画像: 台湾文化が詰め込まれた茶器・スキレットが一押し土産!

美味しいものを堪能したら、次はお買いものスポットも充実している「台北」でお土産を買いましょう! 

今回是非買って帰ってもらいたいのは、日本にはない台湾らしいもの。ずっと昔から普通に使われているものから、日本には真似できないような強いこだわりから生まれた新しいものまで、西に東に街歩きをしないと見つかりませんよ。作っている人、売っている人に会えばもっとディープな台湾を味わえます。ひと味違う台湾土産、持ち帰ってみませんか?

台湾在住で、台湾を知り尽くした青木由香さんにセレクトして頂きました! 

 

教えてくれたのは

画像: 教えてくれたのは

青木由香さん
神奈川県生まれ。2003年より台湾に住む。’05年、現地の出版社から出版された『奇怪ねー台湾』がベストセラーに。’11年には日本でも出版。’11年、’12年のFRaU台湾特集では愛情たっぷりに監修を担当し、『最好的台湾』という一冊にまとめられた。その他の著書に『台湾ニーハオノート』『好好台湾』『台湾の「いいもの」を持ち帰る』など。最新情報は「台湾1人觀光局」※「ほぼ日刊イトイ新聞」に支所あり。
 

 

いいお茶を美味しく飲むには
いい茶器を!

ドウツァイジーシャンホァー
鬥彩吉祥花茶器

画像: いいお茶を美味しく飲むには いい茶器を!

左から・茶杯1000元、茶托1000元、茶壺5200元

「お茶は茶器によって茶葉本来の味が出せなかったり、逆に魅力が増したりする。せっかくのいい台湾茶を、日本の自宅にある大きな急須で済まそうなんて思わないで! 茶道具は、適当なものでも値段はそこそこ。ならいっそのこと作家ものはいかが? 写真は、有名な黃昌蓋の作品。個性的で品がある絵付けに財布の紐、緩みませんか?」

沁園(シンユェン)
台北市永康街10-1號
02-2321-8975、02-2395-7567
営業時間 11:00~11:00
定休日 なし

 

ウマウマクリアスープを生み出す
レトロなカメ

タオツゥドゥンウォン
陶瓷燉甕

画像1: ウマウマクリアスープを生み出す レトロなカメ

蓋つきカメ 小 130~330元

「直火でなく蒸すことで、濁りない美味しい鶏のスープを作る。漢方を煎じるときにも使われる、食材の栄養と旨みを十分に引き出す。そこで登場するのは、この重い陶製容器。分厚いふたは、加熱時に旨みを閉じ込めてくれる。メーカーは数あれど、このレトロな庶民的なタイプが現代の食卓になかなか合うのです」

画像2: ウマウマクリアスープを生み出す レトロなカメ

泰元五金行(タイユェンウゥジンハン)
台北市萬華區康定路193號
02-2308-4244
営業時間 14:00~20:00
定休日 不定

 

農工具屋でクワ・カマと並ぶ
お洒落フライパン

ヂュウティエグォー
鑄鐡鍋

画像1: 農工具屋でクワ・カマと並ぶ お洒落フライパン

鉄のフライパン 大:400元、小:300元

「日本ではおしゃれな店で見かける鋳鉄製の鉄のフライパン『スキレット』。台湾では鍬・鎌を売る農耕具屋で売られている。日本より断然安い! 分厚い鋳鉄は蓄熱性が高い。ハンバーグなんか両面焼き色をつけたら火を止めてふたをするだけで、肉汁を閉じ込めてふっくら焼きあがる。ステーキだって最高だ。サイズは各種あり」

画像2: 農工具屋でクワ・カマと並ぶ お洒落フライパン

永興農具工廠(ヨンシンノンゴンチャン)
台北市大同區迪化街1 段288 號
02-2553-6545
営業時間 8:30~18:00
定休日 不定

 

※価格や内容は取材時から変更している場合があります。ご了承下さい。※1元(NT$)=約3.74円(2018年1月26日現在)です。


Direction & Text:Yuka Aoki Photo:Kiyoko Eto(Taipei), Riki Kashiwabara(cut-out)

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

This article is a sponsored article by
''.