画像: 子育て、私の場合【前編】藤代冥砂さん

一人一人、好きな食べ物や個性が異なるように、妊娠や出産の仕方、子育てだってみんなと同じじゃなくてもいい。親子の数だけ子育ての仕方もあっていいはず。子どもと向き合う時間は限られているからこそ、子どもの成長を感じて笑い、ときに悩み、ときに泣き。無我夢中で子を育ててきた。

毎回、子育てを経験したパパとママに話を聞く「子育て、私の場合」。今回は写真家の藤代冥砂さんにインタビュー。「子供が生まれたら一緒に過ごす時間をたっぷり取りたい」という以前からの希望をかなえるために行ったワークシフト、縁に導かれるようにして過ごした葉山での暮らし、沖縄への移住。母と子の関係性とはまたちょっと違う、父と子の絆とは。

 

パパになると同時に東京から葉山へ
かけがえのない時間の始まり

人物、風景、紀行など、あらゆる被写体を通じて、幅広い表現活動を続けている写真家の藤代冥砂さん。2005年にパパになる前の彼は、アイドルや女優の写真集の撮影を何十冊も立て続けに担当するなど、それはそれはハードな仕事ライフを送っていた。

「当時は1日に撮影が3本とか、常に仕事がぎっちり入っているような状態でしたね。もちろん仕事っておもしろいから、毎日充実はしていたんだけれど、なんかやっぱり心身ともに疲れというのはひしひしと感じていて。このままいったら、いつか倒れちゃうんじゃないか……という不安をおぼろげに抱いていたちょうどその頃、子どもができたんです」

奥さまであるモデルの田辺あゆみさんが妊娠中、2人で出かけた葉山でたまたま出会った70年代の中古住宅に一目ぼれ。急きょ、購入を決意し、出産と同時期に東京から転居。思いがけなく、葉山にて親子3人の生活をスタートすることになった。

「少年の頃からビートルズの音楽を聴いていたので、もともとジョン・レノンが息子ショーンの誕生を機に、音楽の第一線から身を引いて、ハウス・ハズバンド(主夫)になったというエピソードが刷り込まれていたんですよ。自分もいずれ子どもができたら、子どもと一緒にいる時間をたっぷり取りたいなって。

幸いなことに、フリーランスという働き方は、リスクはいろいろあるにせよ、自分で自由にコントロールできるというよさがある。だったら、子育てが始まる今こそが、フリーランスの特権を最大限に使えるチャンスなんじゃないかなと思いました。

葉山に家を移した後も、おかげさまで仕事は忙しかったんですけど、さすがに1日3本というスケジュールの入れ方はしなくなった。本当に自然にちょうどよいバランスになって。物理的に住居を東京から移すというのは、自分自身にとっても、対外的にも、分かりやすい効果があるんだなぁと思いました。結果、ジョンに憧れたイメージどおりに、十分な時間を子育てに使えた――という実感が今でも残っていますね」

それまでバリバリ働いていた人が、子育てを機に仕事をペースダウンすると、どうしても不安やあせりを感じてしまうもの。しかし、藤代さんの場合は、不安よりも、未来に対する期待のほうがはるかにまさっていたという。

「子どもと接することでかけがえのない時間を過ごせる、っていう予感にすごく満ちていて。初めてカメラを持ったときのワクワク感……もっとちっちゃい頃で言えば、グローブを買ってもらったときのワクワク感と似ているというか。自分にとって、新しくて、とても必要なことが今、目の前にあるのなら『仕事や生活はどうなるんだ?』とかはさておき、そこにまず一歩踏み出すべきだ! という想いに突き動かされちゃいましたね(笑)」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.