画像: 読書芸人 カズレーザーの『自分の子供に読ませたい5冊の本』

独身子ナシ、作る予定もないんですが……もし自分に子どもがいたら読ませたい5冊です。

 

1冊目:『高村光太郎詩集』(岩波文庫)

まずは『高村光太郎詩集』(岩波文庫)にも収録されている「ぼろぼろな駝鳥」を小学校へ入学する頃に。

画像: 『高村光太郎詩集』 「言葉と向き合う原体験にもなった」という「ぼろぼろな駝鳥」ほか、93の詩を収録。作者の真実への思いから生まれた13行の短い詩は、生前自ら編んだ詩集で読むことができる。

『高村光太郎詩集』
「言葉と向き合う原体験にもなった」という「ぼろぼろな駝鳥」ほか、93の詩を収録。作者の真実への思いから生まれた13行の短い詩は、生前自ら編んだ詩集で読むことができる。

簡単な言葉で書かれた短い詩ですが、文字の羅列が情報を記すだけではなく、メッセージを伝えられること、感情に訴えかけることができることを、この詩で学んでほしい。詩の最後にある「人間よ、もう止せ、こんな事は。」という一文は、5〜6歳でも何かしら感じることがあると思うし、人生の色々な局面で思い返してほしい。

今の世の中は、背中を押してくれる言葉ばかりが溢れているけど、時には立ち止まって考えることも、後戻りする勇気を持つことも必要だと思うんですよ。俺は塾の国語のテストで初めてこの詩を読んで、もうテストどころじゃないくらい衝撃を受けました。直球勝負、13行の詩の中にある全ての言葉が問題提起になっている。未だにこれを超える詩には出会えていません。

 

2冊目:三田村信行『おとうさんがいっぱい』(フォア文庫)

2冊目は、読書感想文の課題図書に選定してほしい、三田村信行『おとうさんがいっぱい』(フォア文庫)を、小学校2〜3年生の夏休みに。

画像: 『おとうさんがいっぱい』 「表題作以外の4編もトラウマ級。大人が読んでも絶対ハマる!」。三田村信行のシュールな文学世界を、佐々木マキの挿絵が押し拡げるロングセラー。小学校中・高学年向きの児童文学。

『おとうさんがいっぱい』
「表題作以外の4編もトラウマ級。大人が読んでも絶対ハマる!」。三田村信行のシュールな文学世界を、佐々木マキの挿絵が押し拡げるロングセラー。小学校中・高学年向きの児童文学。

5つ入った短編、全部不条理。表題作は、3人に増えたお父さんから、主人公の少年が1人を選び、選ばれなかったお父さんたちはどこかへ連れて行かれ、日常を取り戻したと思ったら、最後にもう1人の自分が現れて終わる。この裏切りの1行、これこそ物語の一番のカタルシス!

国語の教科書に載っている物語は、人も死なないし誰も騙されない、綺麗事ばかり。でも世の中は違うじゃないですか。子どもが読み終わったらオレンジジュースで晩酌しながら、書かれていなかった部分について話したいです。どうなると思う? って。

 

NEXT≫「こんな面白い文章書けるわけないと打ちのめされた」

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

人気記事

 

This article is a sponsored article by
''.