エッセイストのしまおまほさんが、今を生きるバラエティに富んだ子どもたちに出会い、話を聞き、限られた時間で彼らの本音を引っ張り出す。コドモ連載の第16回が始まります~。

 

第16回
一柊くん(7歳)

画像: 第16回 一柊くん(7歳)

今回インタビューする小学生と待ち合わせたのは自宅近くにある大きな公園。夏休みに入ったばかりの子どもたちがジャブジャブ池で遊んでいる様子は、まさに芋洗い状態。
池の周りには、我が子を見守る大人たち。子どもは水浸し、大人は炎天下で汗だく。

自転車に乗ってお父さんとやってきたのは小学2年生のいっしゅうくん。今日のインタビューはピクニックスタイル。木陰を探し、敷物を広げます。すると、お父さんが籐籠から水筒とワインを出しました。いつの間にかアウトドアチェアーも広げられています。真夏ですが木々の間を吹き抜ける風が気持ちいい。まるで森のような公園の中でお昼からワインなんて……すごく贅沢な気分です。いっしゅうくん家族は休日をこうして公園で過ごすことが多いのだそう。

 

植物大好き少年のたからものって?

いっしゅう:あ~チクチクするぅ~

:どうした?

いっしゅう:これを首にこうしたら……あ~チクチク~。

いっしゅうくん、何か植物のような物を首にこすりつけていたようです。

いっしゅう:う~。

まほ:大丈夫?

いっしゅう:これ、たしか種なんだよなあ。スズカケノキの。

まほ:スズカケノキ?

いっしゅう:うん。スズカケノキって、プラタナスのこと。首から生えてきたらどうしよ~。あ、でも傘の代わりになるからいっか。いや、養分吸われちゃうかもな~。あ~チクチクするよ~。

チクチクが止まらない、いっしゅうくんはお父さんと公園のトイレに首を洗いに行きました。いっしゅうくん、植物が大好きな「植物博士」なんです。

いっしゅう:ただいまー。

まほ:どう? 治った?

いっしゅう:なおったー!

:どうも、すみません。

まほ:子どもって、スタートと同時に何かしらの事件起こしたりしますよね。

:(苦笑)

まほ:いや、チクチクとれてよかった。

いっしゅう:今日ね、クリスタル持ってきたよ。

まほ:クリスタル?

いっしゅう:拾ったの。宝石とかね、いっぱいある場所で。

まほ:どこ?

いっしゅう:フランス。

まほ:!!! フランス行ったんだ。

:去年、3ヵ月滞在したんです。

まほ:3ヵ月も! フランスに!

:いや、フランスだけじゃなく……。

いっしゅう:ドイツー、スイスー、イタリヤ……、あと……。

:フィンランドにオランダね。

まほ:すごい!

:会社と2年ほど話して、やっともらえた長期休暇で。

まほ:素敵……。

いっしゅう:このクリスタルね、化石だと思うんだけどね……。ネコの。

まほ:え!? ネコの化石!!?

いっしゅう:ネッコ!

まほ:ああ。根っこね。

いっしゅう:他にもね、アメジストとかも落ちてるところで……。

:湖の近くに、そういう場所があったんだよな。

まほ:石も好きなんだね。

:石、大好きだよな。

まほ:宝物だね。

いっしゅう:うん! たからもの。あと、これも。

まほ:これは……泥団子?

いっしゅう:そう。泥団子を焼いて作ったの。

まほ:もしやこれもフランスで?

いっしゅう:うん。

まほ:フランス産の泥団子焼か~。なんだか有り難みを感じる……。

画像: 植物大好き少年のたからものって?

 

何よりもヒマが嫌い。ずーっと遊んでいられます。

わたしたちがワインを飲んだり、パンをつまんだりしている間、いっしゅうくんはずっとウロウロと歩き回って木の皮を拾ったり、落ち葉を観察したりしています。

まほ:お父さんも小さい頃、こんな感じだったんですか?

:いや、僕は次男だったんで……こんな風に好きなものを見つけて、ひとりで遊ぶなんてしなかったですね。ずっと兄貴のしていることを追っかけているという感じで。

まほ:いっしゅうくんはひとりで黙々と遊んでますよね。

:自分で興味のあるものを探して遊ぶんですよ。すごい。

まほ:ねえねえ、いっしゅうくん。好きなもの見つけるの、なんでそんなに得意なの?

いっしゅう:ヒマがいやだ!

まほ:え! そうなんだ。

いっしゅう:ヒマ、大嫌い。

まほ:なんにもない時間をダラダラとか……。

いっしゅう:ヤダ! 30分が1年に感じる。

まほ:いいな~その感覚。わたし、今その逆だもん。

いっしゅう:ヒマすぎる時に、宿題する。ヒマじゃない時は、しない。

まほ:(笑)。あーじゃあ、植物とか、石とか、遊びに夢中な時には宿題しないのね。

いっしゅう: (元気よく)うん! そういう時はねー、こっち(右)に手が2本、こっち(左)にも手が2本あればいいなあって。

まほ:遊びって、植物を観察して、どんなことするの?

