STAYCATION in 東・東京!

画像: STAYCATION in 東・東京!

自分の住む街を楽しむ旅 “STAYCATION” として、前回は東京の東側を遠征気分で満喫。EAST東京のイイところをたっぷりお届けしましたが、今回はその後編。ステイした清澄白河を後にして、月島・神楽坂・飯田橋といった、古き良き東京が味わえるエリアへ足を伸ばしました。

 

東京は文化がぎゅぎゅっと詰まった街

画像: 東京は文化がぎゅぎゅっと詰まった街

まずは位置関係をおさらい。清澄白河から月島までは、道が混んでいなければ車で10分ほどの距離。ひとつの街の、小さな駅の一つ一つに、それぞれ独自の文化が広がっているなんて。東京は何とも濃密で不思議で、奥深い街です。

 

清澄白河散策の後は
大きな公園でひと遊び

木場公園

画像: 木場公園

さて、旅に戻りましょう。街をぶらぶら散歩、大人はそれだけで十分楽しいけど、子どもはそのうち必ず飽きてくる。そんな時はやっぱり公園です。ちょっと体を動かせば、子どもたちの心って不思議と満たされるんですよね。旅先では公園の場所を事前に調べておくのが吉です。

木場公園』は東京にあるとは思えないほど広大な公園。テニスコートやドッグラン、ランニングコースにアスレチックなども。春には満開の桜も楽しめます。

子どもたちが小さい頃は公園に入り浸る日々でしたが、最近は友達同士で行くので、アスレチックで一緒に遊んだのは久しぶり。毎日の公園遊びも、振り返ってみれば贅沢でかけがえのない時間だったと、今更ながらに気づくのでした。

 

橋があったら渡るべし!

画像1: 橋があったら渡るべし!

公園の北側と南側を結ぶ木場公園大橋を見上げているうちに、渡ってみたくなりました。“そこに橋があれば渡るべし” は私のモットーですが、素直に従ってよかった。だってここからの眺めが最高なんだもの!

画像2: 橋があったら渡るべし!

全長250mの橋の上を、誰もいないタイミングを狙い、端から端までかけっこ。クラウチングスタートの真剣勝負、結果は紅の勝利でした。ヒールブーツを履いていたとはいえ、もう勝てないんだなあって。

木場公園
東京都江東区木場4〜5丁目、平野4丁目
1992年開園の比較的新しい公園で、敷地内にはBBQ広場や野外ステージも。毎年10月の江東区民まつりでは、伝統芸「木場の角乗」の実演も行われる。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.