「香味野菜はいろいろな国にありますが、日本は特に種類が多い。体の熱やむくみをとってくれる、血の巡りを良くする、体調の乱れを整えてくれるなどの効果があります。食欲を刺激してくれるし、積極的に食べたいですね」。

炒めものに使うときは、香味野菜は最後に加えて、余熱でさっと火を通す程度。野菜のシャキシャキとした食感や、豊かな香りを生かすのがポイントだ。

ところで香味野菜には、いいところがもう一つあるという。「そのまま食べられるから、皮をむく手間がないし、ほとんどゴミも出ないの(笑)」。

 

「クレソンと牛肉のさっと炒め」のレシピ

ごはんのお供にも最適!

画像: ごはんのお供にも最適!

◆材料

牛薄切り肉…200g

(A)
こしょう…少々
酒…………大さじ1
片栗粉……小さじ1/2

クレソン……………1わ
万能ねぎ……………1束
しょうが…………… 20g
オイスターソース… 大さじ1
太白ごま油………… 大さじ1

 

◆作り方

画像: ◆材料

1. 牛肉にで下味をつけておく。

2. クレソンと万能ねぎは3㎝長さに切り、しょうがは千切りにする。

3. フライパンに太白ごま油と1を入れ、中火で炒める。色が変わったらオイスターソースを加えて調味する。

4. を加えてさっと炒め合わせ、すぐに火を止める。

MEMO
牛肉は赤身をチョイスして。牛肉に下味をつけ(タンパク質に味付けをするのが基本)、香味野菜は最後に加えて、余熱で火を通すのが、おいしく作るコツ。

 

PROFILE

ウー・ウェンさん
中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。著書に『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』『ウー・ウェンさんちの定番献立』(ともに高橋書店)、『からだを整える お手当て料理』(天然生活ブックス)など多数。
http://www.cookingsalon.jp

 

Photo:Keiichirou Muraguchi Styling:Misa Nishizaki Composition:Shiori Fujii

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.