“美しさ” と “美味しさ” をキッズにも

画像: “美しさ” と “美味しさ” をキッズにも

いい感じに適当で、そっとしておいてくれる。なのに一人でも孤独を感じることなく、ゆっくり時が流れていく……。そんなパリの魅力に30歳を過ぎてやっと気付いたというクリス-ウェブ 佳子さん。

今回は、子ども連れでも楽しめる観光と、その近隣のおすすめレストランにフォーカス!

「いわゆる “THE 観光” は他のガイドブックにお任せして、少しディープなパリ攻略法と、現地在住の友人やパリに詳しい友人も太鼓判を押す、“ツウ” なレストラン情報をお届けします」(佳子さん)

 

右岸ではパリの王道を堪能

画像: 右岸ではパリの王道を堪能

パリは東から西へゆるやかに流れるセーヌ川を挟み、右岸の「Rive Droite(リーヴ・ドロワ)」と、左岸の「Rive Gauche(リーヴ・ゴーシュ)」の2つに分かれます。右岸はルーヴル美術館やオペラ座、凱旋門、シャンゼリゼ通りやコンコルド広場などの観光スポットが集約し、とてもパリらしい雰囲気。

さあ出かけましょう! 華やかで賑やかな右岸へ!

 

歴史のある回廊に
センスのいいショップがひしめく

Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

画像1: Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

“王宮” を意味するパレ・ロワイヤルは、かのルイ14世が幼少期を過ごした場所。

庭園をコの字に取り囲む建物は王家がヴェルサイユ宮殿に移った後に作られ、それらが住居や店舗として市民に貸し出されると、たちまちパリの人々の集う場所になったのだとか。

画像2: Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

パレ・ロワイヤルの魅力といえば、何といっても回廊の美しさ! 建物と同じコの字形に、庭園をぐるりと囲んでいます。歴史を感じるパリらしい景観は、映画の撮影場所としてもよく使われるそう。

画像3: Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

「実はフランス革命の発端も、西側の回廊にあるカフェ・ド・フォワの前で起こっているんです。革命派が民衆へ『諸君、武器を取れ!』と呼びかけたのが、まさにこのパレ・ロワイヤル!」

画像4: Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

回廊には、ハイブランドに新進気鋭のショップ、ヒップなレストランから歴史のある画廊まで、さまざまな店がズラリ。老舗ヴィンテージショップDIDIER LUDOT(ディディエ・リュド)には、スタイリストのレイチェル・ゾーらも足を運ぶそう。

ラインナップは、ステラ マッカートニー、ピエール アーディ、アクネ ステュディオス、リック オウエンスにセルジュ ルタンス……など。さすがファッションの都、パリ!

画像5: Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

「話題のCafé Kitsunéもあります。トレンドもしっかり取り入れるところがパリ♡」

画像6: Palais Royal(パレ•ロワイヤル)

回廊の内側、中庭に面した部分にはテラス席もあり、人々が思い思いの時間を過ごす。

「買い物をしたり、お茶したり。有名な観光地ながら、ゆったりとした気分になれる場所です」

 

回廊に囲まれた庭園は
パリっ子たちのオアシス

画像1: 回廊に囲まれた庭園は パリっ子たちのオアシス

噴水のある中庭では、パリに住む人々の日常の風景を垣間見ることができる。

「ペタンク(フランス発祥の球技)をするおじさんに、真ん中の噴水辺りではデッキチェアに座って読書に没頭する人、話し込むカップル。中には昼寝をしている人もいて、パリの中心部とは思えない、とても静かで穏やかな雰囲気です」

画像2: 回廊に囲まれた庭園は パリっ子たちのオアシス

落ち葉まで美しい並木道。パリは秋もまた格別!

画像3: 回廊に囲まれた庭園は パリっ子たちのオアシス

家族連れも多いパレ・ロワイヤル。子どもたちがのびのび走り回れる点でも、“こありっぷ” に最適。

 

ストライプ模様の円柱は
絶好のフォトスポット

画像1: ストライプ模様の円柱は 絶好のフォトスポット

パレ・ロワイヤルに入ると、まず目に入るのが、たくさんのストライプの円柱!

