画像: 【前編】子育て、私の場合
枝野幸男さんインタビュー

この秋、立憲民主党結成前日、「欅坂46の『不協和音』をカラオケで歌いたい」と漏らした枝野幸男さんは、とりわけ好きだという「一度妥協したら死んだも同然」というフレーズそのままに、妥協を許さぬまま選挙期間を駆け抜けた。

しかし、この日インタビューの現場に現れた彼は、信念を胸に永田町に大きな風を吹かせた新党の党首というイメージからは、だいぶかけ離れていた。

いつも時間に追われ、子どもの相手も家事分担もままならず、半ば忸怩たる思いを抱いているとのことだが、双子の息子たちの話になると「僕に似て、負けん気が強くてね」と相好を崩す。

今朝も洗濯物を干してきたというので、すごいですねと相づちを打つと、「僕なんてまだまだ。こんなんで家事を手伝っているなんて言ったら、ホント、妻に怒られますから!」と、顔の前で手を大きく左右に振る。
どこにでもいる、子ども好きのお父さんが、そこにいた──。

 

2年の不妊治療の末に授かった
双子の、大変すぎる育児に驚愕

「2年の不妊治療の末に授かったのは双子でした。当時、妻は37歳、僕が42歳。不妊治療は、精神的にも肉体的にも妻が辛そうでしたね。もちろん経済的にも負担は大きいです。で、いざ生まれてみると、これまた子育てが想像以上に大変で。

こっそり手伝いをあてにしていた大宮在住の義父母は高齢で、育児は厳しいとわかり、悩んだ結果、東京で自分たちでなんとか切り抜けようと。

現在は子供も11歳になりだいぶ楽になりましたが、乳児の時はもう本当に壮絶でした。なにがって、双子って一緒に泣いてくれないんです。夜中、交互に泣く。妻も僕も寝る暇がない。それが一番辛かったですね」

一人が夜泣きを始めると、もう一人が起きないように枝野さんは抱っこをして議員宿舎の外をあやして歩いた。

画像: 一人が夜泣きを始めると、もう一人が起きないように枝野さんは抱っこをして議員宿舎の外をあやして歩いた。

 

毎日の入浴も、介添えが必要だ。

「一人をお風呂に入れる人間と、終わったもう一人を外で受け取って着替えさせる人間が必要なんです。それで、党の仲間にお願いして、18時に会合を終了し、いったん僕は帰宅して子どもを風呂に入れる。それから再び仕事に出て、20時から会合開始というようなスケジュールにしてもらったりしました。乳児でしかも双子だと、とくに風呂や食事は、とてもじゃないが妻のワンオペではまわらないんですよね」

これは“枝野時間”と形容され、新聞記事になったことも。当時から民主党は男女共同参画社会の実現を掲げており、仲間の許容度が高く、救われたと枝野さんは振り返る。

「さすがに本会議は無理だけど、勉強会や打ち合わせなどはそれができた。あと、その頃僕は党内でも干されていたのでラッキーだったのです(笑)。でも、本来はこういうことを、誰でも当たり前のように言える社会、働く環境でなければいけないと痛感しますね」

以来、枝野時間は彼の周りでも浸透を始めた。

「たとえばお子さんのいる女性記者さんを含む懇談などのとき、彼女がいったん子どもの世話に家に帰り、夫と交代して、あとから懇談を再開ということもよくありますよ」

とくに大変だった思い出は何かと尋ねると「子どもの入院です」と即答だった。

「1歳の時、ウイルス性の胃腸炎1週間ほど入院しましてね。妻と交代で泊まり込みで看護しました。どちらかが病院にいるときは、もう一方は家にいる子の世話があります。

やっと退院だと思ったら、今度はもう一人が感染して、入院。二人が重なったことも。病院の待合室で、共働きの党のスタッフがやっぱり子どもが病気でばったり会って。お互いの大変さが手に取るようにわかって。仕事が終わると病院へ直行していた。あのときはきつかったなあ。まあ、小さいころはしょうがないんですけどね」

決して声高には言わないが、核家族で、綱渡りで子育てをする心もとなさ、経験に根ざした実感は、政治家として保育行政に目を向けるときのたしかな拠り所になっている。

「病児保育の必要性への深刻さは、経験しないとわからなかったことですね。それからうちは、バスを乗り継いだりして遠方の無認可保育園に通いました。議員の妻は公的には仕事と認められないので認可保育園には入れなかったのです。時間がないときは仕方なくタクシーで送迎も。本当に手が足りない時はベビーシッターさんを頼んだけれど、お金がかかるので常には頼めません。

保育所は数を増やせばいいというだけの問題じゃない。延長保育や病児保育、多様な働き方への対応など、きめ細かさこそ重要だと痛感しています」

それは、子育てをしたからこそ見えた立脚点であろうが、枝野さんは、いやいやとまたも首を横に振る。

「そんなに偉そうに言うほどやれてないですもん。妻と、全然イーブンになれてない。これでイクメンなんて言うのなら、もっとやらなくちゃいけないでしょ。今朝だって、息子のプリントをチェックする担当だったのに忘れて、妻にだめ出しされたばかりですから」

