画像1: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

メイクをせっせとしていると、ジ――ッと感じるキッズからの熱視線。最近は専用コスメも充実していて目にする機会も多いから、余計にコスメを欲しがる子は多いはず。そこで日々、たくさんのコスメを試しまくるママ3人が、キッズへのプレゼントをピックアップ!

 

画像2: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ
画像3: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

キッズOKなクレンジングと
オーガニック系で本格メイクを実現

おませな5歳児はすでにデビュー済み。しかも彼女のこだわりは「ママと同じもので、ぐっとくるもの」ということで、いわゆる “デパコス” をシェア中。きっとそんな親子もいると思うから、がっつりメイクもやさしく落とせるクレンジングをセレクト。さらにオーガニックなのにきちんとカラフルなコスメもオススメ!

画像4: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

プラスリストア
クレンジングソープ泡 ホームケア 200ml ¥3500
5/23発売 (ジェイメック ☎︎0120-213-877)

クリニック用レーザーを扱うブランドが開発し、美容医療後の敏感な肌にもOKなやさしさがウリ。濃密な弾力泡が出てきて、肌にのせてモフモフするだけでメイクオフでき、ダブル洗顔不要。メイク遊び後の定番に。

画像5: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

トーン
右:ペタル エッセンス グロス 03 ¥2500
左:ペタル アイシャドウ 03 ¥2200
(トーン ☎︎03-5774-5565)

オーガニック認証取得のウチワサボテンオイルを配合したメイクライン。鮮やかな青み系ピンクグロスはとぅるんとなめらかで極上のリップ美容液を思わせるつけ心地。ポップなイエローシャドウと合わせれば、キッズのメイク魂も大満足。

 

画像6: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ
画像7: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

大人仕様のクオリティながら
“らくらくオフ” が子供向き

誕生会などの主役DAYには、メイクをしてお姫様気分にしてあげたい。けれど、子供用のおもちゃコスメでは発色がチープになりがちで、コントに出てきそうな“おてもやん顔”に。とはいえ、大人用では刺激が心配。イノセントな可愛さを引き出しつつ、ダメージレスなコスメをつねに模索!

画像8: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

エトヴォス ポンポンミネラルチーク
ピンクブルーム ¥1900
(エトヴォス ☎︎0120-0477-80)

透明感ある発色で、子供の肌にのせると天使のほっぺかと思うような愛らしい雰囲気に。原料はミネラルと天然色素のみ、クレンジングいらずで石鹸でオフできるという、子供の肌に負担の少ない使用感も親公認コスメのポイント。

画像9: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

レイナチュ ネイルケアカラー
ナチュラメパープル ¥1300
(レイナチュラル ☎︎03-6661-0201)

小学生女子はネイルが大好物。休日のたびに塗っては除光液でオフするのは結構な手間。けれど、レイナチュならお湯でペロリッとオフすることができ、とにかくラク。「塗って、塗って」要請に笑顔で応えるいいママになれちゃう♡

 

画像10: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ
画像11: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

ファーストメイクにふさわしい
見た目も可愛いコスメたち

5年生になった次男のお友達の女子たちはお化粧に興味津々。そんな女子へのプレゼントに選ぶのは、インスタグラマーにも人気な “映えコスメ”。手に取るだけでウキウキするグッドルッキングなコスメで、キッズだけでなくママの乙女心までくすぐります❤

画像12: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

エチュードハウス
ディアダーリン ウォータージェルティント PK005、RD307、PK004 各¥700
(エチュードハウス https://www.etude.jp/)

女子の♥をわしづかみにするキュートなアイスキャンディーモチーフ。キッズは薄〜く単色塗りでほんのり発色させて、ママはいつもの口紅に重ねづけしてツヤをプラス。リンクコーデならぬリンクメイクが楽しめます。

画像13: #13 愛しい子どもに贈るファーストコスメ

フィジシャンズフォーミュラ
ヌードウェア グロウパレット NWT01 Light ¥2200
(ノアビューティー ☎03-5413-8871)

思わずパケ買いしたくなる “映え” な見た目のパレットは、実はアメリカ発のアレルギー専門医開発の低刺激コスメ。チーク部分はラブリーな血色を作る淡いピンクだから、キッズにもお似合い。ブロンザーやハイライトもついているのでママのメリハリメイクにもお役立ち!

 

Photo:Ryoichi Onda Illustration:Yutaka Nakane Text:Hiromi Narasaki, Yuko Kaneko, Chiharu Nakagawa Composition:Makoto Tozuka

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

This article is a sponsored article by
''.