画像1: #5 添い乳が夜泣きの原因!?

#5 Sleep Tips B-2
添い乳が夜泣きの原因!?
Breastfeeding and Sleep

「授乳→寝る」の癖をなくすことで
 夜間の頻繁な起床が改善!

授乳をしながら寝かせる」「添い乳で寝かせる」ことは、多くのお母さんが行っていることだと思います。私も、実は長男と次男どちらとも、添い乳をしていました。特に長男の時は、睡眠に関しての勉強を始める前だったので、「添い乳は楽!」と母乳アドバイザーに教わり、わざわざ添い乳を練習していたくらいでした。

次男の時は、今回お話する内容である長男の時の教訓があったので、添い乳は絶対しない! と思っていたのですが、次男の時は長男の時と違って日中は長男の世話もあるため、次男が昼寝をしていても、自分は休めないことが多い。だから、とにかく夜寝たい!!という気持ちが大きくなり、手軽に自分の睡眠時間を確保したくて結局添い乳を始めてしまい、ずるずると6ヵ月すぎまで続けてしまいました。
今思うと、当時、自分が少しでも睡眠をとるためには添い乳は必要な行為だったのかもしれません。しかし、添い乳が癖になってしまい、結果、子どもが夜中に頻繁に起きるようになってしまいました。

泣いたらすぐおっぱいをあげてしまうと、授乳が唯一のあやし方へとなってしまい、「授乳→寝る」という癖がついてしまいます。授乳をすればすぐ泣き止んでくれ、夜中もちょっと吸って寝てくれるため、その瞬間は楽だと感じるかもしれませんが、次第に夜中何度も起きるようになると、お母さんもお子さんも、質のよい睡眠が取れなくなっていくケースが多く見受けられます。

ただ、添い乳をしていても、十分な睡眠が取れてハッピーな方もいらっしゃると思うので、その場合は続けてください! 添い乳が必ず悪いというわけではありません。

しかし、頻繁に起こされ、全然眠れない! 
という方のために、なぜ頻繁に子どもが起きてしまうのか、そして、どのようにそれを改善できるのかをお伝えしたいと思います。

画像: 「授乳→寝る」の癖をなくすことで 夜間の頻繁な起床が改善!

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.