大自然の魔術が潜む小さな国

画像1: 大自然の魔術が潜む小さな国

前編に引き続き……)
行ってみたいと思い続けるより行ってしまおう! と、2017年最後の旅はアイスランドへ。この1年で訪れた国は仕事とプライベート合わせて11ヵ国。その中で最も行って良かった、絶対もう一度行きたい国はアイスランド!とのこと。

「これには同行した次女の紅も、フォトグラファーのダンも賛同。滞在中は、『海外は日本を旅し尽くしてから』という父が昔連れて行ってくれた、冬の北海道を一周したロードトリップを思い出しました。次回は父のように、ゆっくりと車でこの国を満喫するんだ、と心に誓いつつ、滞在は移動と睡眠を含め42時間というハードスケジュールで行ってきました」(クリス-ウェブ 佳子さん)

画像2: 大自然の魔術が潜む小さな国

 

 

ビョークと息子の写真が有名、
美しき青き温泉

Blue Lagoon(ブルーラグーン)

画像1: ビョークと息子の写真が有名、 美しき青き温泉

アイスランドといえば、の超名所にも足を運びます。

「ユルゲン・テラーがビョークと息子を撮ったあの写真を真似しようとトライしたけど、紅にはそのコンセプト伝わらず……(笑)」

画像2: ビョークと息子の写真が有名、 美しき青き温泉

天然温泉と思っている人も多いかもしれませんが、実はここ、70%淡水・30%海水の広大なお風呂。水着がマストなので、日本人には広大な温水プールといった方がしっくりくるかも。

水温は37〜40℃とぬるめで、ずっと入っていられます。

「カップル、グループ客が多く、みんな防水ケースに入れた携帯で写真を撮るのに大忙し。今この瞬間を楽しめばいいのに!とも思いつつ、でも、そのおかげでこの『ブルーラグーン』が有名になり、そしてアイスランドを訪れる観光客も年々増えていったわけですもんね」

画像3: ビョークと息子の写真が有名、 美しき青き温泉

真っ白の泥はシリカとミネラルたっぷり、泥パックすると肌がツルツルに。

「入浴エリア内に無料の泥BARなるものがあって、そこでは泥を好きなだけすくって顔に塗りたくってOK。塗って10分放置、そのままお湯で洗う。これは子どもも大喜び、親子で遊べます。顔だけじゃなく首にも肩にもたっぷりと」

「ね、これぞインスタ映え(笑)。ちなみに髪は、肌に反比例してバキバキに」

画像4: ビョークと息子の写真が有名、 美しき青き温泉

ここは朝7時から開いているので、サンライズを目指していくのがおすすめ(時期によっては8時からになることもあり)。

「遠く雪山の間から昇る朝日に照らされて、乳白色の水面が空と同じオレンジピンクに染まる、夢のような時間があるんです。靄がかかって本当に幻想的!」

ブルーラグーン
240 Grindavik
地熱発電で使われた排水を再利用した、世界最大の温泉施設。市内のバスセンターからFlybusかGray Lineのバスで1時間ほど。
2〜13歳は無料、14歳以上はスタンダードプラン6100ISK(約6600円)〜(2018年2月2日現在)。料金はプランやシーズンで変動あり。入場人数を制限しているため、公式サイトでの事前予約が必須。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.