画像1: #24 ハワイは我が家の第2の故郷

今月のこありっぱー
NIMU

画像: 今月のこありっぱー NIMU

NIMU/スタイリスト
1980年、東京生まれ。女性誌を中心に、広告・カタログなどのスタイリングを幅広く手がける。感度の高いスタイリングでモデルや女優などの指名多数。1男の母。
Instagram @nimu_1021

 

家が欲しいほど、ハワイ島が好きです

画像1: 家が欲しいほど、ハワイ島が好きです

夫&息子のやたらとドラマティックな写真から始めさせていただきます(笑)。これはハワイ島での一枚。仕事も含めると、ハワイへ渡航した回数は数十回。ハワイにはすごくご縁があって、そして心から愛している場所。中でもハワイ島が大好き。

私は東京で生まれ育っているし、仕事も東京、職業スタイリスト。“最先端の便利” に囲まれ、いつも身の回りには何かがありました。溢れんばかりの情報の海を泳いでた。シンプルな場所に身を置いたことがなかったんですよね。

画像2: 家が欲しいほど、ハワイ島が好きです

マウナケア山のご来光です。初めてハワイ島でこれを見た時は……、ボロボロ泣きました(笑)。島の持つシンプルさやパワーの強さに完全に打たれてしまって。心と体がいわゆるデトックスをしたんだと思います。

海、空、山、自分、以上! 五感が研ぎ澄まされて、空気の匂いで「あ、雨が降るな」ってわかる。その感覚が本当に気持ちいいんです。それだけですごく自分が豊かになります。何もないことが逆に豊かさを呼ぶんだなあって。

息子が生まれてからも家族旅行はハワイ一択。しかも子どもと一緒だと、もっともっとシンプル。寝て、遊んで、食べて。最高です。

 

息子の初ハワイはくじ引きの景品!

画像1: 息子の初ハワイはくじ引きの景品!

なんとピザーラのくじに当たりまして……(照)。息子が生まれて半年くらいの頃です。妊娠→出産で自由に動けなかった私の「ハワイに行きたい!」という念が通じたとしか思えない(笑)。

でも、実のところ生後6カ月の赤ん坊を海外に連れていく勇気、私にはなかったんです。気を使いすぎるほど使ってしまうタイプで、とにかく人に迷惑をかけたくない。だから「大きくならないと海外なんて無理」って思っていました。でも当たったからにはねえ……行きますよね(笑)。そして全然平気だった。

画像2: 息子の初ハワイはくじ引きの景品!

なぜなら、ハワイは超がつくほどファミリーフレンドリーな場所だから。子連れだからこそわかる、ハワイの懐の深さに感激しました。前述した“シンプルさ”を息子も心地よく感じたようで、ワガママもあまり言わなくて。家族全員がすごく快適で。これはやめられないな、と(笑)。

画像3: 息子の初ハワイはくじ引きの景品!

生後半年での初ハワイを皮切りに、計4回渡航している息子。今では飛行機もお手の物です。サングラスまでかけちゃって余裕綽々、ベテランの風格(実は寝ていますが……笑)。

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.