「コンテンポラリー・アーティスト、ダニエル・ビュランの作品。252本の円柱からなり、そこに描かれたモノクロのストライプと古い建物との調和が見事。絶好の記念撮影スポットです!」

画像2: ストライプ模様の円柱は 絶好のフォトスポット

そのストライプのうち、1本だけが水の流れる場所に。柵の外からコインを投げ、円柱の上に載せられると良いことがあると言われている。

「私も次女も失敗……。2枚しか載っていなかったので、これは相当難しいチャレンジかと(笑)」

画像3: ストライプ模様の円柱は 絶好のフォトスポット

「ちなみに隣ではホームレスのおじさんが不思議な道具で水に落ちたコインを集めてた……。私たちが投げたコインも、見事におじさんに回収されてしまいました(笑)」

パレ・ロワイヤル
Place du Palais Royal – 75001 Paris
 
18世紀にオルレアン家によって作られた美しい回廊が有名。
さまざまなショップと美しい庭園が隣り合う、市民たちの憩いの場所。

 

足を踏み入れるとそこは
まるで19世紀のパリ!

Galerie Vivienne(ギャルリ・ヴィヴィエンヌ)

画像1: Galerie Vivienne(ギャルリ・ヴィヴィエンヌ)

パレ・ロワイヤルの中庭を突っ切り、ボジョレー通りとプティ・シャン通りを横断して辿り着くのは、“パリでもっとも美しいパッサージュ” ともいわれるギャルリ・ヴィヴィエンヌ。

パッサージュは19世紀以降のパリで盛んに作られたいわゆる商店街で、中は19世紀のパリにタイムスリップしたかのような美しい空間。

「高田賢三さんが1970年に最初のブティックを出店した場所としても有名。天井はガラス屋根で覆われているので、雨の日の散歩コースに最適です!」

見上げれば瀟洒なガラス屋根、足元には色鮮やかなタイルのモザイク模様。他にも、いたるところに壁画や彫刻が施されており、どこを見てもため息が出るような美しさ! 

ギャルリ・ヴィヴィエンヌは車の通行を禁止したことが功を奏し、完成当時(1825年)の面影が今も色濃く残っています。

画像2: Galerie Vivienne(ギャルリ・ヴィヴィエンヌ)

現在は雑貨店にカフェ、レストラン、プレタポルテやアクセサリーブランドのブティックも。散策の途中、古本屋を発見。本屋にはとりあえず立ち寄る主義の佳子さん。

「2013年に来た時は、子どもたちにコインを渡して、“この本屋のポストカードの中から好きなのを買っていいよ” って。子どもたちに自由にお買い物をさせてあげるのも、旅の醍醐味」

画像3: Galerie Vivienne(ギャルリ・ヴィヴィエンヌ)

「パリらしくて可愛いおもちゃ屋さんも。すかさず遊びに行く次女……」

画像4: Galerie Vivienne(ギャルリ・ヴィヴィエンヌ)

ここはギャルリ・ヴィヴィエンヌの外側。パリはどこを切り取っても、本当に絵になる!

ギャルリ・ヴィヴィエンヌ
4 rue des Petits Champs 75002 Paris(プティ・シャン通り側の入り口)
 
19世紀のパリの雰囲気をそのまま残すパリ随一のパッサージュ。
有名ブティックからアーティストのアトリエまでさまざまな店が立ち並ぶ。

 

「お腹すいたね」「何食べる?」
右岸でオススメのレストランたち

画像1: 「お腹すいたね」「何食べる?」 右岸でオススメのレストランたち

たくさんのレストランが立ち並ぶパリで、味と値段に納得なのはもちろん、雰囲気よし、サービスよし、さらに子連れで行けるお店を探すのは至難の業。口コミサイトもあまり信用できないとか。

「40件の口コミすべてが5ツ星という店が、行ってみたら大失敗だったことが。そんなことにならないよう、今回はパリに住む友人たちからおすすめのレストランやカフェをたくさん教えてもらいました。そして、行けば必ず訪れる私が大好きなお店も! できれば予約が確実です」

