画像: 子育て、私の場合
【後編】枝野幸男さんインタビュー

34歳で結婚、不妊治療の末に42歳で授かった双子の男児は現在11歳。進学が公立と私立の小学校に分かれたため、1時間早く出る私立小の子の朝食と送り出しを、枝野さんが担当している。

ちなみに今朝、用意したのはトーストとバナナとヨーグルト。深夜まで家事と育児と後援会の仕事などをこなしている妻は寝かせ、時間差で育児を分担している。

「息子たちは朝に宿題もやっているのですが、間違っていないかチェックしてという妻のメモを今日は見落としてしまい、あとから責められました。一応子どもにも聞いたんだけど、そういうときってまた子どもは “大丈夫大丈夫” って言うわけよね。大丈夫じゃないのに(笑)。

こんな感じの妻からのダメ出しは毎日ですよ。イクメンなんてとんでもない。僕なんてぜんぜんやれてない」

だが、小学校受験時は仕事が忙しく、今以上に関われなかったと振り返る。

「当時はちょうど、与党で大臣をやっていた頃で、受験勉強のことを妻に相談されても、はっきり言って上の空なんですね。最初は勉強を教えてと頼まれたのですが、受験に出てくる問題は季節の花や風呂敷の正しい包み方など、僕の知らないことばかりで早々に家庭教師を免除された。

その時より今は、時事問題などがあるので以前よりももう少し宿題を見られているから、役に立っているかな」

おもに、算数と社会の宿題を見ている。「私立小はときどき、時事ネタが入るのね。けっこうリアルでおもしろいですよ」とはいえ、子どもが起きている間は、家庭で仕事の話はしないと、決めている。妻から、「子どもたちが聞きかじったことを、友だちに言ってしまうので、仕事の話はやめて」と言われたからだ。

後編は、等身大の枝野家の子育て事情、そして子育ての負担を社会でどうシェアしていくかについて。次第に口調が熱を帯びてゆく。

 

▼前編はこちら

 

やらないとしょうがないから
当たり前のようにやっている

「かみさんは私よりも社交性があって、友達が多く、孤独にならないタイプなのでまだ助かっていますが、祖父母の助けがなく、夫婦ふたりで子育てをするうちのような場合は、とくに妻に何かしらの気づかいは必要だなと感じますね。心の部分のフォローというか……。

それは都会、地方といった住む場所に関係なく。うちは双子で、年を取ってからの子どもなので、私も妻も体力がない。子どもが小さい頃は、走るのを追いかけるだけでも大変でした。

なので、妻がその子どもの大変な世話をしている間に、僕は食器を食洗機に入れようとか、朝、出勤前に洗濯を干していこうといった分担は、自然にできてきました。あ、いや~、こんなこと話したら “あんた、してないでしょ” ってかみさんに言われちゃいそうだな(笑)」

食洗機に汚れた皿をセットしてといった食器の片付けは、最初は夫人がしていたが、あるとき「この置き方だと、水が当たらないよ」と言ったら「じゃあ、あなたがやって」という流れで、彼の担当になった。同じようなきっかけで、洗濯物を干す担当になったのは前編で紹介した。

「夜中に洗濯機のタイマーを掛けると、朝起きる頃に洗い終わっているので、天気予報を見て外に干すか、家の中に干すか決めます。今朝は私が寝坊をして、干す時間がなかったので、今もそのまま洗濯機の中です」

どこにでもいる、共働きの夫婦の光景。国政に新風を巻き起こした党首であろうとなかろうと、育児には休みはない。

「やらないとしょうがない。生活が回っていかないから、あたりまえのようにやっているだけ」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.