読みやすいように編集させていただきました。

 

【小川さんからのアドバイス】
子どもたちが冷静な時にお互いの本音を引き出してあげてみて。

画像2: 「きょうだいの仲が悪いとき、親ができることって?」にお答え!
[小川菜摘の子育て相談]

仲は良いですよ。でもきょうだいだから何でも話す、いつも仲良しじゃなくていいんじゃないかな。

うちの2人の息子たちは取っ組み合いのケンカはあまりしなかったのですが、小競り合いやお互いが母親の私に悪口を言いつけてきたりはありました。(笑)かと思えば、一緒にゲームをしたりテレビを見たり、毎日そんな感じでした。ケガをしそうなほどの激しいケンカや、大事なものを壊してしまうといった相手を傷つけるような事があれば、すぐに間に入ったほうがいいともいますが、ちょっとした小競り合いならそれほど気にしなくてもいいんじゃないかなあ。

次男は癇癪をよく起こしていましたが、長男は絶対に手を出しませんでした。特に「手を出しちゃダメ」と注意したわけではありませんが、きかん坊の弟を見て「しょうがないなあ」と呆れていたのかもしれません。

長男が次男のわがままを聞いてあげることがあれば、「えらかったね」とほめるように意識はしていました。次男に対しては「お兄ちゃんはあなたのために我慢してくれたね」と兄を敬うような声掛けも。親としてはつい「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」と言いがちですが、それでは長男のうっぷんがたまって、次男に当たるようになると思ったんです。そして、夕食の落ち着いているときに「どうしてけんかになったの?」「何が嫌だったの?」と、双方に感情を吐き出させることもたまにしていました。

そんな息子たちも27歳と24歳。大人になった今ではべたべた仲良くすることはあまりないですよ。(笑)それぞれやりたいことも趣味も違うし。家に居て私が兄ちゃんはどこ行った?」と聞いても「知らね」って(笑)。

でも、精神的に自立している二人ですから、お互いのことを尊重しているということは見てわかるので、私はそんなに心配していません。きょうだいといえどもそれぞれ性格も違うし、人との距離感のとり方もそれぞれ。もう大人なのだからお母さんは肩の力を抜いてあんま気にしすぎず、遠くから見守るというスタンスで、気にしすぎなくてもいいんじゃないかな。

 

最近の小川さん

ウチのトコちゃん生後9ヶ月(右)お友達のアムちゃん4歳と仲良く遊びました(笑)

 

PROFILE

26歳で結婚、28歳で第1子、31歳で第2子を出産。

小川菜摘 Natsumi Ogawa
東京都出身。1978年『ゆうひが丘の総理大臣』でデビュー後、文学座演劇研究所入団。数々のテレビドラマや映画に出演。

Photo:Reiko Tohyama Text:Yukiko Anraku Composition:Shiho Kodama

 

あなたのお悩み募集中!

2人の男の子を育て、家事に、仕事にと奮闘した経験を持つ大先輩である小川菜摘さんに「親にも話せない悩みをこっそり相談したい」「自分では解決できない悶々とした感情を諌めることができない」などなど、心に引っかかっていることについて小川さんと一緒に考えてみませんか?

※子どもの性別、年齢は問いません。
※子どもが生まれてからの夫婦間のお悩みや、親との関係性など。
※お母さんだけでなくお父さんからのお悩みも募集中です。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.