今月のこありっぱー
髙取篤史

画像: 今月のこありっぱー 髙取篤史

髙取篤史/ヘアメイクアップアーティスト
1978年、東京都出身。女性本来の美しさを引き出すヘアメイクに、現場を和ませる優しく愉快なお人柄で、女優・タレント・モデルから多くの支持を集める。SPEC所属。2女の父。
Instagram @atsushi_hm

 

たまには沖縄じゃないところにも
行ってみよう!ということで

画像1: たまには沖縄じゃないところにも 行ってみよう!ということで

出発を決めたのは、長女が幼稚園を卒園した春休み、2017年の3月です。小学校に入ったらまとまった休みは取りにくくなるし、今のうちに家族で旅行しておこうよという話に。……で、どこに行く?

我が家の旅の定番は南国リゾートで、その行き先のほとんどが沖縄。ですが、3月の沖縄は季節的に中途半端、いまいち気分が上がらない。「雪のあるところもいいよね」「でももう本州の雪は微妙じゃない?」……と夫婦で話し合っているうちに徐々に気持ちが大きくなり、いつの間にか「どうせ行くなら」が枕詞となり、最終的には「北海道行っちゃう?」という展開に(笑)。

画像2: たまには沖縄じゃないところにも 行ってみよう!ということで

たまには気分転換もいいよねー、と。娘たちも雪は東京でしか見たことがないし、奥さんも北海道は未踏。特に子どもたちには初めてのことを積極的に経験させたいという思いもあって、「星野リゾート リゾナーレ トマム」を予約しました。

 

我が家は「星野リゾート」ユーザーです

「リゾナーレ 八ヶ岳」に「界 松本」「界 箱根」……など、星野リゾートにはちょいちょいお世話になっている髙取家。とにかくファミリーフレンドリーで、居心地がいい。うちの子たちが温泉好きということもあり、気軽な旅の宿泊先として最適。

画像1: 我が家は「星野リゾート」ユーザーです

今回訪れた「リゾナーレ トマム」はプールが充実しているうえに(最重要)、

画像2: 我が家は「星野リゾート」ユーザーです

離乳食も用意してくれました(ホテル側から提案があった)。原材料も公表してくれたし、完璧な薄味で安心。当時、下の娘はまだ11カ月だったので、このサービスには本当に助けられました。

「リゾナーレ トマム」には池に氷を張って作ったスケートリンクもあったのですが、訪れたのが3月半ばだったため、残念ながらクローズ。楽しみにしていた長女(スケート好き)はがっかり。この旅最大の失敗点です。下調べが甘かった……。

 

初めて見る「たくさんの雪」に興奮!

新千歳空港からは、スーパーおおぞら7号に乗り換え、ホテル近郊の駅まで約90分。窓から見える雪景色に長女は釘づけ。関東での移動手段はほぼ100%自家用車なので、電車に乗るという行為自体も楽しかったみたいで。

画像1: 初めて見る「たくさんの雪」に興奮!

電車を降り、ホテル行きバスの乗り場へ。一面の銀世界に「わぁぁ」と歓声を上げる長女。雪を踏むキュッキュッという音や感触にテンションの上がる妻。「そうそう、こういうのが見たかったんだよ」とほくそ笑む僕(笑)。

画像2: 初めて見る「たくさんの雪」に興奮!

ホテルに着いたら、とりあえずゲレンデへ! 小手調べ的に家族で散歩しました。僕自身も北海道のスキー場は初めてだったのですが、ナイター用のライトと真っ白な雪が織りなす景色が、それはそれは美しくて気持ちよく。雪質も素晴らしい!

画像3: 初めて見る「たくさんの雪」に興奮!

初北海道のゲレンデということで、ぶくぶくに防寒させられた娘たち(笑)。でも意外にもそこまで寒くない。「こんなに着なくてもいいね」「動きにくいね」という気づきを得ました。

子連れで旅をするようになってからは、快適に過ごすための下調べは抜かりなく!がモットー。子どもたちに“ちょうどいい服装”をさせられるよう尽力しています。靴に雪が入って濡れたりすると、一気にテンションが急降下する恐れもあるので、靴周りは特に手を抜きません(笑)。

ちなみに、子どもたちのウエアはH&Mなどを活用しリーズナブルに手に入れました。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.