いっしゅう:これね、いっしゅうくんの作った本だよ。

まほ:おお!

いっしゅうくんが見せてくれたのは、ホッチキスで止めてつくった手作りの豆本。動物や植物に関するものから、絵本まで、何冊もあります。

まほ:これはすごい! 力作だねえ。

いっしゅう:ふふ……(得意気)。

まほ:「けいけんちのノート」……。これはどんな本かな?

いっしゅう:これは、むじん島に行くけいかくの本。

まほ:「やること 1. バナナの木にのぼってバナナをとる 2. バナナを食べる 3. ねどこを作る」「夜の注意 夜は暗くなるから」……なるほど。

いっしゅう:そういう、やることとか、待ち合わせ場所とか、ほうほうが書いてあるノート。

まほ:「目標 生きてかえること」いいねえ! あとは……「パパとママのプレゼントをよういする」。

いっしゅう:あっ!

まほ:あ、ごめん! 言っちゃダメだった?

いっしゅう:あーうんーまーいいや。

まほ:あ~ごめん~。申し訳ない……。

:知ってたよ(笑)。

 

お父さんを植物に例えるなら……。

まほ:他にもいろいろあるねえ。「カニのくらし」「とりの木」「つばめが日本にやってくる」……。素晴らしい。いっしゅうくんが一生懸命描いた絵と字を見てるとなんだか胸がいっぱいになってくる……。

:初めて描いたのがこの「大きな木」って絵本なんですけど、これを読み終わった奥さんが泣いてましたね。

まほ:わかる気がします。本人にとってはヒマな時間の遊びなんだろうけど。その時間を創作活動に当てるって素敵ですね。「ムベとアケビのくらし」。……これは?

いっしゅう:ムベとアケビが好きなの。

まほ:ムベ……?

画像: お父さんを植物に例えるなら……。

ムベとは秋になると赤の実をつけるアケビ科の一種だそうです。

まほ:どんなところが好きなの?

いっしゅう:形がかっこよくてねー、ツルを編んだり、食べたりできて、役に立つから。

まほ:その好きな理由がかっこいいなあ。じゃあ、一番キライな植物もあるの?

いっしゅう:ドクウツギ。毒があるから。

まほ:お父さんを植物に例えるとなんだろう。

いっしゅう:メタセコイア!

メタセコイアはヒノキ科の一種で、「生きた化石」とも呼ばれる落葉樹だそうです。

まほ:どんな木なの?

いっしゅう:かっこよくて、憧れの木。大好き!

まほ:じゃあ、いっしゅうくん自身を植物に例えると?

いっしゅう:大豆。

まほ:え(笑)。

いっしゅう:大豆はね、豆が種だから、土の上に落ちれば何年も生きられるし。

まほ:落ちても何年も生きられるって、なんだかすごくたくましい。

 

未来の植物博士の学校生活は?

まほ:学校の授業はどう? 好きな授業とかある?

いっしゅう:えっとぉ……(急にテンション下がる)。

まほ:あれ(笑)。

:基本的にいっしゅうくんは好きなもの以外……、興味持てないみたいで。

まほ:好きなものに全部気持ちを注いでるんだね。さっきの絵本を見てると、それで充分って気もするけど。何が一番苦手?

いっしゅう:え~う~んと~さんすうが~なんかヤなの。

まほ:ヤなんだ。

いっしゅう:大キライ。

まほ:(笑)

いっしゅう:授業がね~大キライ。

まほ:算数の?

いっしゅう:ぜんぶ。

まほ:ぜんぶか! 好きな授業ないの?

いっしゅう:一番好きな授業は、休み時間。

まほ:それ、授業じゃないよ(笑)。いっしゅうくんはなんでそんなに植物が好きなのかな?

:実は奥さんのお父さん……じいじが植物の研究者で。

まほ:それで! 仕事ぶりを見て?

:いや、自然に好きになってましたねえ。奥さんは4人姉妹なんですが、だれもその道には進まず。いっしゅうくんがその血筋を継いだようで。

まほ:すごい。そして、植物博士に4人姉妹の娘がいるっていうのもなんだか素敵……。おじいちゃんも嬉しいですね。

:前に「お父さんとお母さんは田舎の自然の中で育って、ズルい」って泣かれたことがありますよ。

まほ:それだけ自然が好きなんだ……。これは将来有望ですね……! いっしゅうくん、植物博士の夢にまっしぐらだね!

いっしゅう:なりたい!

画像1: 未来の植物博士の学校生活は?

つづく

画像2: 未来の植物博士の学校生活は?

PROFILE

しまおまほ Maho Shimao
1978 年生まれ。エッセイスト、イラストレーター。主な著書に『ガールフレンド』『マイ・リトル・世田谷』(共にスペースシャワーブックス)などがある。

 

Text・Illustration:Maho Shimao Composition:Tomoko Ogawa Design:Shinji Nemoto

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.