STAYCATION in 東・東京!

画像: STAYCATION in 東・東京!

今回は、FRaUCATION初のSTAYCATIONで東京の東エリアへ。STAYCATIONとはStayとVacationからなる造語で、“自分の住む街に泊まって休暇を楽しむ” という意味。そういう目線で東京を楽しみましょう。

目黒区・渋谷区・港区が生息地の私にとっては、東京の東側はちょっとした遠征気分。特に清澄白河は、子どもたちが幼い頃、東京都現代美術館(改修工事のため現在休館中)を目的によく通った思い出の場所。ここがリニューアルオープンしたら、清澄白河はきっともっと魅力的になるはず。だからその前にもう一度、この街を探索しておこうと思いました。

 

1泊2日で満喫する「隅田川ルネサンス」

画像: 1泊2日で満喫する「隅田川ルネサンス」

今回の旅は隅田川がカギ。東京都と中央・台東・墨田・江東・荒川の隅田川流域5区が共同で取り組む街の活性化プロジェクト『隅田川ルネサンス』を満喫しようという旅程です。

清澄白河をメインに、上野や月島へ足をのばして、神楽坂や飯田橋にも。娘の学校が終わった金曜日の夕方から翌土曜日までをたっぷり遊び尽くす、FRaUCATION流・1泊2日の「東・東京こありっぷ」を実際のコースに沿ってお届けします。

 

親子一緒に楽しく学べる
巨大ミュージアム!

国立科学博物館(上野)

画像1: 国立科学博物館(上野)

東京の良いところはミュージアムが多い点。なかでもオススメNo.1は『国立科学博物館』。

真っ先に目に入るのは、地球最大の動物、シロナガスクジラの実物大模型。入り口横には1975年まで現役で活躍していたD51形型蒸気機関車も。入館前から母娘揃って胸の高鳴りが止まらない!

画像2: 国立科学博物館(上野)

1877年創立、昨年140周年を迎えた『国立科学博物館』。1931年に建てられたネオルネッサンス様式の「日本館」は重要文化財に指定されています。

吹き抜けの中央ホールにはドーム型の天井が。天気の良い日はこのステンドグラスが一層キレイ。

そして、ここ日本館にはなんと『忠犬ハチ公』のモデルになった秋田犬・ハチの剥製もあるんです。ここでの写真はあえて非公開。宝探しの感覚でぜひ探してみてね。

 

オススメは見どころたっぷりの「地球館」

画像1: オススメは見どころたっぷりの「地球館」

広大な『国立科学博物館』のなかでも、イチ押しは地下3階、地上3階からなる「地球館」。体験型の展示もあり、とにかく見どころがいっぱい!

映画『ナイトミュージアム』や『ジュラシック・パーク』、ドキュメンタリー映画『アース』などを親子で事前に観ておくと、より楽しめます。

たくさんの標本を前に、「これは美味しそう、これはマズそう、あれは絶対に毒持ち!」「あれは買ったら高そう……」などなど、会話が弾みます。

画像2: オススメは見どころたっぷりの「地球館」

子どもの豆知識を聞くのも楽しい。
「カモノハシは肛門、生殖器、尿道が全部同じ穴でね、そして肉食!」(紅の豆知識)

圧巻なのが大型哺乳類のコーナー(ヨシモトコレクション)。ここに展示されている剥製の大半は、ハワイの実業家・ヨシモト氏が狩猟したもので、博物館に寄贈されたそう。血管など細部に至るまで再現されていて、ものすごくリアルなんです。

画像3: オススメは見どころたっぷりの「地球館」

ガラス張りの床に立つと、動物たちのサイズ感がよくわかります。「ヘラジカってこんなに大きいの?!」と紅。

立ち寄らずにはいられないのがミュージアムショップ。恐竜好きには興奮を抑えられないラインナップです。Tレックス(茶色)、トリケラトプス(緑色)、ブラキオサウルス(青色)を抱えて、あれも可愛い、これも欲しいとおおはしゃぎ。

 

館内を巡りながら、さんざん親子で知恵比べを繰り広げ、結果は(もちろん)私の勝利! 昔、『わくわく動物ランド』で培った知識が役に立ちました。子どもはもちろん、大人も知らないこと、驚くこと、学ぶことがたくさん。じっくり見るなら丸1日覚悟が必要です。

国立科学博物館
東京都台東区上野公園 7-20
日本で最も古い博物館の一つで、国立としては唯一の総合科学博物館。452万点超の貴重なコレクションを有する。また年数回開催している企画展・特別展も人気。常設展示の入館料620円、高校生以下は無料。各種割引や特典がつく「リピーターズパス」は年会費1500円。金・土曜は20:00まで開館(入館は19:30まで)。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.