息子が3人になり、
一番大変なことは、ケンカだ。

3人と休日を過ごすと、とにかく疲れる。工事中の部屋に住んでいるような気分だ。

工事であれば、耳を塞いでなんとか耐えてやりすごすということも可能だけども、子供だと巻き込まれるから、そうもいかない。

画像: 息子が3人になり、 一番大変なことは、ケンカだ。

ケンカの仲裁に入ったはずが、僕が悪いことになり、一平も二平も三平も僕を殴りだす、なんてことが、しれっと起きる。

僕自身はというと、弟と妹がいる3人きょうだいだった。
僕が大学進学のために東京へ行くまでずっと、弟とのケンカは続いた。真ん中の弟は妹ともケンカをしていて、僕と妹はケンカをしなかった。

男3人ではない分、いまの我が家よりはマシだったと思うのだが、本当によくケンカをしていた。

僕が編集として担当をしていた『宇宙兄弟』の作者・小山宙哉さんは、一人っ子だから、兄弟ゲンカがどんな原因で起きるのかを描くために、僕の実例を打ち合わせで話したりしていた。

ムッタが横を通った時にヒビトが舌打ちした、そんな理由で殴り合いになるシーンがあるが、まさに僕が高校時代に経験したことだ。

何にそんなにイライラしていたのだろう? 
小学生の頃は、車に一緒に乗ると、誰が真ん中でどのように座るかくらいで大ゲンカをしていた。

両親がそのような状況も許容していてくれたことに、今となっては、ただただ感謝。そして、毎日、息子たちのケンカに付き合っている妻にも、感謝だ。 

正直、仕事のトラブルの方が、僕にとってはずっとマシで、これから10年以上、我が家でこのような状態が続くのかと思うと、少々げんなりする。

子育ては、楽しいのだけど、ケンカをそばでみているのだけは、なんとも落ち着かない。

では、ケンカをしないように工夫をした方がいいのか? というと、それも良くない気がする。息子にケンカをするだけのエネルギーがないのも、親としては不安だ。

だから現状に納得して、大人しく従うような人にはなって欲しくはないのだけど、今、この瞬間は、都合のいい子になってくれることを望んでしまっているのだ。ケンカをするということは、自分がどうしたいか、きちんとした自己主張がある結果だ。

ケンカをしないでほしいというのは、親にとって都合のいい考え方すぎるかもしれないとも思う。

ということで、妻とどうやったらケンカが減るのかを話し合った。

妻の実家は館山にあるのだが、子どもたちが、館山に行って自然の中で遊んでいる間は、ほとんど兄弟ゲンカが起きていないという。 

その話を聞いて、ケンカが起きるのは仕方ないこと、とする僕の考えは揺らぎ始めた。

ケンカは、人間の動物的なぶつかり合いの証だと思っていた。しかし、田舎だと減るのであれば、パーソナルスペースを侵しあっていることへのストレスがケンカの原因かもしれない。

そのようなストレスはない方がいい。いや、社会に出て都会で仕事をすると、結局はパーソナルスペースを侵し合うような環境で仕事をするのだから、そのことへの耐性をつけておいた方がいいのか?

ケンカをすることは、いいことなのか、悪いことなのか。

きっと、程度によるという答えが返ってくるのだろうけど、実際子供にとって兄弟ゲンカは、どれぐらいの頻度が健全なのだろう?

グーグル先生なら、子供のケンカの良し悪しについてわかるだろうかと検索をしてみた。「喧嘩」と漢字で検索すると、漫画の『喧嘩商売』がでてくるけど、「ケンカ」なら色々でてくる。夫婦も友達も、みんないつになってもずっとケンカしている。

結果、あれやこれや悩んでいたけど、ケンカは人生につきもの。早めにたくさんして仲直りの仕方をたくさん知っておく方がいいという考えに心が決まった。ケンカが起きないように工夫するのではなく、仲直りの仕方で工夫しよう。

早速、「仲直り」でグーグル先生に頼ってみると……。

どうだったかは、自分でググってみてください。ちょうど子供のケンカがまた始まったので、僕はそちらへ(笑)

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.