画像: 台湾・家族旅のおすすめ!台湾好きの料理家が選んだ3店

ここ最近の家族旅行として注目されている「台湾」。近いし、治安もいいし、安くて美味しいもので溢れている! せっかく行くなら大人も子どもも楽しめる台湾ならではのものを食べたい……。

そんなファミリーに行ってもらいたいお店をセレクト。料理のプロが認める店なら、きっとおいしいに違いない! 台湾好きの料理家たちに、つい通ってしまうお気に入りの店を教えてもらいました。

 

種福園斤餅牛肉店

1人目の台湾通
内田真美さん
雑誌、書籍、広告などで活躍する料理研究家。著書に『私的台北好味帖』、『私的台湾食記帖』、『洋風料理 私のルール』(すべてアノニマ・スタジオ)などがある。台湾の食と土地柄に魅せられ、15年以上通い続けている。
Instagram:@muccida

画像1: 種福園斤餅牛肉店

中国の東北地方の小麦粉料理が大好きだという内田さん。台湾でもこちらのお店で斤餅を楽しんでいるそう。

「店頭で職人さんが素晴らしい手さばきで小麦粉を練って平たく焼いたクレープ状の斤餅に、いろいろな具材を巻いて食べます。必ず頼むのは、もやしやキクラゲ、豆腐干などを炒めた上に薄焼き卵をかぶせた「合菜戴瑁」と、細切りの肉を炒めた「京醬肉絲」。あとは海老を炒めたものや、季節の野菜炒め、「清燉牛肉麺」などを合わせて頼むことも」

画像2: 種福園斤餅牛肉店

店主のおすすめの雞絲拉皮や涼拌牛筋などもぜひ食べてほしいとのこと。また、酸菜肉末や清燉牛肉湯を合わせると、さらにおいしいそうだ。斤餅は余ったら持ち帰りも可。店主のお母さんが「これで薄焼き卵を巻けば、台湾で人気の朝ごはんの蛋餅ができますよ」と教えてくれた。
 

画像3: 種福園斤餅牛肉店

種福園斤餅牛肉店
(ヂョンフーユエンジンビンニョウロウディエン)
松江店
台北市中山區松江路123巷12之1號
02-2507-9229
営業時間 11:00~14:00、17:00~20:30
定休日 旧正月

 

北平稻香村

2人目の台湾通
植松良枝さん
旬を大切にした料理を提案している料理研究家。野菜作りに加えて国内外への旅もライフワークのひとつで、台湾は10回ほど訪れている。著書多数。最新刊は、『スペイン・バスク 美味しいバル案内』(産業編集センター)。
Instagram:@uematsuyoshie

画像1: 北平稻香村

「台湾に行くならば「酸菜鍋」は必食! 人気有名店の『圍爐』や『長白小館』もおいしいけれど、地元の人で賑わっているお店が知りたくて、友人にこちらを教えてもらいました。早速行ってみたら、私たち以外は地元の人ばかりで観光客は皆無。鍋は豪快な印象で、もちろんおいしかった!」

メニューに北京ダックがあるため、鶏ガラや豚骨にアヒルのガラもプラスしているスープがおいしさの秘訣。自家製の酸菜、豚肉、肉団子、ハマグリ、豆腐、鴨血、春雨などたっぷりの具が入り、30年使い続けている手作りの銅鍋で提供される。たれは、腐乳や香油などが独自にブレンドされたもの。

画像2: 北平稻香村

小吃(小皿料理)もたくさんの種類があり、特に牛肉をパイのような生地で包んだ肉餡餅は名物。テイクアウトしていく人も多い。

画像3: 北平稻香村

北平稻香村(ベイピンダオシャンツン)
台北市大安區和平東路1段242號
02-2363-5161
営業時間 11:00~14:00、土日~14:30、16:30~21:00
定休日 なし

 

丸林魯肉飯

 
3人目の台湾通
小堀紀代美さん
東京・富ヶ谷のカフェ『LIKE LIKE KITCHEN』(2012年閉店)で料理人兼オーナーを務めた後、現在は料理家として雑誌などを中心に活躍中。スパイスやハーブを使った料理が得意。著書に『フルーツのサラダ&スイーツ』(NHK出版)など多数。
Instagram:@uematsuyoshie
 

画像1: 丸林魯肉飯

一昨年、初めて台湾に行ったその年のうちに、計4回も訪れたという小堀さん。

「一度行くだけでなんとなく土地勘がつくし、安全なので一人でも気ままに歩き回れるのが台湾のいいところ。雑誌で見て行ったここは1階がデリのようになっているので、いろいろな種類のおかずをセルフ感覚で好きな分だけ選べます。」

画像2: 丸林魯肉飯

「名物の魯肉飯は、日本のものよりもあっさりしていて私好み。小さなサイズがあるので、ごはんだけでお腹いっぱいにならなくて済むのもうれしいですね。気になっている台湾料理を一度にチェックできるので、初めて台湾へ行く人におすすめ!」

画像3: 丸林魯肉飯

2階は台湾料理のレストランとなっている。店の入り口には、その場で搾ってくれるフレッシュジューススタンドが。食後に買って、歩きながら飲むのも楽しい。

丸林魯肉飯(ワンリンルーローハン)
台北市中山區民族東路32號
02-2597-7971
営業時間 11:00~20:30
定休日 旧正月

 

※価格や内容は取材時から変更している場合があります。ご了承下さい。※1元(NT$)=約3.74円(2018年1月26日現在)です。

Photo:Yumiko Miyahama Coordinator:Top Taiwan  Text:Shiori Fujii

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.