画像2: 「お腹すいたね」「何食べる?」 右岸でオススメのレストランたち

「ひとつ前の写真で、壁に貼りつけられたピンクのガムに思わずParisと書いたのは私。ですが、それに使った赤ペンは実は次女のもの。あとで激怒されてしまいました(笑)」

 

名物おじさんに会える
チャイニーズキュイジーヌ

Dave (デイブ)

画像1: Dave (デイブ)

ファッション、エンターテイメント業界の人々がこよなく愛する、パリの名物おじさん・デイブのレストラン。シンプルな中華料理店で、佳子さんも行きつけのお店です。

「ここは飛び込みで入っても大丈夫なので、パリで気軽な中華を食べたくなったらぜひ。特にディナーがおすすめ。暗めの照明と真っ赤な壁のコンビネーションが素敵なんです」

画像2: Dave (デイブ)

額縁に入った著名人との記念写真が壁一面、ところ狭しと。その数と、そうそうたる顔ぶれは圧巻!
佳子さんが指差しているのはウディ・アレン。もちろんデイブも一緒に写ってる(笑)。

「壁の写真を見ているだけでも、この店は楽しい。ポール・マッカートニー、ユマ・サーマンにユアン・マクレガーも! 私の大好きなブラッドリー・クーパーとデイブのツーショットもありました」

画像3: Dave (デイブ)

「何が食べたい? チキン、ポーク、ビーフ? ライス、ヌードル?」と尋ねてくるデイブ。それに答えると、希望に合わせたメニューを出してくれるシステム。楽チンです。この日は空心菜炒め、水餃子、焼き飯、焼きそば、餃子、酢豚で、どれもやさしい味つけ。

「『まだお腹に余裕はあるかい? じゃあもう少し持ってくるよ』という感じ。きちんと適正価格なので、安心してデイブに委ねて」

デイブ
12 rue Richelieu 75001 Paris
 
著名人やアーティストたちがこぞって通う、人気の中華料理店。
料理は広東料理中心の定番メニューが揃う。

 

昔ながらの大衆フレンチ食堂

Bouillon CHARTIER(ブイヨン シャルティエ)

画像1: Bouillon CHARTIER(ブイヨン シャルティエ)

右岸でのショッピングの際にぜひ足を運んでほしい、1896年創業の超有名店。ラグジュアリーな右岸にありながら昔からの超庶民派を守り続ける大衆食堂として、別格の人気を誇っています。

予約は不可、昼の12時半をまわると外に長い行列ができるものの、それで諦めてはもったいない! 

「みんなワクワクした面持ちで並んでいるから、なんだか自分まで遊園地のアトラクションを待っているようで楽しい。東京の『& ecle』で腕をふるうミシュランシェフ、オリヴィエ・ロドリゲス氏も幼い頃によく家族で来ていたそう。パリっ子たちにはおなじみのお店です」

画像2: Bouillon CHARTIER(ブイヨン シャルティエ)

客層は地元民から観光客、家族連れに友人同士の大きなグループまでさまざまで、ベビーチェアも完備。「ウェイターたちがきびきびと料理を運んでいきます。店内のダイナミックな喧噪も心地いい」

画像3: Bouillon CHARTIER(ブイヨン シャルティエ)

メニューはエスカルゴにタルタル、ステーキ&フレンチフライなど。昔ながらのフランス料理が、どれも10ユーロ程度で楽しめる。

「外食は高くつくのが常識のパリでも、ここは例外。もともと労働者相手の “うまい、早い、安い” が売りのお店なので、ワインもワイングラスではなくガラスコップで」

画像4: Bouillon CHARTIER(ブイヨン シャルティエ)

デザートはミルフィーユにプディング、ラム酒に浸したブリオッシュに生クリームを添えたフランスの定番菓子ババ・オ・ラムなど。そして、ここはオーダーの取り方がとてもユニーク!

「紙のテーブルクロスに直接書きなぐり、ウェイターはそれをすべて暗記して厨房へ。なので明朗会計で安心。お客さんたちはみんな食べ終わるとすぐ席を立つので、混んでいても回転は早いです」

ブイヨン シャルティエ
7 Rue du Faubourg Montmartre 75009 Paris
 
パリのエスプリとは何かを伝えてくれる歴史的なビストロ。
とにかくリーズナブルで美味しい、行列が絶えない名店。

 

ギャルリ・ヴィヴィエンヌ内の
おしゃれなトラットリア

DAROCO (ダロコ)

画像1: DAROCO (ダロコ)

2016年にオープンしたばかり、今パリでもっともトレンディなレストラン。向かいにはイザベル・マランなどのブティックがあり、ロケーションも最高!

