今月の人。

画像: 今月の人。

( 映像ディレクター )
古屋雄作さん

1977年、愛知県生まれ。上智大学卒業後、テレビ制作会社に就職。2004年、テレビディレクター業務の合間に自主制作した映像作品『スカイフィッシュの捕まえ方』がビクターエンタテインメントの目に留まり、DVDとして発売される。独立後は、撮り下ろしのオリジナルDVDを中心に、テレビドラマ、書籍、ウェブ動画、マンガ原作など、様々なジャンルで活動。
 
主な作品に累計15万枚のDVD『人の怒らせ方』シリーズ(ビクターエンタテインメント)、連続ドラマ『神話戦士ギガゼウス』(関西テレビ)、『ダイナミック通販』(TBS)などがある。またミュージシャン “ノリアキ” や “ミルクラッパーShibori” などをプロデュース。
 
著作『うんこ漢字ドリル』(文響社)は、発売から3ヵ月で累計266万部を突破した。『うんこ漢字ドリル』の新シリーズ『うんこ漢字ドリル テスト編』が3月に発売予定。

 

「うわ! 次どうなるの!?」という
子どもの “ページめくり欲” を
上手く掻き立ててくれるのが楽しい

『ねずみくんのチョッキ』

画像: 『ねずみくんのチョッキ』

作:なかえよしを 絵:上野紀子 ¥1000/ポプラ社

おかあさんが編んでくれた赤い可愛いチョッキは、ねずみくんのサイズにピッタリ。そこへ、あひるくんがやってきて「ちょっと 着せてよ」と借りました。あひるくんがチョッキを着ていると、今度はさるくんがやってきて……。次々に動物の仲間たちが赤いチョッキを着ていくうちに、チョッキはどんどんのびてしまって……。

「僕が小さい頃に家にあって、ページをめくるたびに『うわ! うわ!』って思いながら読んでいました。娘に読み聞かせしたときも、ニコニコしながら、食い入るように見ていました。『次、何が出てくるんだろう?』っていう、どんどんエスカレートしていく感じが楽しいんでしょうね。絵の色使いやデザインもすごくかっこいいです」

 

どんなストーリーもユーモアと共に
受け入れるのが、絵本の懐の深さ

“日本一楽しい漢字ドリル” と銘打って、まじめすぎて退屈なイメージが強かった学参書界に革命を起こした大ベストセラー『うんこ漢字ドリル』

著者の古屋雄作さんはドリルを制作中、よく本屋さんの教育書や児童書のコーナーに行っては、いろんな本をチェックしていたという。そんなとき「あ、これ知ってる」と、手にしたのが、幼い頃によく読んでいた絵本『ねずみくんのチョッキ』である。

画像: どんなストーリーもユーモアと共に 受け入れるのが、絵本の懐の深さ

「改めて久しぶりに読んでみると、僕が記憶していたよりも、かなりかわいそうな話だったのでビックリしました(笑)。

ねずみくんのお母さんが編んでくれた大事なチョッキを、ほかの動物たちが寄ってたかって無理やり着て、結局ダメにしてしまう。ねずみくんがうなだれて、トボトボ歩いている後ろ姿は、見ていて心が痛くなりましたよ(笑)。でも、最後のシーンでちゃんと救いがあるんですよね。

読み手に『あーっ、どうなっちゃうんだろう?』と思わせる “主人公を困らせる話” は、絵本ではけっこう王道かもしれません。ピンチによる不安や緊張感をあおって、手に汗にぎるようなドキドキ感を盛り上げる。短いお話の中にも “不安と解放” のドラマがしっかり描かれているんです」

映像クリエイターという肩書きにはとうてい収まりきらないほど、さまざまな創作活動をしている古屋さんにとって、絵本作りもまた大いに興味のあるジャンルのひとつだ。

「いろんな絵本を読んで感じたのは、絵本って、やっぱり子どもが次のページをめくりたくなる “めくり欲” をいかに掻き立てるかが大事だということ。そのための切り口はひとつでいい、というか、あんまり複雑なことをしなくていいんだなって思いました。

実は今、温めている絵本のアイディアがあって、僕の中でタイトルも決まっているんです(笑)。いつか必ず実現したいですね」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.