画像: 子育て、私の場合
【前編】作家・山崎ナオコーラさん

日々成長していく子どもとの暮らしは、ワクワクとドキドキがたくさんつまった、かけがえのない幸せな時間。1人1人個性が異なるように、子育てのスタイルだって、親子の数だけあっていい。分かりあうことだけが存在する世界でなくてもいい。

昨年、37歳で第一子を出産し、出産・子育てエッセイ『母ではなくて、親になる』が多くの人たちの深い共感を呼んだ作家、山崎ナオコーラさんに、今の毎日の生活や、子育てする中で感じていることについて話を伺った――。

 

母親という言葉をゴミ箱に捨てて
「母ではなくて、親になろう」と決めた

作家の山崎ナオコーラさんが、流産の経験や不妊治療について、出産、保育園探し……と、赤ちゃんが1歳になるまでの毎日を綴ったエッセイ集『母ではなくて、親になる』

出産や育児を経験者同士の共通言語にはしていない同本は、性別や世代の枠を軽々と超え、子どもがいる人はもちろん、子どもがいない独身の読者からも熱烈な支持を集め続けている。その間も赤ちゃんはすくすくと成長し、2歳も目前。

 
「子どもとの生活はものすごく楽しいです。やはり、カタコトの言葉を話すようになったのがおもしろくて。コミュニケーションと言えるほどのものなのか分からないですけど、一応やりとりがあって、人間らしい関係になってきたなぁと感じます。

私の場合は、ありがたいことに、子どもを産んだときから自分自身の体調もよく、夫もけっこう育児をするので、大変さはあまり感じなかったんですね。そのうちに……もしかしたら、思春期の頃とかに大変になるのかもしれませんが、今のところはずっと楽しいです」
 

“保活” の甲斐なく(?)、認可保育所も認証保育所もすべて落ちてしまい、いわゆる1歳児の4月入園はできなかったという山崎さん。今は一時保育制度を利用して、週3日、私立の認可保育園に子どもを預けながら仕事をしている。

 

赤ん坊を夫や保育士さんに任せるときに、後ろめたさを感じて、子どもに謝る人もいるそうだが、私は仕事のことで赤ん坊に謝ったことはない。

夫に赤ん坊を任せてカフェへ行くときは、「じゃあね。仕事してくるね。親が仕事した方が、△△(赤ん坊の名前)も幸せになるよ」と言い置いて出かけている。

男性が堂々とやっていることは、私だって堂々とやる。胸を張って仕事をして何が悪い。親の仕事が子供に不利益なんて聞いたことないぞ。
――『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)

 

「週3日で、朝9時から夕方4時まで。他にも掛け持ちしている園に預けたり、母に見てもらったりするときもあるので、何とかやれてはいますね。ただ、今後はできればフルタイムの保育園に移りたいと思っています。園までの送迎はぜんぶ一人で。

夫は町の本屋さんの書店員なんですけど、荷開けなどの作業があるので、朝4時半に家を出て、夕方6時頃に帰ってくるというスタイルなので、時間が合わないんです。

子どもが入園したのは1歳を少し過ぎた頃。初日はやっぱり泣いていましたね。でも、後から保育士さんに聞いたところ、泣くのは「バイバイ」って言うときだけみたいなんですよ。私の姿が見えなくなると、けっこうすぐに泣き止んで、1日目から、ごはんもお代わりして(笑)。2週間くらい経ったら「バイバイ」のときも大丈夫になりました。ここは楽しい場所だって、分かったみたいです」
 

入園後、しばらくの間、子どもが病気にかかりやすくなってしまうのは、集団生活を送る上での洗礼みたいなもの。山崎さんも子どもの病気には悩まされている。

 
「最初の半年間くらいは、子どもが免疫をつける期間。病気をもらってきては治し、また病気をもらってきて……という繰り返しだから、なかなか保育園に通えないよ、という話は周囲からよく聞いていたんですが、もう本当にリアルにそうで! 風邪が治ったと思ったら、今度は手足口病になったりして。また、子どもから私にも病気がうつるんですよね。

しかも、やっと保育園に入ったから、よし、仕事をしよう! と思って、スケジュールをどんどん入れちゃっていたので。そこは大変でした、物理的に。

子どもの病気のせいで人に迷惑をかけてしまったり、スケジュールを調整してもらったりするのが申し訳なくて。ただ、子どもと一緒にいる時間が増えること自体は、私の場合は感覚的に言えば幸せで、つらいわけではないので。まぁ、そのうち丈夫になるのかなと思っています」

 

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

 

This article is a sponsored article by
''.