画像1: 「口調が荒く時には手がでることも!夫の育児方針に不安。」にお答え![小川菜摘の子育て相談]

第5回 [ 小川菜摘の子育て相談 ]

「子育ては完璧じゃなくていい。毎日ご飯を作る余裕なんてないから、お惣菜や出前の日もある。でも、それでいいと思うんです。子どもたちが思っているほど親は立派じゃないということを見せることも大事。私はいつも “そのままの私” で体当たりしてきました」と語る小川菜摘さん。

2人の息子さんもそれぞれ成人し、ようやく子育て一段落。
改めて、駆け抜けた日々を振り返り子育てのお悩みに答えます。

 

【読者からのお悩み】
口調が荒く時には手がでることも!夫の育児方針に不安。

はじめまして。4歳になる男の子と1歳になる女の子の母です。夫婦間で教育方針のズレがあって、最近悩んでいます……。

旦那は12歳年上のバツイチで、私は初婚です(ちなみに我が家は共働きで、子どもは2人とも保育園に通っています)。旦那はもともといわゆる “やんちゃ” なタイプ。反対に私は “委員長” タイプで、楽しく過ごす中にも、礼儀やメリハリは大切だと考えています。 娘は1歳と小さいので本格的なしつけはまだなのですが、4歳の息子には叱ることも。

例えば叱り方ひとつにしても、私は冷静に目を見てなぜダメなのか、説明するように心がけています。私もまだ未熟で感情が先に出てしまうことももちろんありますが。息子は聞き分けがないという感じでもなく、話せばちゃんと理解してくれるし、普段からお家のお手伝いもしてくれます。

一方、旦那は、叱るというより “怒る”。口調も荒く、ときには手が出ることも……。例えば、何度注意しても遊んでばかりでごはんをちゃんと食べない息子に「ちゃんと食えよ。別に俺はええねんで。お前が困るだけや」と、4歳の子供にはちょっとむずかしいかな?と思う言い回しや、まるで大人同士のような怒り方をします。

最近では 「いいの? ダメなの? 怒ってる? 怒ってない?」と、息子がパパの様子を窺うような表情をする事もあって……。私は姉妹だったので男の子のしつけを知らず、そんな旦那のやり方に対して口を挟んでしまうこともありますが、「俺が叱っているときに俺にダメ出しするな。息子が俺の言うことは聞かんでいいって認識するやろ」と言われてしまうんです。

夫婦間でズレがあってなんだかモヤモヤしちゃって。菜摘さんは夫婦間で叱り方や育児方針について意見の相違はなかったのでしょうか?
(※投稿内容を一部、読みやすいように編集させていただきました。)

 

【 菜摘さんからのアドバイス 】
他人だから意見が違って当たり前。じっくりと擦り合せをして。

画像2: 「口調が荒く時には手がでることも!夫の育児方針に不安。」にお答え![小川菜摘の子育て相談]

やはり夫婦といっても元は他人ですから、意見が合わないことがあるのは仕方がないですよね。特に、叱り方や育児の方針は自分が育ってきた環境も大きく影響するでしょうから、確かにモヤモヤする難しい問題だと思います。

叱り方について、我が家のルールを言えば「お母さんが2回、3回叱っても同じことをしたら、お父さんに言う」でした。そして、夫が叱るときは、私は口を挟まずに黙っていましたね。とはいえ、その場に居合わせるとついいろいろと言いたくなってしまうから、別の部屋に行ったりして。それで、あとから子どもに「お父さんはなんて言ってた?」「これからは気をつけようね」とやさしくフォローを入れて、子どもを追い込まないように気をつけていました。

ポイントは、“お父さんを立てるお母さん” という姿勢。子どもの前で「アンタ、そんな言い方は……」と夫にダメ出ししてしまうと、その姿を見て子どもはお父さんの言うことを聞かなくなってしまうと思うんです。だから、もしどうしても「これは改めてほしい」ということがあれば、夫婦2人きりのときに言ったほうがいいんじゃないかな。それも、ケンカ腰で切り込むと、売り言葉に買い言葉で確実に夫婦ゲンカになって余計に疲れてしまうので、やんわりと言うようにする。

そもそも、私はケンカするのがイヤなんです。あの不穏な時間が本当にイヤだし、誰も得しない。それにケンカしたままご飯を食べてもおいしくないから。たとえ自分が悪くない場合でも、先に謝っちゃいます。ときには、心の中ではそう思っていなくても謝ることだってあってもいい。こっちが謝ると夫だって自分が悪いとわかっているから「ごめんな、俺も言いすぎた」となる。同じ仲直りするなら、1分1秒でも早いほうがいい!

どうしても腹が立って仕方がないときは、親友に愚痴るか、誰もいない部屋に入って思っきり「バカーッ!」「冗談じゃねえッ!」と叫んだり(笑)。で、自分のためにちょっとした贅沢でゴディバのチョコを買う。私の場合、そのほうが気がラクだし、子どもの前でも笑顔でいられる気がしますね。

 

最近の小川さん

画像: 最近の小川さん

明治座公演40ステージ無事に終わりました!ありがとうございました!

 

PROFILE

画像: 26歳で結婚、28歳で第1子、31歳で第2子を出産。

26歳で結婚、28歳で第1子、31歳で第2子を出産。

小川菜摘 Natsumi Ogawa
東京都出身。1978年「ゆうひが丘の総理大臣」でデビュー後、文学座演劇研究所入団。数々のテレビドラマや映画に出演。2012年「いつか見た男達~ジェネシス~」で舞台復帰。以降「シェイクスピア物語〜真実の物語〜」「のど自慢〜上を向いて歩こう〜」「おねだり」URASUJI2017「ちんもく」、「泣いたらアカンで通天閣」など多数に出演。

 

Photo:Reiko Tohyama Text:Yukiko Anraku Composition:Shiho Kodama

 

あなたのお悩み募集中!

2人の男の子を育て、家事に、仕事にと奮闘した経験を持つ大先輩である小川菜摘さんに「親にも話せない悩みをこっそり相談したい」「自分では解決できない悶々とした感情を諌めることができない」などなど、心に引っかかっていることについて小川さんと一緒に考えてみませんか?

※子どもの性別、年齢は問いません。
※子どもが生まれてからの夫婦間のお悩みや、親との関係性など。
※お母さんだけでなくお父さんからのお悩みも募集中です。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.