画像: #3 結局、子どもはどのくらい寝かせればいいの?(後編)

#3 Sleep Tips A-1
睡眠量と活動量 -後編-
Average total sleep / Age appropriate wakeful periods

 

赤ちゃんの夜の睡眠の
良し悪しを決めるのは、
日中の活動時間と昼寝の長さ
(後編)

前回は一日に必要な睡眠量についてお伝えしました。では、次に『Age appropriate wakeful periods(年齢別の活動時間)』を見ていきたいと思います。活動時間とは起きていられる時間のことです。よく、

「起きてから、また寝かせるまでの間隔がわかりません。睡けの合図(目をこする、あくびする)を待っていると見逃すことがあり、寝ぐずりが激しく大変です。どうすればよいですか?」

というご質問を受けます。いつ寝かし付けをすればいいかわからない場合、こちらの表が便利になってきます。

画像: こちらは新生児から18ヶ月の活動時間の表です。

こちらは新生児から18ヶ月の活動時間の表です。

この表を見て、起きていられる時間って短い!と思った方がほとんどだと思います。活動時間に関しては様々な説があります。米国の小児科の先生には最初の4ヶ月から6ヶ月は、60分から90分の活動時間を目安に赤ちゃんを寝かし付けするのでよい、という方もいますが、疲れすぎてしまうと寝ぐずりが起こりますので、今回はより細かくお伝えしていきたいと思います。

もちろん、全てのお子さんがこの時間帯に当てはまるわけではありませんので、これを参考にしながら、いろいろと試してみてください。

では、詳細を見ていきましょう!(早産の場合は修正月齢を使用してください)

画像: 「起きてから、また寝かせるまでの間隔がわかりません。睡けの合図(目をこする、あくびする)を待っていると見逃すことがあり、寝ぐずりが激しく大変です。どうすればよいですか?」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.