家族で行くなら、やっぱり定番のハワイがベスト! ホスピタリティ重視のもてなされる旅もいいけど、貴重なの家族の時間は自分たちで思いのままに過ごす旅の方が心地いい。チェックインしたら、買ってきた食材で料理をして、リビングに集まって家族のひと時を過ごす……。そんな旅にぴったりのコンドミニアムをご紹介!

 

目覚めればすぐ海!
水平線を望む夢の部屋

ワイキキ・ショア・バイ・アウトリガー
WAIKIKI SHORE by Outrigger®
ワイキキビーチの目の前という最高のロケーションにあるリゾート・コンドミニアム。オーシャンフロントの角部屋は、2ベットルームもあり、小中学生との旅行にも嬉しい。広々としたリビングルーム、キッチン完備の贅沢な空間はもちろんだけど、魅力はなんといっても海を見渡すベッドルームからの眺望。ダイヤモンドヘッドから真っ青な水平線までを一望するダイナミックなパノラマビューは、家族との思い出づくりに贅沢このうえない!

画像: 目覚めればすぐ海! 水平線を望む夢の部屋

正面の海から視線を横に向ければ、東側にはダイヤモンドヘッドの岩壁がそびえ、まさに絶景!

3方向オーシャンビューで
朝も夜もドラマチック!

画像1: 3方向オーシャンビューで 朝も夜もドラマチック!

ゆったりとダブルベッドが置かれた海に面したベッドルーム。窓の外、視線の先には真っ青な海と空がただただ広がるのみ。目覚めた瞬間から日没まで、一日中ベッドでゴロゴロしたくなっちゃうかも。

画像2: 3方向オーシャンビューで 朝も夜もドラマチック!

リビングとベッドルームから直結のラナイ。テーブルセットが置かれたゆったりしたスペースは、角部屋ならでは。夜明け前、静かな風に吹かれながら見下ろす、人けのないビーチと海の向こうに広がる朝焼けは格別。
 

画像3: 3方向オーシャンビューで 朝も夜もドラマチック!

エレベーターを出ると、角部屋まで長い廊下が続く。海に向かって、思わず走り出したくなる気持ち良さ。

 

暮らすように滞在する、充実感

画像1: 暮らすように滞在する、充実感

夕方、西日が注ぐ部屋の中。白い壁に差す柔らかな光の陰影は、ただそれだけでドラマチック。

画像2: 暮らすように滞在する、充実感

趣の異なる 2つのバスルームを完備。バスタブはなくとも、広くて清潔感のある明るい空間。ファミリーはうれしい。

画像3: 暮らすように滞在する、充実感

フル装備のキッチンには、トースターやコーヒーメーカーも。ゆっくり起きた朝は、淹れたてのオーガニックコーヒーとトーストで、のんびりと朝を過ごすのも楽しい。

画像4: 暮らすように滞在する、充実感

WAIKIKI SHORE by Outrigger®(ワイキキ・ショア・バイ・アウトリガー)
2161 Kalia Rd. Honolulu
☎03-4588-6441
お問い合わせ先:Outrigger Hotels & Resorts
 
2ベッドルーム・2バスルーム・オーシャンフロント
最低宿泊日数4泊 最大6名まで宿泊可能
1泊一室$744+税~、チェックイン15:00、チェックアウト11:00、駐車場有料、ハウスキーピング可能(24時間前までに予約)1回の滞在につき1室$195+税、チェックアウト時クリーニングフィー$250+税

 

Photo:Ryoko Amano(TRON) Text:Chisa Nishinoiri Composition:Yuki Miyahara Coordination:Kiyomi Furusawa Illustration:Tatsuhiko Kudoh Model:Maya , Tina

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.