「ここはパリ在住の友人たちのお墨付き。イタリアンだけれどフレンチスタイル、そしてインテリアが超絶におしゃれ。内装はなんとSuperKitch(スパキッチ)というタトゥーアーティストが手がけたのだそう。今回は時間がなくて入れなかったけど、次回は必ず♡」

画像2: DAROCO (ダロコ)

スタッフは全員ボーダーTを着ていて、それも可愛い。これは、かつてここにジャン=ポール・ゴルチエのブティックがあったことに由来するのだそう。「たまたま外にいた案内係に聞いたところ、夜はいつも満席、ランチも予約は必須だそうです。料理はアラカルトで、特にピザがおすすめとのこと」

ダロコ
6 rue Vivienne 75002 Paris
 
人気ビストロRococoなども手がけた、A・ジスベール&J・ロスによる
イタリアンレストラン。奥のバーではオリジナルカクテル、15〜19時は軽食も楽しめる。

 

クールな高級レストランも
子どもと一緒に楽しむ!

LouLou(ルル)

画像1: LouLou(ルル)

パリ装飾芸術美術館でファッションの歴史に興奮した後は、同じ建物内にあるレストランへ。パリでも人気のおしゃれなお店ですが、テーブルマナーを身に付けていれば子どももOK! 

「客層は富裕層、ファッション業界、アート業界、映画関係者から著名人まで。夜はぐっと大人の雰囲気になるので、子連れならランチでの利用がおすすめです。予算はシャンパンやワインを入れて3人で2万円くらい。はい、高級です。でもせっかくのパリだもの、最高にクールな場所だし、いいじゃない? 右にエッフェル塔、左にルーヴル・ピラミッドを眺めながら至福のランチタイムを!」

画像2: LouLou(ルル)

料理はフレンチタッチが効いたモダンイタリアン。インテリアも最高にヒップ。メニューも素敵! 

「ちなみにルルのように予約可能なお店は、ヨーロッパのほとんどのお店をオンラインブッキングできる『THE FORK』で事前予約するのが便利。英語でもフランス語でも、たとえ日本語でも、レストランの予約を取るのは少し緊張すること。なので、予約はオンラインでサクッと」

画像3: LouLou(ルル)

さすがパリでも最先端のレストラン、ウェイターもみんなとってもおしゃれ。「ただ次女は “スタッフ全員が『ハリー・ポッター』のキャラクターに似てる!” と、全然違うところで興奮していました(笑)」

画像4: LouLou(ルル)

「私たちが注文したのはズッキーニの天ぷら、アーティチョークとルッコラ、パルミジャーノを添えたビーフカルパッチョ、シシリアンピスタチオペーストのリングイネ、仔牛肉のラグーパスタ」

「ハイエンドな雰囲気に最初は緊張していた次女も、最後は大満足。テーブルマナーを忠実に守ろうと、カトラリーを確かめながら食べ進める姿も微笑ましく。食育の仕上げにと連れて来た甲斐がありました」

画像5: LouLou(ルル)

この素敵な建物がパリ装飾芸術美術館、白いパラソル部分がルル。「ダイニングエリアから1階に降りて左側の扉から外に出ると、青々とした芝生が広がるテラス。ルーヴル美術館は目と鼻の先です」

ルル
107 Rue de Rivoli 75001 Paris
 
庭園にテラスを構える、パリらしさ溢れる美しいレストラン。
日差しが降り注ぐテラスと調和するように選ばれたメニューは、仏伊リビエラ地方の料理。

 

ディオール大回顧展もしっかり堪能

パリ装飾芸術美術館を訪れたのは、今年70周年を迎えたクリスチャン・ディオールの大回顧展『クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ』を観るため。この日は休館日だったものの、特別に館長のオリヴィエ・ギャベ氏(写真真ん中)の説明付きでプライベートツアーをさせてもらえることに!