 

今朝も洗濯物を干し、
子どもに朝食を食べさせ
送りだしてから出勤
特別なことではなく、私にとってはそれが日常

議員の妻は、多忙だ。

「先日の選挙前後は、地元の支援者の皆さんへの挨拶まわりなど、僕は地元のことができないので、妻がほとんどを担いました。まさに、“国会議員の妻” という仕事をしているようなものだと思いますね」

現在、家族で夕食を共にできるのは月に3〜4回だという。

党首になり5年ぶりにSPがついたため、議員宿舎からの外出はすべて事前に連絡せねばならず、ふらりと家族で外食というわけにいかなくなった。

「官房長官の頃、一度、連絡せずに家族でラーメン屋に行ったら、運悪く週刊誌に撮られちゃった。ちゃんと連絡しないと、SPさんが怒られてしまう。それは申し訳ないですから。妻はふだんから家事すべてをやっているので、僕が夕食に揃うときくらいは外食にして料理を休ませてあげたいんだけど、やむなく家で食べることが増えました」

SPもおらず子どもが小さい頃は、よく休日に、議員宿舎から近い赤坂のTBSのスケートリンクに連れていった。その間に、妻は掃除をしたり、買い物へ。

かつてほど自由がきかず、妻、母としてもやることが目白押しの夫人は、どのようにストレスを解消しているのだろうか。

「妻を見ていると、子育ては孤独にならないことが大切だなと思いますね。彼女はもともとが孤独にならないタイプで、友だちが多く、子どもがいる義妹ともよく電話で話しています。こういうことが大変だよねと話せる相手がいる。妻がそういう友だちと会う時間を確保できるよう、夫側が協力することも大事かもしれませんね」

時間的にはイーブンではないが、枝野家の夫婦としての意識は男女平等であると、節々から伝わるエピソードがある。
たとえば洗濯物を干すのは彼の仕事だ。

「夜中にタイマーを掛けて、朝干します。あるとき妻に “この干し方だとお日様がまんべんなくあたらなくて乾かないんじゃない?” と注意したら “じゃあ、やって” と言われ、僕の担当に…… (笑)。週3回くらいかな。忙しいときは1〜2回です。息子のサッカーのユニフォームを最近見ないからやめたのかなとか、胴着を干しながら、あ、きのうは習い事の日かと知ったり。

今朝も、乾いた洗濯物の山がソファの上にあったので、そこから自分の服を探してたら、“抜き出すなら、ついでにたたんで” と言われました(笑)」

国会議員であろうがなんであろうが、家庭では父母、夫婦の役割はイーブンで、できる人ができることをやるというスタイルが自然に築かれた。

ただ、ことさら平等を意識したわけではない。

「子育てに巻き込まれるようにして、どうにかこうにか手探りでやってきたらこうなっただけです」

画像: 国会議員であろうがなんであろうが、家庭では父母、夫婦の役割はイーブンで、できる人ができることをやるというスタイルが自然に築かれた。

きっと、どんな夫婦もそうではあるまいか。暮らしの営みは、理屈ではない。

手探りで、その家庭なりの心地よい落としどころを試行錯誤しながらみつけてゆく。

子育てのタッグも同じだ。洗濯物から、自分の知らない子どもの時間を推し量る。

それが今の自分にできる精一杯だとしても、足りていないことを心得ておく。その自覚のあるなしは、パートナーにとっても大きいはずだ。

二人の子は、公立小と私立小とに進路が分かれた。1時間半早く家を出る私立小の子の朝食と送り出しは枝野さんの担当だ。

「今朝はトーストを焼いて、バナナとヨーグルトを出したかな。でも妻から頼まれたプリントのチェックをし忘れちゃってね〜。育児はだめ出しの連続ですよ」

そう言いながら、選挙中の映像で一度も見たことのないような顔で笑ったので、育児は楽しいかと聞くのはやめた。

後編へ続く

 

PROFILE

画像: PROFILE

枝野幸男 Yukio Edano

1964年、栃木県生まれ。立憲民主党代表。東北大学法学部卒業後、弁護士に。‘93年衆議院議員として政界へ。民主党結成以来、政調会長、幹事長など要職を歴任。内閣官房長官時代、東日本大震災の不眠不休の対応に対し、「♯edano-nero(枝野寝ろ)」の声がツイッター上で拡散。’16年、民進党幹事長を経て’17年10月立憲民主党を設立。‘98年、客室乗務員の女性と結婚。’06年、双子の父に。趣味はカラオケ。

 

▼後編はコチラ

 
Photo:Masaru Furuya Text:Kazue Ohdaira Composition:Shiho Kodama

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

This article is a sponsored article by
''.