今月の人。

画像: 今月の人。

(漫画家)渡辺ペコさん

北海道生まれ。2004年『透明少女』でヤングユー新人まんが大賞ゴールド大賞を受賞し、“YOUNG YOU COLORS”にてデビュー。以後、女性誌を中心に活躍。
繊細で鋭い心理描写と絶妙なユーモア、透明感あふれる絵柄で、多くの読者の支持を集める。  
青年誌初連載となった『にこたま』は、三十路手前の同棲カップルの現実を描き、大きな反響を呼んだ。その他の著書に『ラウンダバウト』、『東京膜』、『変身ものがたり』、『ペコセトラプラス』、『昨夜のカレー、明日のパン』、『おふろどうぞ』などがある。
 
現在は結婚の嘘と真実を鋭く描く『1122(いいふうふ)』を “モーニング・ツー” にて連載中。

 

子どもの頃の気持ちを確かめるために
昔好きだった絵本を読んでみる

画像: 子どもの頃の気持ちを確かめるために 昔好きだった絵本を読んでみる

子どもの頃によく読んでいた絵本を、大人になってから思い出し、改めて買い直したという経験がある人はどれくらいいるだろうか。漫画家の渡辺ペコさんの場合、大学生になって、ひとり暮らしを始めたときに「もう一度読みたい」という想いが胸に浮かんだのは、ロングセラーの『おだんごぱん』の絵本だった。

「別に、ひとり暮らしがさみしかったというわけではないんですけど、自分が好きだったものを、ふと思い出したりすることがあって。

『おだんごぱん』は小さい頃に何度も見ていたんですよね。ちょっと読み取りにくい、変な感じがすごく印象に残っていて。今読んだら、どうかな? と、子どもの頃の気持ちを確かめたくて読んでみたんだと思います。大人になって読んでみても、不思議な印象は変わらず、やっぱり好きだなと思いました。

民話って、どこか不条理なところがあるというか、いわゆる啓蒙的な絵本とは違う風味がいいんですよね。おだんごぱん本人は何も悪いことはしていないのに、最後はあっけなくキツネに食べられちゃったりして。

あと、私は小さい頃から食い意地が張っていたので、食べ物がおいしそうな絵本が好きだったんです(笑)。おだんごぱんはすごくおいしそうで、どんな味なのかな? って、いつも想像しながら見ていました」

絵が好みかどうかも、絵本選びの重要なポイント。『おだんごぱん』はセピアがかった渋い色使いも含めて、絵を描くことが好きだった幼少期の渡辺さんを惹きつけた。

「流行とは無縁の絵の強さ。タッチとしてはフワッと、ゆるい感じで、洒落ててかわいいと思うんですけど、甘くはないんですよね。おじいさんやおばあさんの表情もちょっと読めないですし(笑)。想像の余地を上手に残してくれている絵なんですよね。その後の好みにも影響を受けていると思います」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.