「生まれた頃にはすでにファストファッションが世を席巻していた次女に、ディオールのクチュールはどう映るんだろうか。彼女の反応を見るのもとても楽しみでした」

画像1: ディオール大回顧展もしっかり堪能

展示では300体ものオートクチュールが。圧巻!

画像2: ディオール大回顧展もしっかり堪能

もともとはアート作品、特にアール・ヌーヴォーの収集家だったというディオール氏。才能が開花したのは財政難のためギャラリーを閉鎖し、デザイナーのアシスタントという職を得てからとのこと。

画像3: ディオール大回顧展もしっかり堪能

「展示をひと巡りした後に、『どうだった?』と次女に尋ねると、『大好きなことをずっと大好きでいるって大事だね』との答えが。

幼い頃から美術館に連れて行っていましたが、それが子どもにどんな影響をもたらすかというと “楽しみ方を心得る” ってこと。だから、次女はいつも私より長く美術館に滞在するんです」

パリ装飾芸術美術館
107 Rue de Rivoli 75001 Paris
 
1905年に開館したパリにある美術館で、ルーヴル宮の中に位置。
装飾、モード、広告という幅広いジャンルの作品を見て回ることができる。

 

つい長居したくなる広〜い芝生

画像1: つい長居したくなる広〜い芝生

ルルでランチを堪能した後は、ルーヴル美術館の広場に鎮座するルーヴル・ピラミッドを観に行くことに。とその前に、ルル、つまりパリ装飾芸術美術館の裏手にある広場でしばし休憩。

画像2: つい長居したくなる広〜い芝生

「走り出したくなるような美しい芝生が広がっていて、天気のいい日は本当に気持ちいい!」

画像3: つい長居したくなる広〜い芝生

「あまりの気持ち良さにたそがれる、次女の紅(笑)」

 

ガラスのピラミッドも
拝まないわけにはいきません

画像1: ガラスのピラミッドも 拝まないわけにはいきません

今回も中に入る時間はないけれど、とりあえず思い出の写真を撮りに。実はクリス—ウェブ 佳子さん、パリには何度も来ているのに、ルーヴル美術館にはまだ足を踏み入れたことがないのだとか。

「なんだかお腹いっぱいになってしまう気がして。もっと勉強してから、じっくりゆっくり3日間くらいかけて巡りたいという気持ちを置き土産に、またそれを理由にパリに通い続けているんです」

画像2: ガラスのピラミッドも 拝まないわけにはいきません

美術館の中庭、ナポレオン広場に1989年に設置された鉄とガラスのピラミッドは、滋賀県のミホミュージアムの設計にも関わった建築家イオ・ミン・ペイ氏による作品。

「広場はこのピラミッド&被写体をベストアングルで撮影しようとする人で溢れ返っています。次女も充分に距離を取って、狙い通りの写真をゲット!」

画像3: ガラスのピラミッドも 拝まないわけにはいきません

「もちろん、私も」

画像4: ガラスのピラミッドも 拝まないわけにはいきません

「フォトグラファーのファビアンも!(笑)」

 

パリ旅のアドバイス!
Wi-Fiは空港で借りておくべし

画像: パリ旅のアドバイス! Wi-Fiは空港で借りておくべし

最後にパリでのワンポイントアドバイス。「大都会のパリですが、意外とWi-Fiのある場所が少ないんです。なかなか繋がらなくてキー!なんてことにならないよう、事前に借りておいてくださいね」

 

次回はパリ後半。
少しアカデミックな “左岸の歩き方” をご案内します!

 

Coverage:Yoshiko Kris-Webb  Photos:Fabian Parkes Text:Megumi Yamazaki Illustration:Ikumi Shigemori Composition:Urara Takahashi

ご感想や応援メッセージ

掲載作品に対するご感想や応援メッセージが、こちらの送信フォームよりお送りいただけます。

なお感想以外のご質問、ご意見、ご要望、苦情などは、このフォームからお送りいただいても返信、対応ができかねますので、あらかじめご了承ください。

メッセージ送信にあたり、当社の個人情報保護方針をご確認ください。
講談社プライバシーポリシー

This article is a sponsored article by
''.