画像: 子育て、私の場合【後編】藤代冥砂さん

一人一人、好きな食べ物や個性が異なるように、妊娠や出産の仕方、子育てだってみんなと同じじゃなくてもいい。親子の数だけ子育ての仕方もあっていいはず。子どもと向き合う時間は限られているからこそ、子どもの成長を感じて笑い、ときに悩み、ときに泣き。無我夢中で子を育ててきた。

毎回、子育てを経験したパパとママに話を聞く「子育て、私の場合」。今回は写真家の藤代冥砂さんにインタビュー。「子供が生まれたら一緒に過ごす時間をたっぷり取りたい」という以前からの希望をかなえるために行ったワークシフト、縁に導かれるようにして過ごした葉山での暮らし、沖縄への移住。母と子の関係性とはまたちょっと違う、父と子の絆とは。

 

▼前編はこちら

 

タフな経験も一緒なら乗り越えられる!
一生の宝物になる父と息子の2人旅

20代の終わり、2年間にわたる世界一周の旅を敢行した藤代さん。家族3人でのなごやかな旅行ももちろん楽しいけれど、旅のエキスパートである彼が本領を発揮するのは、やはり冒険心あふれるワイルドな旅なのだろう。龍之介くんが9歳になったとき、藤代さんが記念すべき初の男同士2人旅の行き先に選んだのは……なんとネパールのヒマラヤ山脈!

ヒマラヤの高峰を見渡すことができるアンナプルナ・ベース・キャンプまでの道のりを記した電子書籍のトラベルエッセイ『父と息子、ヒマラヤを旅する』(幻冬舎刊)には、臨場感たっぷりの動画も収録されている。

「なんで9歳だったかというと、自分が9歳のときに、富士山頂に登ったから(笑)。父の弟である叔父たち2人が富士山に行く話をしているのを聞いて、『俺も連れて行って!』と自発的に頼み込みました。実際に登山をしたときに、八合目で高山病みたいになって頭が痛かったこととか、粗末な山小屋でゴボウみたいに並んで寝たこととか、今でも覚えていますね。小さいときの経験って、ずっと残るんですよ」

ヒマラヤで、龍之介くんにも旅の楽しさがしっかりと伝わったおかげか、その後、父と息子は、学校の長期休みのたびに、さまざまな場所を旅するようになった。海外ではタイと台湾を訪れ、国内ではヒマラヤのトレッキングよりもはるかにきつい北海道の大雪山、トムラウシ山にも挑戦した。

「トムラウシは奥深い山で、山頂まで時間がかかり、山小屋などの施設も少ない。でも、自分としては、もうヒマラヤにも行っているし、大丈夫だろうなぁと思っていて。それが、登山のときは天候が悪く、雨で道はグチョグチョ、藪の中を延々と行く感じで。大人でも、げっそりするようなハードな登山だったんですよ。

さらに、これは自分の判断ミスなんですが、息子にすごく重い荷物を背負わせてしまった。ふつう、背負う荷物の量は、体重の3分の1くらいまでと言われているんですね。でも、よく考えれば、それは大人の場合。当時、息子は30kgあったから、10kgの荷物を背負わせたんだけど、小学3~4年生の未完成の身体には、3分の1じゃ、負担が大きすぎたんですよ。『荷物が重い、重い』と言って、途中から泣いていました。それまでの彼は苦しくて泣いたことなんてなかったから、本当につらいんだなと思って。

ついに荷物を地面にバーンと投げ出して、泣きじゃくって『もう俺はここで死んでもいい! もう動けない!』ってキレて。いきなり走り出したかと思ったら、大きな岩をグーッと持ち上げて、ウワーッと投げて。おぉ、その体力! と思ったんだけど、もうそれくらい怒っていて。よっぽど理不尽だったんだね。結局そのときは、自分の20kgくらいの荷物の上に息子の荷物を載せて、手を引っ張りながら登りました。大変だったね、あれは(笑)」

何とか無事に目的の行程を終えて下山した後は、ひとまず湖畔でキャンプ。ほっとしている龍之介くんに「よし、このままもう1本行くぞ!」と告げ、「えぇっ!?」と驚く彼を連れて、蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山に登ってきたというのだから恐れ入る。それでも龍之介くんにとって、父と登る山には、つらい体験を上回る大きな感動と喜びがあるのだろう。

画像: タフな経験も一緒なら乗り越えられる! 一生の宝物になる父と息子の2人旅

ちなみに次の旅の行き先はまだ決まっていない。現在、龍之介くんのスマホの待ち受け画面には、藤代さんも行ったことのないアラスカの壮大な大自然の景色が映っているという。

ちょうどその頃の忘れられないエピソードをもうひとつ。アメリカのカルチャーの影響が色濃い沖縄で育ち、週1回、英語学校でネイティブのお兄さんから英語を楽しく教わっていた龍之介くんを見て、藤代さんたち夫婦はインターナショナル・スクールへの転校を考えたことがあった。

「もっと外国語に慣れ親しんだほうがいいんじゃないかと思って。入学試験では自分たち親子とネイティブの先生方との三者面接があって、その面接の佳境のときに『将来、何になりたいですか?』と聞かれたんです。息子は先生に『Take your time.』とか言われながら、真剣に熟考していて……最後にポツッと言った返事が『Bear!』でした。あー、クマかぁ~って思いつつ、僕も妻も内心では(ナイス!)ってニンマリでしたね。帰宅後『パパとママは、あの答えはいいと思ったよ』って話したんですけど……結果はダメでした。甘かった(笑)」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.