今月のこありっぱー
荒木里実

画像: 今月のこありっぱー 荒木里実

荒木里実/スタイリスト
『CLASSY.』『VERY』などの女性ファッション誌を中心に活躍する超人気スタイリスト。時代の気分を汲みとったイケてる女性像を描き出す達人。14歳&4歳の2男の母。
Instagram:satominsan

 

海の近くのキャンプ場を拠点に
わんぱく三昧な3泊4日!

画像: 海の近くのキャンプ場を拠点に わんぱく三昧な3泊4日!

夫はいわゆるサーファーで、上の息子も小1からサーフィンを始めました。なので、我が家の旅はとにかく海がらみ。海のあるところにしか連れて行ってもらえません(笑)。ビーチに近いキャンプ場にテントを張りっぱなしにして、そこを拠点に遊び倒します。

夫はとにかくキャンプ好き。そして私も自分の親がいわゆるキャンパーで、子どもの頃からキャンプは身近な存在でした。私は今でも、土や芝生の上を裸足で歩くのが大好き。東京から脱出したい時、リフレッシュしたい時は、自然の中に飛び込むのが一番です。だから、我が家がキャンプ一家になったのは自然であり、必然なんです。

 

とりあえず、出かける!
我が家の旅は行き当たりばったり

画像1: とりあえず、出かける! 我が家の旅は行き当たりばったり

2018年のGWの行き先は下田。3泊4日、ゆるゆるのサーフな休日です。泊まるところ(キャンプ場)だけ確保できたら、もうすぐに出発。やることは何一つ決めず、とりあえず出かけるのが我が家流。ワイルド……というと聞こえが良いですが、計画性のない家なんです(笑)。予定を立てるのがとにかく苦手で。

そんな理由もあって、キャンプが最適なんですよね(笑)。

画像2: とりあえず、出かける! 我が家の旅は行き当たりばったり

1歳半から連れて行かれている下の子は、テント暮らしがお気に入り。キャンプ道具は必要に応じて増やしていて、今では一通り揃いました。前もって用意するのは必要最低限、あとは足りない時に考える。基本、ほとんど現地調達、臨機応変。サバイバルです。

 

何を食べる? 何して遊ぶ?
100%風まかせ

画像1: 何を食べる? 何して遊ぶ? 100%風まかせ

これは帰りに立ち寄った滝なのですが、釣り堀になっていて。釣った魚を簡単にさばいてくれるので、それをお昼ご飯にしました。アクティビティと食事が一緒に楽しめて、一石二鳥! 下の息子も、おそるおそるですが釣り初体験。

朝ごはんはテントでパパッと済ませて、昼&夜は現地の美味しいものをいただくのが我が家の定番。食堂に行く時もあるし、市場で買った魚を調理したり、アヒージョを作ったり、アヒージョで余った油を活かしてペペロンチーノを作ったり。

画像2: 何を食べる? 何して遊ぶ? 100%風まかせ

釣り堀で釣った魚(マス)を焼いて食べる私と息子たち。下の子は、すべてに興味津々で、スポンジみたいに色々吸収していくから、とりあえずなんでも経験させています。

うちの子は2人とも男の子なので、野性的に育てることが目標。どんな環境でも、何があっても生きていける男にしたい。自分で工夫して、切り開ける男に。瞬発力のある男に! 家族キャンプはその訓練です(笑)。

画像3: 何を食べる? 何して遊ぶ? 100%風まかせ

もちろん、行き当たりばったりの旅には失敗談もたくさん。高速道路を降りた時、偶然目に入った“イチゴ狩り”ののぼりに「行きたい! 行きたい!」と瞬発力で提案したのは私。もちろん家族は大反対。「ママが奢るから!」と押し切り、向かったはいいものの、シーズンオフでイチゴは熟れすぎ、ぬるくて全然美味しくなくて……(笑)。家族は大ブーイング。

でも、失敗も一興。後々に話題になるのは、不思議と失敗談だったりするんですよね。

 

お兄ちゃん、頼りになります♡

画像1: お兄ちゃん、頼りになります♡

14歳と4歳、歳の離れた2人の兄弟はとても仲良し。お兄ちゃんは弟が可愛くてしょうがないみたいで、本当によく面倒を見てくれる。弟が帰りたくないとグズッた時も、「お馬さんやってあげよっか」なんてうまく誘い出したりしてくれます。はっきり言って夫より使える……(笑)。助かります。

画像2: お兄ちゃん、頼りになります♡

これは下田のサンドスキー場で遊んでいるところ。ソリで砂の坂を滑り降りるだけの遊びなのですが、特に弟くんが大興奮。彼は、大人3人の中で育っているようなものなので、とにかくやんちゃ。それを上手にさばくのがお兄ちゃんというわけなんです。

画像3: お兄ちゃん、頼りになります♡

ちなみにこのサンドスキー場、驚くほどの急勾配! でも、だからこそ楽しい! 砂だから転げ落ちても怪我をする心配はないし、砂が口に入るのはおかまいなし。食っとけ食っとけ! 免疫つくよ!という感じ(笑)。

 

キャンプは家族が団結するところ

画像1: キャンプは家族が団結するところ

そんな面倒見のいいお兄ちゃんですが、普段の生活では靴下は脱ぎっぱなし、そんなに積極的にお手伝いをしてくれるわけではないんです。暴露しますけど(笑)。

でも、キャンプだと率先して楽しんで動いてくれる。だから私も、基本的には子どもたちのやりたいことを最優先するようにしています。親が指示するのではなく、決定権は子どもたちに委ねる。「明日は何したい?」「どこに行きたい?」と息子2人に相談させています。慌ただしい日常生活の中ではなかなかできないことなので、そういう時間は本当に貴重!

画像2: キャンプは家族が団結するところ

例えばテントを張る時は、パパと上の息子が中心。それを私と弟がサポート。キャンプに行くことで、家族の団結力が高まっている気がしています。普段、一緒にいる時間が足りていないと感じているからこそ、ゆっくり過ごせるキャンプは、我が家にとってかけがえのないもの。最高にリラックスできる時間。仕事が忙しくなってくると、「キャンプに行きたい!」って思います(笑)。

あとね、キャンプ場で飲むコーヒーって美味しいんですよ♡ ちょっといいのを買っていって、プチ贅沢。私は家ではお酒もあまり飲まないのですが(やることがたくさんあるのに眠くなると困るので)、キャンプ場では毎日飲んじゃう。家族が仲良く過ごせて、お酒も美味しくて。ああキャンプっていいなーって毎回思うんですよね(笑)。

 

Composition&Text:Urara Takahashi 

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.