知的でフォトジェニックな
左岸の歩き方

画像: 知的でフォトジェニックな 左岸の歩き方

いい感じに適当で、そっとしておいてくれる。なのに一人でも孤独を感じることなく、ゆっくり時が流れていく……。そんなパリの魅力に30歳を過ぎて気付いたというクリス-ウェブ 佳子さん。

観光スポット目白押しだった右岸に続き、今回はシックで落ち着いた雰囲気の左岸をご紹介!

「最近は、舌の肥えた左岸人に挑戦するかのように、新進気鋭のシェフたちが次々にお店をオープンさせているんです。今回もとっておきの観光スポットと、新旧が混在するパリ左岸の美食シーンをレポートします!」(佳子さん)

 

暮らすように左岸を楽しむ

画像: 暮らすように左岸を楽しむ

エッフェル塔やオルセー美術館、大小のギャラリーが林立するサン=ジェルマン・デ・プレや、学生の街カルチェ・ラタンなどがあり、どこかアカデミックな雰囲気が漂う左岸。右岸に比べると観光客が少ないため、治安がいいのも子連れ旅には嬉しいところ。

「パリには、文化的かつ懐古主義的といった意味で “左岸人種” “左岸的” という言い回しがあるんです。左岸に住む人たちは派手なものを好まず、自分が左岸的であることに誰もが誇りを持っています。ちなみに “右岸人種” や “右岸的” といった表現はないんですよ」

 

ゆったりゆっくり過ごすなら
「Airbnb」が断然オススメ!

画像1: ゆったりゆっくり過ごすなら 「Airbnb」が断然オススメ!

4年前に初めて子連れでパリを訪れた時は “一番良いかたちで、暮らすように旅をさせてあげたい” という思いから、Airbnbで見つけたアパートメントに滞在したそう。

「朝は近所のベーカリーで焼きたてのクロワッサンを買い込み、外食に疲れたらスーパーで食材を調達して、一緒にディナーを作ったり。おかげで、普段と変わらぬ時間割りでゆったりとパリを満喫できました。なので、今回の旅もAirbnbで。ファシリティ(設備)もサイトでくまなくチェックし、24時間チェックインできるタイプをチョイスしました」

そして何よりロケーションにこだわって選んだのが、高級百貨店ボン・マルシェまで徒歩15分の瀟洒なアパルトモン。

「パリを堪能するには、パリジェンヌorパリジャンのお宅に滞在するのが一番! とにかくロケーションにこだわった今回の部屋は、3ベッドルーム、1バスルームの190㎡で、6人まで宿泊OK。4泊で約18万円だから、ホテルに比べたらずいぶんとお財布に優しい計算」

画像2: ゆったりゆっくり過ごすなら 「Airbnb」が断然オススメ!

パリのベーカリーは朝が早いのが嬉しい。到着した日の夕方、アパルトモン界隈を散策した時に見つけたベーカリーも早朝の7時から営業。

「そこで買った焼きたてのクロワッサンとサラダで朝食。“ここは自宅?” と錯覚するくらい、朝の時間がゆっくりと流れていきます」

画像3: ゆったりゆっくり過ごすなら 「Airbnb」が断然オススメ!

アパルトモンからはエッフェル塔もすぐ近く。お決まりの写真もしっかり撮影。エッフェル塔のライトアップは年中無休で、日没〜深夜1時5分まで。さらに、毎時0分からの5分間は、キラキラまたたくイルミネーションに包まれる “シャンパンフラッシュ” が!

「ここでとっておき情報。消灯時間の5分前、深夜1時からの5分間は、いつもとは違う真っ白のシャンパンフラッシュが起こるんです。とはいえ、これを見るために深夜のパリを徘徊するのは得策じゃない。だからこそ、エッフェル塔が見える通りに面した宿をAirbnbで探すのがオススメなんです」

airbnb
世界6万5000都市・200万以上の宿情報を提供する、世界最大級の民泊仲介サイト。
サクサク検索できる日本語版スマホアプリも便利。

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.