画像1: 子育て、私の場合【前編】みうらじゅんさん

 一人一人、好きな食べ物や個性が異なるように、妊娠や出産の仕方、子育てだってみんなと同じじゃなくてもいい。親子の数だけ子育ての仕方もあっていいはず。子どもと向き合う時間は限られているからこそ、子どもの成長を感じて笑い、ときに悩み、ときに泣き。無我夢中で子を育ててきた。

 そして毎回、子育てを経験したパパとママに話を聞く「子育て、私の場合」。
今回は “マイブーム” や “ゆるキャラ” など、世の中でまだ名前がついていない物体や現象にいちはやく目をつけ命名し、常に新しい楽しみ方を提案してきたタレント・みうらじゅんさんにインタビュー。サブカル界の帝王であり、 “お父さん“ のイメージが皆無なみうらさん流の子供との向き合い方、家庭での顔とは―—。

 

画像2: 子育て、私の場合【前編】みうらじゅんさん

 取材場所であるご本人の事務所につくと、玄関でスリッパを出された。昭和の子なら反射的に手にとって頭を叩きたくなるようなフォルムのスリッパ。そこには銀色の明朝体で「みうらじゅん事務所」と書かれていた――。

 たくさんの本と謎の置物とみうらじゅん本人が不思議な一体感を醸し出すこの場所で、今日うかがうのは「みうらじゅんと子育て」。それはプロ野球選手に「昨今の物価上昇についてどう思われますか?」と聞くようなものというか、何らかの違和感をおぼえずにはいられない。みうらじゅん自身、現役の父親でありながら、「子育て」について語ることをほとんどしてこなかったから。大丈夫なのか……企画書は見てくれたのか……。少しの不安と大きな期待の中、インタビューは始まった。

 

添えもんとしてのプライド

 料理もね、たまにするんですよ。昔『みうらじゅんのマイブームクッキング』っていう料理番組をやってて、俺がテキトーに話しながら料理を作って、ゲストに毒見させるやつ。そこで少しはできるようになったんで。とりあえず甘辛にしとけばいいんですよ。俺もそうなんだけど、うちの子どもも甘辛が好きなんです。DNAが入ってるから。甘辛DNA。

 ただ俺にはないんですよ、栄養バランスという概念が。だからラクなんですけど、お母さんは大変ですよね。めんつゆ使ったら手抜きって言われるの? うそでしょ? あれ入れないとおいしくならないよ。なんか全部 “自然のものが一番” みたいなことを言うけどさ、うちらはチクロ食べてた世代だから。チクロだもん。もう舌が真っ赤になるようなやつ。チクロ(合成甘味料。現在は使用禁止)とか人造肉とかね。石油で作ってあるんだよ、人造肉。そんなのを食べさせられてた世代だから、あんまり自然にこだわるほうが変な感じがするよね。それはそれで病気だよね、ちょっとね。

 お母さんは大変だと本当に思うよ。前はほとんど家に帰ってなかったのでわからなかったですけど、最近よく家にいるんで。僕思うんですけど、大事なのは家にいることですよ。

 お父さんに子どもが懐かないとかあるじゃないですか。あれ、いないからですよ。いたら懐きますよ、誰だって。犬だって懐くじゃないですか。やっぱり一緒にいる時間を長くしないと子どもも懐かないですよ。結局、小学校の卒業式とかでもひとこと言うのはお母さんについてなんだよね。お父さんにはひとこともないんだよね。なぜならお父さんって添えもんだから。

 添えもんは添えもんとして自覚しないと。“添えもんなんだな!” って威張って言えるぐらいじゃないとダメだと思うよ。それこそが添えもんのプライドですよ。裏でカネ回しますからね、当然。お母さんがおこづかいあげるでしょ? で、当然こっちもポイント稼がないとだから、「内緒だよ」とか言って得意げにカネを渡す。それが添えもんのやり方です。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.