日本におけるアレルギー疾患の
最大の敵はダニ!

アレルギーから子どもを守るために、日常生活において、親としてできること、気をつけるべきこととは? アレルギーを起こすしくみについて解説した前回に続き、今回はアレルギー疾患の最大の原因といわれるダニの実態に迫ります。

アトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくを悪化させる原因の中で、ダニはかなりのウエイトを占めていることが、世界的に知られています。特に日本においては、ダニこそが最も注意すべきアレルゲン。日本は相対湿度60~70%台で、ダニの繁殖に最適な気候であるため、日本の家の中には、欧米の10~100倍ものダニが存在しているのです。

また、アレルギー疾患のある子どもたちに、血液検査でダニの反応を見てみると、2歳未満だと40%、2歳~未就学児だと80%、小中学生になると90%以上と、実に多くの子どものアレルギー疾患にダニの影響があることが分かっています。

ダニは生き物なので、生きるための食料が必要です。ダニのおいしいエサになっているのが、住まいのホコリ(ハウスダスト)に含まれている髪の毛、フケ、垢、犬や猫の毛、鳥の羽毛など。

これらはタンパク質でできているため、ダニにとっては最高の栄養源になります。つまり家の中にホコリがたくさんあるほど、ダニはどんどん繁殖していきます。

 

アレルギーを引き起こすのは
体長1mmに満たないチリダニ

ダニと聞くと、人間をチクリと刺すような、比較的大きなダニをイメージする人も多いかもしれません。でも、アレルギーの原因となるダニは、0.2~0.4mmほどのサイズのヒョウヒダニ類と呼ばれるチリダニです。

目に見えないくらい小さくて、死ぬと粉々になって塵のようになるために、気管支の奥まで届いて、ぜんそくを悪化させたり、皮膚にすりこまれて湿疹を起こしたりするのです。

現状のアレルゲン生物の実態を調査するため、今回、ダイソンが独自に第三調査機関と協力して、ダイソンのコードレスクリーナーV8フラフィで吸い取ったハウスダストを分析したところ、被験者のリビングの床(調査用に180cm×90cmの範囲を2分間掃除)から、なんと243頭ものコナヒョウヒダニが検出されました。

コナヒョウヒダニは、数あるダニの中でも、アレルギーを引き起こす一番の原因といわれています。

画像: リビングの床から見つかった コナヒョウヒダニ (100倍)

リビングの床から見つかった
コナヒョウヒダニ(100倍)

このほか、38名の寝具と寝室の床から吸い取ったハウスダストを分析した別の調査結果でも、被験者全員の寝具と寝室の床からダニが検出され、そのほとんどがコナヒョウヒダニでした。

画像: アレルギーを引き起こすのは 体長1mmに満たないチリダニ

 

アトピー性皮膚炎もぜんそくも
冬が要注意シーズン

コナヒョウヒダニをはじめとするチリダニは、室温25℃を超え、湿度70%以上、つまり夏の暑い時期に卵を産んで増えます。しかし、気温や湿度が下がる秋になっても、ダニの数が減るどころか、夏より多くなるという調査結果があります。

画像: アトピー性皮膚炎もぜんそくも 冬が要注意シーズン

これは、現代住宅が高断熱・高気密に造られていることが原因です。冬でも暖かく過ごしやすい住宅は、そのぶん熱が逃げにくく、空気も滞留するため、一年を通じて、ダニが繁殖しやすい環境になっているのです。

さらに、アレルギーを引き起こすのは、生きているダニというより、ダニの死骸の破片や糞などです。夏の間に繁殖して死んだダニやその糞は、空気が乾燥する秋や冬になると、粉々に砕け、空気中に舞いやすくなり、呼吸とともに体内に入り込みます。

また、アトピー性皮膚炎の特徴的な変化は肌の乾燥ですから、ただでさえ湿度の低い冬は皮膚の表面が乾き、かゆみが強まるなど、症状が悪化します。ダニがアレルギーの最大の原因とはいえ、高温多湿の夏にかぎらず、年間を通してのアレルギー対策がとても重要になってくるのです。

 

清潔にしすぎると、
かえって免疫力が下がるって本当?

ダニ退治の基本は、やはり家の中をしっかり掃除すること。でも、その一方で「清潔にしすぎると、逆に免疫力が下がる」という意見を聞いたことはありませんか? これは、1989年にイギリスの学者Strachanによって提唱された “衛生仮説” と関係があります。

大家族で育った(特に男兄弟が多く、生まれた順番が遅い)子どものほうが、兄弟の少ない家庭で育った子どもより、アレルギー疾患が少ない。もしくは、ヨーロッパでは牧畜をしている農村の家庭で育った子どものほうが、都会の子どもよりもアレルギー疾患が少ない。といった疫学調査の結果から、ひょっとすると、不衛生な家の子どものほうが、清潔にしている家の子どもより、アレルギーになりにくいのではないか? という拡大解釈が生まれました。

しかし、この調査結果で重要なキーとなったのは、あくまでも、エンドトキシンという物質です。エンドトキシンは病原菌などの細胞壁に含まれる内毒素で、農村などの地域に多いとされています。

エンドトキシンには、アレルギーを起こす原因となるリンパ球の働きを弱める作用があるため、エンドトキシンが体内に侵入すると、気管支ぜんそくが起きにくい体質になります(ただし、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの発症率は、農村部と都会で差はありません)

確かに免疫力をつけるには、ある程度、細菌やウイルスを体に取り込むことが必要です。とはいえ、ただ家を汚くしておけば、たくさんの細菌を体に取り込めるというわけではありません。埃っぽい家の子どもがアレルギーにならないかというと、決してそういうことではないのです。

それでは、あまり神経質にならず、無理のないスタンスで、ダニを必要以上に増やさないためには、どうしたらよいのか。次回はアレルギーを起こしにくい環境作りについて紹介します。

 

Composition:Keiko Ishizuka

 

▼前回はコチラ!

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.