画像: 子育て、私の場合【後編】みうらじゅんさん

 一人一人、好きな食べ物や個性が異なるように、妊娠や出産の仕方、子育てだってみんなと同じじゃなくてもいい。親子の数だけ子育ての仕方もあっていいはず。子どもと向き合う時間は限られているからこそ、子どもの成長を感じて笑い、ときに悩み、ときに泣き。無我夢中で子を育ててきた。

 害虫駆除、浴槽に浮かぶうんちの処理、添えもんとしてのプライドが、みうらじゅんの子育てを支えている。幼い頃から自分の好きなものを見定め、逆に興味の持てないものは完全スルーするような、振り切った人生を送ってきたみうら。その経験は子育てにどんな影響を与えているのか。とりあえず、企画書は読んでくれていたみたいで、よかった……。

 

▼前編はこちら

 

家事をやったら2回に1回ほめてください

 俺ひとりっ子で、自分で何もしてこなかったんですよ。みかんに薄皮があることすら知らなかったんですよ。うちのお母さん、剥いて出してくれてたから。外側の皮剥いたら、みかんの缶詰状態で存在すると思ってました。そんななんで、歴代付き合った女の人にはいろいろ怒られてきたんですよ。親の教育が悪いとか。でも親まで出されるとね、さすがにこっちだって腹が立つ。俺だけだったら我慢するが、それ以上遡らないでくれ……と。

 でもまあそういう人生だったんで。洗濯もしたことなかった。親父が仕事だけやってた人で、お母さんは専業主婦。仕事を持った女の人って見たことないから、家庭が意外と忙しいことを知らなかったんです。男の半分以上は気がついてない、家事ってめちゃめちゃやること多いってこと。

 男ってね、少々汚れててもいいんですよ。少々汚れてても気にならないから、日々女の人が掃除してくれて綺麗を保ってることに気がついてない。だからね、水回りはもう俺がやろうと決めました。で、やってるんですけど、やるとなると男って洗剤はこれじゃないと、みたいなところがあって、凝らないと面白くない。だからちょっと高いやつ買ってみたりして。それがまた奥さんの評判悪かったりするんですけど。まぁ凝らないとハマらないんですよ。

 料理だって調味料とか妙に凝るやついるでしょ。それで高くついたりしてるでしょ。あれ、意味ないですよね。食べに行ったほうが安いですよね。でもそれぐらいやんないとハマらないんですよね。

 だから女の人に、これだけは言いたいんだけど、男が家のことをやりやすいような調教の仕方を覚えてほしいですね。2回に1回ほめるとか。“もうそんなこといちいちほめない” とか “分かるでしょ。言わなくても” って言うけど、実は分かってないから。公園で野球してホームランを打ったときには、おかんに報告して “やったね“ って言ってもらって完結なんですよ、男って。ほめられて伸びていくところがあるんで。なんかほめたら損だと思ってる奥さんがいるみたいだけど、ほめときゃいいじゃんって俺思うんだ。どっちもほめ合ってたら上手くいくんですよ。

 

勉強なんてしなくても実は大丈夫

画像: 勉強なんてしなくても実は大丈夫

 子どもだってほめときゃ上手く育つんですよ。俺、叱ったことなんて一回もないです。テストの成績が悪かったとしても、そもそも俺が赤点ばっかりだったので、よくテストの答案をドブに捨てて帰ってたし。いまだに俺、九九ができないし。7の段がとくにできない。子どもにたまにクイズで出されるけど、全然答えられない。小学校のとき九九ができないから廊下に立たされて、立たされたことで嫌になっちゃって、覚える気がなくなってもうできない。でもできなくてもなんとかなるじゃん。ケータイに計算機ついてるもん。だから絶対いけるんですよ。こんな常識がないやつだって生きられるわけだから。ほんとは大丈夫なんですよ。

 勉強なんてしなくても実は大丈夫。中学までしか行かなくてもほんとは大丈夫。でも親の見栄とかがあって、いいところに入ってもらいたいとか、いい子に育ってほしいとか。「これは親の見栄ですよ」って言って育てるんだったらそれもありだと思いますし、「お母さんの見栄だからしょうがねぇな」って子どもも納得すると思うけど。でも大概は「あなたのためだから」とか言うじゃないですか。でも大丈夫ですよ。中途半端が一番ダメだよね。振り切ったほうがいいし、そうやって振り切れる気持ちを育てればいいんだよね、親は。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.