画像1: #9 親子でスベスベ! 真冬のカサッカサ対策

昨晩まですべすべだったのに、朝、起きたら突然、カサカサだったり、粉をふいていたりするキッズ。パパ&ママにおいては少しでも気を抜くとすぐ大変なことに。そこで渾身のオススメ保湿ケアを紹介します!

 

画像2: #9 親子でスベスベ! 真冬のカサッカサ対策
画像3: #9 親子でスベスベ! 真冬のカサッカサ対策

洗いもの見直しと “膜ハリ” の
徹底でカサカサ肌を脱出!

乾燥肌や敏感肌の取材をすると必ずドクターが言うのは、洗うものの見直しと、肌表面に油膜をはること。ということで、ママのレスキューケアを娘にも。保湿力の高い洗顔料でカサつくボディも洗い上げ、お風呂上がりにしっかりワセリン配合バームでフタ!

 

画像1: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

IHADA(イハダ)
薬用バーム〈医薬部外品〉 20g ¥1350(2/1発売)
(資生堂薬品 お客さま窓口 ☎03-3573-6673)

純度の高いハイグレードワセリンを配合。スルーッとほどけて密着、しかもべたつかず、荒れぎみな肌を鎮めて潤いを密封。意外とニオイに敏感な子どもにも嬉しい無香性でご飯の邪魔をしません!

 

画像2: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

pupo(プーポ)
フェイスウォッシュ ベビーシトラス 150ml ¥1000
(イデアインターナショナル ☎03-5446-9530)

オリーブオイルやモモ由来セラミドなど天然由来成分99%。赤ちゃんにも使えるという優しい洗顔料はワンプッシュで出てくるふわふわの泡が心地いいうえ、洗い流した後は“もう保湿したっけ?”と思うほどすべっすべ。

 

画像3: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!
画像4: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

手間かけずに乾燥を乗り切る
デイリーリカバリーケア

湿度系が40%以下を示す極乾シーズンが到来。気を抜くと子供の肌はカサカサになり、喉に痛みが出るなど不調の連続に。手厚く保湿ケアしてあげたいけれど、働くママにそんな余裕はなし。無理なく毎日の生活に組み込める保湿ケアを模索し、辿り着いたのがこの2品。

 

画像5: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

パナソニック
ヒーターレス気化式加湿機 FE-KXP05
オープン価格(http://panasonic.jp

加湿+ナノイーによって肌の潤いスピードが約2倍、水分量は約3倍という優れもの。子供の乾燥肌に一晩で違いが出る上、喉の不調も消えるという威力がたまらん♪ 気化式なので1ヵ月で電気代約52円という安さも魅力的。

 

画像6: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

ドクターシーラボ
薬用メディカルエステハーバルバス 500ml(約17回分) ¥1800(☎0120-371-217)

海洋深層水やハーブが持つ肌あれ改善力がすばらしく、入浴剤をコレに替えるだけで、肌の潤い保持力がグッと上がる手応えが。塩素を中和する成分も含まれ、肌への刺激をやわらげてくれる安心感も頼もしい。

 

画像7: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!
画像8: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

乾燥だけじゃない!
疲れや花粉やインフル対策まで

寒風の中で遊びまわる息子たちと仕事と家事に追われてヘロヘロな私。理由は違うが冬場はひどい乾燥が悩み。そんな私たちの味方はおしゃなバーム。花粉やウイルスのブロックにコリほぐしなど、多機能タイプを選べば一石二鳥なケアまでも♡

 

画像9: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

ソープトピア
シアバター ミニ 33g ¥2000 (ソープトピア新宿フラッグス店 ☎03-5315-4574)

まるで「塗るマスク」。シアバターの見えないベールが乾燥を防ぐだけでなく、ウイルス、花粉、ハウスダストからガードしてくれる。ユーカリ、ラベンダー、ティーツリーレモンなどを配合した、癒やされる香り。

 

画像10: 洗いもの見直しと “膜ハリ” の 徹底でカサカサ肌を脱出!

ハーブファーマシー
アスリートバーム 30ml ¥3800(☎03-5484-3483)

マッサージで筋肉のだるさやコリをケアするバーム。塗るとじんわりほぐれる感触にやみつき。PC作業でガチガチなママの肩こりから、部活でしごかれてぐったりしてる息子の筋肉痛まで、これ1個でOK。もちろん保湿効果も◎。

 

Photo:Ryoichi Onda Illustration:Yutaka Nakane Text:Hiromi Narasaki, Yuko Kaneko, Chiharu Nakagawa Composition:Makoto Tozuka

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

This article is a sponsored article by
''.