スペクタクルな景色が広がる国へ

画像: スペクタクルな景色が広がる国へ

行ってみたいと思い続けるより行ってしまおう! と、2017年最後の旅はアイスランドへ。この1年で訪れた国は仕事とプライベート合わせて11ヵ国。その中で最も行って良かった、絶対もう一度行きたい国はアイスランド!とのこと。

「これには同行した次女の紅も、フォトグラファーのダンも賛同。滞在中は、『海外は日本を旅し尽くしてから』という父が昔連れて行ってくれた、冬の北海道を一周したロードトリップを思い出しました。次回は父のように、ゆっくりと車でこの国を満喫するんだ、と心に誓いつつ、滞在は移動と睡眠を含め42時間というハードスケジュールで行ってきました」(クリス-ウェブ 佳子さん)

 

大自然、治安良好、英語OK、
&超キッズフレンドリー

画像1: 大自然、治安良好、英語OK、 &超キッズフレンドリー

北海道と四国を足したくらいの国土に、氷河と活火山、そして間欠泉が点在するアイスランド。首都レイキャビック(よく見るレイキャビクより、実際の発音はこちらに近いとか)は世界有数の “空気が澄んだ街” として有名です。また北極の真下にあるため9月〜4月半ばまでは天気が良ければオーロラも見える!

「5月中旬〜7月末のサマーシーズンは、24時間明るい『白夜』に。また6月中旬の夏至からの約20日間は、真夜中に太陽が昇る神秘的な季節です」

日本からは直行便がないため、コペンハーゲン、アムステルダム、ロンドンのいずれかを経由します。フライトはどの経由地からでも3時間ほど。

画像2: 大自然、治安良好、英語OK、 &超キッズフレンドリー

2017年11月11日。デンマークのコペンハーゲン空港から、正午ですでに太陽が沈みかけているアイスランドのケフラヴィーク空港に到着!

「前日の夜に、この冬最初の雪が舞ったアイスランド。真っ白に染まった大地とほのかにオレンジ色の空。幻想的な景色に思わず言葉を失いました」

アイスランドでは、レンタカー以外の移動手段はタクシーかバスのみ。タクシーは驚くほど高いので、バスの利用がおすすめです。また、面白いのがそのシステム。レイキャビック市内であれば、乗車する際に運転手さんにホテル名を告げれば目の前まで送ってくれるのだそう。

「空港からはFlybus(フライバス)Gray Line(グレイライン)という大手2社の空港送迎バスが発着しています。料金もサービスもそれほど差はないので、今回は空いていたGray Lineを利用。チケットは空港のバスカウンターで購入可能です」

バスからの眺めも素晴らしく、壮大で途方もない景色が360°に広がります。

「隣に座っていたダンの『人間の目ってすごい。カメラレンズでは捉えきれない』という言葉が印象的でした」

画像3: 大自然、治安良好、英語OK、 &超キッズフレンドリー

「天然温泉にのんびりと浸かり、大きな湯柱を噴き上げる間欠泉に大興奮して、轟音を立て流れ落ちる滝の迫力に圧倒される。冬には氷河、フィヨルド、そしてオーロラを愛で、夏は白夜の空と色鮮やかな花をバックに馬に乗り、苔むした大地の真ん中で深呼吸。そんなダイナミックでエピックな大自然を子どもと一緒に満喫できるアイスランドは、遠くても行く価値100%です!」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.