画像1: 観ると世界が変わる!“普通”とは違う子どもたちを持つ6組の親子のドキュメンタリー『いろとりどりの親子』

"The apple doesn't fall far from the tree."

直訳すると「りんごは木から離れたところに落ちない」だが、「子は親に似るもの」という古くからある英語のことわざだ。この先入観に対して、「木から離れたところに落ちるりんごだってあるよねー」と切り込むドキュメンタリーが、11月17日(土)から公開される映画『いろとりどりの親子』、原題「FAR FROM THE TREE」である。

画像1: "The apple doesn't fall far from the tree."

このドキュメンタリーは、ニューヨーク・タイムズ紙ベストブックなど、国内外50以上の賞を受賞し、24か国語に翻訳され(日本訳は来年秋発売予定)、世界中で大ベストセラーとなった、ノンフィクション本「Far From The Tree: Parents, Children and the Search for Identity」が原作となっている。この900ページにわたるインタビュー本を手がけたのは、コロンビア大学メディカルセンターの臨床心理学教授であり、ノンフィクション作家アンドリュー・ソロモンだ。

裕福な家庭で両親に愛されて育ったアンドリューだが、彼は親の期待する、いわゆる男の子らしい男の子ではなかった。幼い頃から、周りからゲイといじめられ、“違い” を治そうと努めることで自分自身をいじめ、両親にカミングアウトするも、父も母もその “違い” をすんなりは受け入れることはできなかった。ゲイである息子を受け入れようと苦悩し努力をしている両親の姿に直面したアンドリューは、「ほかの親子は、互いの “違い” にどのように向き合っているのか?」を検証し始める。

身体障がいや発達障がい、LGBTなど、さまざまな "違い" を抱える子を持つ家族にインタビューし続けること10年。300以上の親子との対話を収録した「FAR FROM THE TREE」がやっと完成。本書をむさぼるように読んだという女性監督で、エミー賞受賞経験もあるレイチェル・ドレッツィンが、本作の映画化を実現させることになった。

画像2: "The apple doesn't fall far from the tree."

もちろん300家族はおさまらないので、このドキュメンタリーに登場するのは、アンドリュー本人と新たに取材した家族も加えた6組の家族である。LGBT、ダウン症、自閉症、低身長症、重罪を犯した子どもを持つ親とその子どもたちが正直に嘘のない言葉で、自身の物語を語っている。

愛情をもってなんとか困難を乗り越えようと努力する家族との対話を経て、アンドリューが辿り着く答えが流れ込んできたとき、“違い”を括るもの自体が曖昧になり、世界の見え方が変わってくる。“違い”を治すべきものとするか幸せなものとするかは、本人次第だ。自らの物語を書くのも語るのも、やっぱり本人たちなのだから。

監督:レイチェル・ドレッツィン
原作:アンドリュー・ソロモン
「FAR FROM THE TREE: Parents, Children and the Search for Identity」
音楽:ヨ・ラ・テンゴ、ニコ・ミューリー
(C)2017 FAR FROM THE TREE, LLC
新宿武蔵野館ほか全国順次公開

Text:Tomoko Ogawa

 

11月17日(土)公開
映画『いろとりどりの親子』

画像: 11月17日(土)公開 映画『いろとりどりの親子』

映画『いろとりどりの親子』公式サイト 

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.