お菓子作りの必需品といえば、卵、バター、小麦粉ですが、室温に戻す手間や、泡立て具合など、扱いにテクニックが必要なのも事実。

使わなくていいなら、お菓子作りのハードルがぐっと低くなるうえ、食物アレルギーを持つ方や子どもにも安心です。

体にやさしいうえに、誰が食べてもちゃんとおいしく、手軽に作れたら……。

そんな願いを叶えてくれるレシピを、foodremediesに提案していただきました。

 

教えてくれたのは……
foodremedies.info
長田佳子さん
foodremediesという屋号で活動する菓子研究家。パティスリーやレストランで経験を積んだ後、YAECAのフード部門、PLAIN BAKERYを経て独立。
 
心と体にやさしく寄り添うお菓子は、ひと口食べるとほっとする味わい。
 
著書に『foodremediesのお菓子』(天然生活ブックス)がある。

 

オレンジのバニラキャラメルソース

◆材料(作りやすい分量)

きび砂糖………………60g
水………………………30ml
生クリーム……………50ml
バニラビーンズ………1/6本
オレンジ………………1個
キャラウェイシード…ひとつまみ

◆作り方

1. バニラビーンズに切り込みを入れ、包丁の背でしごき、種をかき出す。

画像1: ◆作り方


2. フライパンにきび砂糖と水を入れて中火にかける。きび砂糖が溶け、大きな泡がなくなるまで煮詰める。

画像2: ◆作り方


3. に生クリームを少しずつ加えながらかき混ぜ(飛び跳ねるのでやけどに注意)、のさやと種を入れ、弱火で3分ほど煮る。

画像3: ◆作り方


4. オレンジは外皮をゼスターやピーラーなどで削りとってから(飾り用にとっておく)、薄皮ごと包丁でむく。薄皮と身の間にナイフを入れ、ひと房ずつ果肉を取り出す。あればバーナーで表面に焼き色をつける。

画像4: ◆作り方

 
5. のバニラビーンズのさやを取り出し、器に流し入れる。のオレンジをのせ、オレンジの皮とキャラウェイシードを散らす。好みでエディブルフラワーを飾る。

画像5: ◆作り方

 

COMMENT 
キャラメルソースをあしらうだけで、見慣れた果物が立派なデザートに。バニラの甘い香りに、キャラウェイシードのさわやかな風味がアクセント。
 
ぜひ、オレンジ以外の柑橘やプラム、イチゴなど、季節のフルーツでも作ってみて。


cooking&styling:Kako Osada photograph:Nahoko Morimoto illustration:Izumi Shiokawa text:Shiori Fujii

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

This article is a sponsored article by
''.