今月のこありっぱー
佐藤 研二

画像: 今月のこありっぱー 佐藤 研二

佐藤 研二/エグゼクティブプロデューサー
「TOKYO ACT Ⅱ」「SATO agency」代表。パリ生まれ。愛称はケニー。モデル、MCとしても活動する傍ら、グローバルなコミュニケーションスキルを活かし、制作&プロデュースの会社を運営。1女1男の父。
Instagram:kenykilla

 

きっかけは、とある中国人男性のブログです

画像: きっかけは、とある中国人男性のブログです

2016年にスタートした「父娘2人旅」は、北京の男性が書いたブログを読んだのがきっかけです。その方が2歳の娘を連れて5日間も旅をしたというブログに感動して、自分も是非やりたい! と思って。当時、娘のろびんがちょうど2歳だったこともあり、TRYすることを即決しました。

即決の理由としては、自分が娘と2人で楽しめることを証明したかったのもあるけど、妻に1人の時間をプレゼントしたいという気持ちの方が実は大きいかもしれません。彼女は、出産以来ずっと子育てに奮闘し続けてくれているので……。僕は息抜きが得意だし、お父さんは1人でも出かけやすいけど、それはお母さんにとっては難しいこと。とにかくホッとできる時間をあげたかったんですよね。

ブログを読んだその日の夜、妻と娘が寝静まった後、早速、旅先探しをスタートさせました。海外はちょっと早い。自然がたくさんあるところで、海もプールも欲しいけど、沖縄は行ったことがあるから却下。行ったことのない場所で、条件に合う場所……ということでネットサーフィンしながら辿り着いたのが奄美大島。すぐにホテルを予約しました。

 

「父娘旅」は我が家の定番に

画像: 「父娘旅」は我が家の定番に

初めて決行したのが2016年、2歳の時。2017年にも行きました。この時は3歳です。2人だけの秘密や思い出を持てたことで、関係性も深まった感覚があります。パパと娘が2人きりの時間ってそうはないから、すべてが新鮮で、すべてが学び。僕もかなり勉強になりました。

「また行こうね」「いつ行く?」って本人から持ちかけてくれるようになったのもすごく嬉しい。2人で計画して、2人で実行する。僕と娘だけのプロジェクトです。

2歳のろびんとの旅は最高でした。コミュニケーションスキルをぐんぐん伸ばしていた彼女との旅は、想像よりもはるかに快適で、きちんと一緒に楽しめたという感じ。

彼女は「次は何をしたい」「どこに行きたい」ときちんと希望を伝えてくれます。そのことによって、僕を自由にしてくれる感覚がありました。僕が頭を悩ませなくても、次に楽しむべきことを自分で見つけてくるというか。まるで、協力し合いながら旅を楽しむことを知っているかのようでした。

 

ママとの別れ際は大泣きしたけれど……

勝ち気で陽気で、すべてに前向きタイプの娘ですが、成田空港でママと別れる時は突然大泣き。寂しさを爆発させるような泣き方に、僕も思わずハラハラしたのですが……。

画像: ママとの別れ際は大泣きしたけれど……

15分後にはケロッとしていました(笑)。さっきの涙は演技ですか?という感じ。3歳児、なかなか大人です(笑)。

ママと娘もたまには距離を置くべき、というのが僕の持論。その方が愛情も深まると思うから。夫婦やカップルもそうですよね、離れているからこそ気付ける愛情ってある。そういう時間も大事。だから、旅の最中は妻とはあまり頻繁には連絡を取らないようにしていました。

 

奄美大島ではアットホームなリゾートを選択

泊まったのは「奄美リゾート ばしゃ山村」。海も近くて、プールやレストラン、雰囲気のいいカフェも併設、ちょっとした遊具や体験施設などもあって、このリゾート内にいればたっぷり楽しめる。子連れには最適な場所です。父と娘の旅・初級編としてもパーフェクト。

画像1: 奄美大島ではアットホームなリゾートを選択

奄美大島に昔から伝わる “ケンムン” という妖怪。そのキャラクターがろびんにそっくり(笑)。それを伝えるとすごく喜んで、それによって彼女自身もこの場所に愛着を持てたみたい。いい作用でした。

画像2: 奄美大島ではアットホームなリゾートを選択

施設内の小さな祠には、よく足を運びたがりました。毎回決まってお願いするのは、サンタさんからのプレゼント(笑)。子どものこういうところが可愛くてたまりません。

 

自由に、心の向くままに。
できることはなんでも自分で

画像1: 自由に、心の向くままに。 できることはなんでも自分で

こだわり派の彼女は、洋服のコーディネートは自分で決めます。つまり、お気に入りのドレスをずっと着続けることになるのですが(笑)、多少汚れていても僕も全然気にしない。彼女のしたいようにさせています。

画像2: 自由に、心の向くままに。 できることはなんでも自分で

髪の毛に挿しているグリーンのお花はガチャガチャでGETしたもので、この旅での彼女のお気に入り。とんでもない刺さり方をしているように見えますが、危険ではないのでスルー(笑)。

旅先では必ず防水のデジカメを持たせます。心に残ったものを自由に撮影するようにと伝えて。僕とのツーショット写真は、娘によるセルフィーです。

もちろん食べるものも好き放題! かき氷にジュースにアイスにケーキ。普段は “ごはんを全部食べないとアイスはなし” などの決まりがあるのですが、ここでは無視。

そう、この旅は何もかもがスペシャルで、基本的にNOはなし。彼女のしたいことを最優先するというルールを設けていました。そのおかげか、特にワガママを言うこともなく穏やかに過ごせた。日常の中で “なんでも自由” は難しいですが、“たまに自由” はきっと必要なこと。娘の心も解放されたみたいです。子どもにも、旅って大切なんです。

 

今、子どもたちとできることを
全部やりきりたい

画像1: 今、子どもたちとできることを 全部やりきりたい

旅先では、泣いたら必ず写真を撮るようにしていました。たまに唐突に寂しくなって泣いたりもする娘。そういう瞬間こそ、愛おしい思い出になるだろうなと感じていて。

画像2: 今、子どもたちとできることを 全部やりきりたい

特に娘との2人旅は、彼女が大きくなるにつれて難しくなっていくだろうから、幼いうちは毎年やりたい。今を精一杯噛み締めたいんです。さあ今年はどこに行こうかなって考えるだけでワクワクします。次は海外に出かけたいな。狙っているのはオーストラリアです。

こありっぷ(=子連れ旅)、お父さんにこそ実践して欲しい!と僕は思っています。驚きと感動だらけだし、意外とちっとも大変じゃない! ママがいる状況よりも、子どもは言うことを聞いてくれるんです、不思議と。

そして、お母さんに1人の時間をプレゼントしましょう! 実は、それこそが一番大事なことのような気もしています。それによって家族が円満になるわけですから、イイことだらけ。

 

旅は人を、家族を救うもの

画像: 旅は人を、家族を救うもの

僕の親父はヒッピーで、世界中をヒッチハイクで旅した人。「人生は旅だ」が口癖でした。悩んだり行き詰まった時は旅に出ろ、環境を変えろといつも言っていましたし、僕もそう思っています。

誰でもない自分になれて、生きる大切さが身にしみてくる。それが旅。その感覚は子どもにも伝えていきたいと思っています。だから僕は可能な限り旅に出る。思い立ったらすぐGOです。まだ0歳の息子とも、きっといつか2人旅に出かけるんだろうな。

 

Composition&Text:Urara Takahashi

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.